井上真央

日本の女優

井上 真央(いのうえ まお、1987年1月9日 - )は、日本女優神奈川県横浜市磯子区出身[3]明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業[4]アン・ヌフ所属[2]

いのうえ まお
井上 真央
井上 真央
2022年10月、第35回東京国際映画祭にて
生年月日 (1987-01-09) 1987年1月9日(35歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市磯子区
身長 158 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1992年 -
活動内容 2005年:『花より男子』
2011年:『おひさま
2015年:『花燃ゆ
事務所 アン・ヌフ[2]
主な作品
映画
チェケラッチョ!!
花より男子F
僕の初恋をキミに捧ぐ
八日目の蝉
永遠の0
謝罪の王様
白ゆき姫殺人事件
テレビドラマ
キッズ・ウォー』シリーズ
花より男子』シリーズ
獣医ドリトル
おひさま
花燃ゆ
少年寅次郎
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
2011年八日目の蝉
優秀主演女優賞
2014年白ゆき姫殺人事件
その他の賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

略歴

4歳の時、母親の薦めで劇団東俳に入り、5歳から子役としてキャリアを開始する[5][6]

デビュー作は1992年の『真夏の刑事』(テレビ朝日)で、パトカーにはねられて死んでしまう子供の役だった。以降、『』(NHK)で松たか子の幼少時代や「三井のリハウス」のCMで池脇千鶴の妹役を演じるなど、多くのドラマやCMに出演する。1999年から2003年にかけて昼ドラキッズ・ウォー』(CBC)シリーズに出演。正義感溢れる少女・今井茜を演じて注目を集めた。

2002年、『樋口一葉』で舞台初出演。2004年、大学進学に向け学業に専念するため芸能活動を一時休止。同年、たむらプロからセブンス・アヴェニューへ移籍。2005年、芸能活動を再開すると、同年10月に『花より男子』(TBS)で連続ドラマ初主演を果たす。同作は『花より男子2』(2007年)、映画版の『花より男子F』(2008年、自身にとっては映画初主演作)と続く人気シリーズとなった。2006年、『チェケラッチョ!!』で映画初出演。2007年、『ファースト・キス』で初のフジテレビ月9ドラマ主演及びヒロイン役を務める。2009年3月に明治大学文学部文学科演劇学専攻を卒業[4][7]

2011年、連続テレビ小説おひさま』(NHK)ではオーディションなしでヒロインを演じ、同年末の「第62回NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めた。また同年公開の『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

2014年、劇場版アニメ『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』で声優に初挑戦[8]

2015年、『花燃ゆ』(NHK)で大河ドラマ初主演[9]。2016年、セブンス・アヴェニューからアン・ヌフ岸部一徳らが所属)へ移籍[2]

人物

  • 明治大学文学部卒業。学位学士(文学)[10]。大学に行こうと思ったきっかけは、子役時代に共演した檀ふみに「学業は芝居の邪魔にならない」と言われたことだと語っている。大学の卒論テーマは尊敬する杉村春子である[11]
  • 趣味はドライブ、特技は日本舞踊
  • 文字や手紙を書くことが好きで、宝物も手紙である[12][13]。『おひさま』の劇中で主人公・陽子が書く文字や手紙も全て演じている本人の直筆である[14][15]。また、本人曰く「ドラマの中の手紙を書くシーンのおかげ」で、最も万年筆が似合う著名人を選出する「第8回万年筆ベストコーディネイト賞2011」の「一般選出部門」を受賞した[16]
  • 幼稚園児のころからテレビの前に座っていたドラマっ子であり、フジテレビ月9ドラマでは『空から降る一億の星』が好きだったと語っている[17]
  • 小学生時代に当時60代の女性から初めてのファンレターをもらい、その女性の「大人になっても時代劇に出てほしい」という希望を汲んで、2014年4月現在、ピアスホールは開けていない[13]
  • 兄がおり、自分は末っ子で弟や妹が欲しいと思ったこともあった[18]

