夢をかなえてドラえもん

夢をかなえてドラえもん」(ゆめをかなえてどらえもん)は、maoのメジャーデビューシングル。2007年7月4日コロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア)から発売された。

夢をかなえてドラえもん
maoシングル
初出アルバム『ドラえもん☆ソング・コレクション』
B面 踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭2007
リリース
規格 マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
時間
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント
作詞・作曲 黒須克彦(#1)
マイクスギヤマ(作詞 #2)
沢田完(作曲 #2)
チャート最高順位
mao シングル 年表
夢をかなえてドラえもん
(2007年)
君ノ記憶
2010年
テンプレートを表示

概要編集

表題曲「夢をかなえてドラえもん」はテレビアニメドラえもん』のオープニングテーマとして起用された。コーラスにはひまわりキッズが参加している。

テレビアニメ第2作第2期の3年目になってファッションのリニューアルとともに、2007年5月11日にオープニング主題歌の「ハグしちゃお」から変更され、2019年9月6日まで約12年間に渡り使用された。映画作品では翌2008年公開の『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』以降、オープニングテーマとして使用されている。

大山のぶ代ら声優陣によるアニメ第2作第1期で長年使われていた「ドラえもんのうた」と同様、歌詞にひみつ道具の名称が織り込まれていたり、示唆されたりしている(「タケコプター」「どこでもドア」「タイムマシン」「四次元ポケット」)。

藤子・F・不二雄ミュージアムが開館した2011年9月3日からは、同館に近い小田急電鉄小田原線登戸駅の3番ホームにおいて、Aメロの部分をオルゴール調にアレンジしたものが接近メロディとして使用されている[1]ほか、開館5周年となった2016年9月3日からは、最寄り駅である東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線宿河原駅の2番線において、サビの部分を塩塚博がアレンジしたものが発車メロディとして使用されている[2][3]

幼稚園等の卒園ソングとして紹介されることもある[4]

カップリング曲の「踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭2007」は、2005年10月5日にシングル曲として発売された「踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭」のリメイクで、同アニメのエンディングテーマとして起用された。歌唱者はドラっ子隊とドラえもん役の水田わさびで、コーラスには森の木児童合唱団が参加している。

収録曲編集

  1. 夢をかなえてドラえもん (4:08)
    歌:mao、コーラス:ひまわりキッズ
    作詞・作曲:黒須克彦、編曲:大久保薫
  2. 踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭2007 (4:14)
    歌:ドラっ子隊、ドラえもん(水田わさび)、コーラス:森の木児童合唱団
    作詞:マイクスギヤマ、作曲・編曲:沢田完
  3. 夢をかなえてドラえもん(オリジナル・カラオケ) (4:08)
  4. 踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭2007(オリジナル・カラオケ) (4:14)

カバー編集

夢をかなえてドラえもん
  • AKI、ひまわりキッズ(キングレコード版カバー音源。2008年9月26日発売『キッズソング ヒットパラダイス!〜まんまるスマイル・崖の上のポニョ〜』などに収録)
  • ドラえもん(水田わさび)、のび太大原めぐみ)、しずかかかずゆみ)、ジャイアン木村昴)、スネ夫関智一)(2014年10月17日〜12月に『ドラえもん』のオープニングテーマとして使用。2014年10月17日から音楽配信で、2014年11月19日にシングルCDで発売。2015年4月1日発売のアルバム『映画ドラえもん主題歌大全集』に「キャラクターソングヴァージョン」として収録)映画「のび太の宇宙英雄記」(2015年)で使用されている。
踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭
  • 大塚文雄、ひまわりキッズ(キングレコード版カバー音源。2008年5月9日発売『こども盆踊り ベスト』などに収録)

脚注編集

関連項目編集