大コメ騒動』(だいコメそうどう)は、2021年1月8日に公開された日本映画[1]。原案・監督は本木克英、主演は井上真央[1]。なお、舞台となりかつ撮影が行われた富山県限定で同年1月1日に先行公開された[1]

大コメ騒動
監督 本木克英
脚本 谷本佳織
原案 本木克英
製作 岩城レイ子
出演者 井上真央
三浦貴大
夏木マリ
立川志の輔
吹越満
鈴木砂羽
舞羽美海
左時枝
柴田理恵
木下ほうか
西村まさ彦
中尾暢樹
冨樫真
工藤遥
吉本実憂
内浦純一
石橋蓮司
室井滋
音楽 田中拓人
主題歌 米米CLUB『愛を米て』
撮影 南野保彦
編集 川瀬功J.S.E.
制作会社 エース・プロダクション
製作会社 「大コメ騒動」製作委員会
配給 ラビットハウス
エレファントハウス
公開 富山県の旗 2021年1月1日(先行公開)
日本の旗 2021年1月8日(全国公開)
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

1918年に起きた米騒動の発端となった富山県で起きた“越中女房一揆”を基に、富山県の女房たちの奮闘を描く[2]

富山県出身の本木がメガホンを取り、立川志の輔左時枝柴田理恵西村まさ彦室井滋といった富山県出身の俳優が多数出演するほか[1]、撮影は富山市の岩瀬浜や当時米蔵として使用されていた魚津市の旧十二銀行など、富山県内を中心に行われた[2]

あらすじ編集

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・原案:本木克英
  • 脚本:谷本佳織
  • 音楽:田中拓人
  • 主題歌:米米CLUB『愛を米て』(Sony Music Records[3]
  • プロデューサー:岩城レイ子
  • プロダクション統括:木次谷良助
  • 配給統括:増田英明
  • キャスティングプロデューサー:福岡康裕
  • 音楽プロデューサー:佐々木次彦
  • ラインプロデューサー:石川貴博
  • アシスタントプロデューサー:谷口夏美
  • 撮影:南野保彦
  • 美術:倉田智子
  • 照明:江川敏則
  • 録音:山本研二
  • 装飾:鎌田康男
  • 編集:川瀬功J.S.E.
  • 整音:小林喬
  • 音響効果:堀内みゆき
  • メインタイトルデザイン:赤松陽構造
  • スタントコーディネーター:東山龍平
  • VFXスーパーバイザー:鎌田匡晃
  • スクリプター:小林加苗
  • 俳優担当:高橋雄三
  • 助監督:井上昌典
  • 制作担当:曽根晋
  • メイキング:井上雄介、門嶋貢誠
  • プロダクションマネージャー:杉崎隆行
  • プロダクション協力:東映東京撮影所
  • 協賛:池田模範堂YKK北陸銀行
  • 配給:ラビットハウス、エレファントハウス
  • 制作協力:富山テレビ放送[2]
  • 制作プロダクション:エース・プロダクション
  • 製作:「大コメ騒動」製作委員会 (富山市、富山テレビ、大松青果、千代田ホテル、ユニゾーン、サンワールド、北日本新聞社、グランツテクノロジー、スピンドル、読売新聞社、エース・プロダクション)

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集