エピソード

  • ドラマ『花より男子』と『週刊ザテレビジョン』による企画として、2005年12月9日号(11月30日発売号)の表紙に掲載された直筆サイン入りレプリカレモンがYahoo! JAPANチャリティーオークションに出品された(2005年12月2日 - 12月9日)。
  • 映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』で演じた役“繭”名義でアメブロに期間限定でブログを開設(2009年9月18日 - 2010年9月10日)。
  • アメブロに期間限定で井上真央オフィシャルブログを開設(2011年12月27日 - 2013年5月15日)。
  • 映画『綱引いちゃった!』の舞台となった大分市の観光特使に就任(2012年9月30日)。

出演

映画

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 櫂(1999年5月13日・20日、NHK-BS2) - 富田綾子 役[25]
  • キッズ・ウォー〜ざけんなよ〜 (1999年8月2日 - 9月24日、CBC) - 今井(中西)茜 役
    • キッズ・ウォー2 〜ざけんなよ〜 (2000年5月29日 - 7月28日)
    • キッズ・ウォー3 〜ざけんなよ〜(2001年7月30日 - 9月28日)
    • キッズ・ウォースペシャル 〜ざけんなよ〜(2002年7月20日)
    • キッズ・ウォー4 〜ざけんなよ〜(2002年9月30日 - 11月22日)
    • キッズ・ウォースペシャル 〜愛こそすべてだ!ざけんなよ〜(2002年12月25日)
    • キッズ・ウォー5 〜ざけんなよ〜(2003年7月28日 - 9月26日)
    • キッズ・ウォースペシャル 〜これでファイナル!ざけんなよ〜(2003年11月28日)
  • ホームドラマ!(2004年4月16日 - 6月25日、TBS) - 長峰翔子 役
  • 花より男子(2005年10月21日 - 12月16日、TBS) - 主演・牧野つくし
    • 花より男子2(2007年1月5日 - 3月16日)
  • ファースト・キス(2007年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 主演・福永美緒
  • 獣医ドリトル(2010年10月17日 - 12月19日、TBS) - 多島あすか 役
  • 連続テレビ小説 おひさま(2011年4月4日 - 10月1日、NHK) - 主演・須藤(丸山)陽子
  • トッカン 特別国税徴収官(2012年7月4日 - 9月19日、日本テレビ) - 主演・鈴宮深樹
  • 大河ドラマ 花燃ゆ(2015年、NHK) - 主演・杉文
  • 明日の約束(2017年10月17日 - 12月19日、関西テレビ) - 主演・藍沢日向[26]
  • 少年寅次郎(2019年10月19日 - 11月16日 、NHK総合) - 主演・車光子
    • 少年寅次郎SP (2020年12月4日、12月11日)
  • 二月の勝者-絶対合格の教室-(2021年10月16日 - 12月18日、日本テレビ) - 佐倉麻衣 役[27][28]
  • 100万回 言えばよかった(2023年1月〈予定〉 - 、TBS) - 主演・相馬悠依[29]

スペシャルドラマ・単発ドラマ

ゲスト出演

舞台

  • ストーンウェル第54回公演『樋口一葉』(2002年11月4日 - 11月29日、石井ふく子演出) - 美登利 役
  • NODA・MAP第18回公演『MIWA』(2013年10月4日 - 12月8日、野田秀樹作・演出) - マリア 役
  • NODA・MAP第20回公演『逆鱗』(2016年1月29日 - 4月3日、野田秀樹作・演出) - ザコ 役

劇場アニメ

ドキュメンタリー

音楽番組

  • NHK紅白歌合戦
    • 第62回(2011年12月31日、NHK総合テレビジョン) - 紅組司会
    • 第65回(2014年12月31日、NHK総合テレビジョン) - ゲスト審査員

バラエティ番組

CM

PV

受賞歴

女優業

その他

DVD・ビデオ

書籍

  • 十五の夏に(2002年、竹書房) ISBN 4812410126
  • 井上真央 2007(2007年、公式サイト・TSUTAYA Onlineのみの限定販売だったが後に書店販売) ISBN 4902342111

