塩田町駅

日本の長野県上田市にある上田電鉄の駅

塩田町駅(しおだまちえき)は、長野県上田市中野にある上田電鉄別所線である[1]。駅番号はBE11

塩田町駅
Shiodamachi-Sta.JPG
駅入口(2009年10月)
しおだまち
Shiodamachi
BE10 中塩田 (0.6 km)
(0.5 km) 中野 BE12
所在地 長野県上田市中野字兼田40-2
北緯36度21分39.47秒 東経138度11分55.31秒 / 北緯36.3609639度 東経138.1986972度 / 36.3609639; 138.1986972座標: 北緯36度21分39.47秒 東経138度11分55.31秒 / 北緯36.3609639度 東経138.1986972度 / 36.3609639; 138.1986972
駅番号 BE11
所属事業者 上田電鉄
所属路線 別所線
キロ程 8.0 km(上田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
161人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1934年(昭和9年)7月14日[1][2][3]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

 
ホーム(2009年10月)

単式1面1線のホームを持つ地上駅[1]

600V→750V時代には駅舎があり駅員が配置されていた。1960年に駅舎改築。1500V昇圧後も駅員が配置されていたが、7200系電車が配属された1993年5月から無人駅となり、現在は駅舎も解体されている。

利用状況編集

近年の一日平均乗車人員の推移は下記のとおり[4]

年度 一日平均
乗車人員
2010年 154
2011年 152
2012年 141
2013年 146
2014年 153
2015年 157
2016年 159
2017年 161

駅周辺編集

駅周辺は旧小県郡中塩田村、及び旧塩田町の中心地域に当たる。「信州の鎌倉」と称され、北条氏ゆかりの地である。塩田平の観光の拠点駅であり、一帯には重要文化財の指定を受けている三重の塔で有名な前山寺、龍光院、中禅寺などの名刹や無言館などの諸施設が点在している。

路線バス編集

駅前に乗り入れているがマイクロバスが入れる位のスペースしかない。

上田バス
  • 塩田線
  • オレンジバス(西塩田コース)

廃止路線編集

上田バス
  • 信州の鎌倉シャトルバス(4月1日~11月30日に運行)

隣の駅編集

上田電鉄
別所線
中塩田駅(BE10) - 塩田町駅(BE11) - 中野駅(BE12)

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、334頁。ISBN 9784784071647
  2. ^ a b 『上田丸子電鉄小史』昭和28年12月発行
  3. ^ a b 別所線に乗ろう! 別所線の歴史2015年2月4日 上田市役所
  4. ^ 『長野県統計書』各年度版による。
  5. ^ 信州の文化遺産と歴史を訪ねて… 信州上田レイライン線のご案内上田バス

外部リンク編集