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当初発表の「閉じ込めた吐息」からタイトル変更

出典

  1. ^ 井上 真央|日本タレント名鑑
  2. ^ a b c 井上真央、岸部一徳事務所「アン・ヌフ」に移籍”. スポーツ報知 (2016年12月10日). 2016年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月18日閲覧。
  3. ^ “岡田圭右 アンパンマンミュージアムの1日館長に就任 「1週間くらいやりたい」と意気込む岡田にアンパンマン困惑”. カナロコ (神奈川新聞社). (2014年6月24日). オリジナルの2014年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710115635/http://www.kanaloco.jp/article/73495/cms_id/87914 2014年12月23日閲覧。 
  4. ^ a b 井上真央 (2017年11月8日). 【連載】『あの人の学生時代。』#18:井上真央「単位より本当に学びたいことを大切に」. インタビュアー:落合由希. マイナビ. マイナビ 学生の窓口.. https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/51933 2019年10月28日閲覧。 
  5. ^ 井上真央インタビュータレントデータバンク(2005年11月1日)
  6. ^ 会社概要”. 劇団東俳. 2018年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月18日閲覧。
  7. ^ “井上真央が明大卒業、思い出の武道館で式”. 日刊スポーツ. (2009年3月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090326-475699.html 2019年10月28日閲覧。 
  8. ^ 今年のゲスト声優、遂に決定! “りんごぼうや”には、井上真央さん! 黒マジョの”マジョーラ”には、岡田圭右さん!!”. 2014年映画「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」公式サイト (2014年4月10日). 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月18日閲覧。
  9. ^ 平成27年大河ドラマ『花燃ゆ』制作発表!主演は井上真央さん NHKドラマトピックス 2013年12月3日付
  10. ^ Profile、井上真央 Official Web Site、2014年12月15日閲覧。
  11. ^ 井上真央 (2011年7月8日). 【yumiyoriな話】第35回 井上真央さん. インタビュアー:松任谷由実. 清川仁. 読売新聞. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2011年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111026205311/https://www.yomiuri.co.jp/entertainment/yumiyori/20110701-OYT8T00763.htm 2020年2月18日閲覧。 
  12. ^ 井上真央、母の口癖は「調子に乗るな」”. LiLiCoのHappy eiga ダイニング - 第13回. 映画.com (2011年4月28日). 2011年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月18日閲覧。
  13. ^ a b “どうすれば“怖さ”を出せるか 井上真央「白ゆき姫殺人事件」”. 産経WEST (産経デジタル). (2014年4月13日). http://www.sankei.com/west/news/140413/wst1404130022-n1.html 2014年12月15日閲覧。 
  14. ^ #07「出席をとります」|真央の部屋|連続テレビ小説『おひさま』 Archived 2011年8月9日, at the Wayback Machine.NHKオンライン
  15. ^ #11「手紙」|真央の部屋|連続テレビ小説『おひさま』 Archived 2011年8月10日, at the Wayback Machine. NHKオンライン
  16. ^ 井上真央、朝ドラ効果で“万年筆の賞”受賞 自身のラブレター経験は「なし」”. オリコン顧客満足度ランキング. oricon ME (2011年11月8日). 2020年2月18日閲覧。
  17. ^ “井上真央フジテレビ“月9”初主演”. nikkansports.com. (2007年5月18日). オリジナルの2007年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070520055253/http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070518-200382.html 2020年2月18日閲覧。 
  18. ^ 井上真央「聞き入っちゃいます。デビューしますよ」共演村上虹郎のピアノ&歌絶賛”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年3月24日閲覧。
  19. ^ “舞台「焼肉ドラゴン」が映画化、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年1月17日). https://natalie.mu/eiga/news/265462 2018年1月17日閲覧。 
  20. ^ 妻夫木聡&井上真央ら、映画「一度も撃ってません」豪華キャスト発表 寛一郎は父・佐藤浩市と初共演 - モデルプレス”. mdpr.jp. 2020年3月10日閲覧。
  21. ^ 「ワクワク」女一揆!井上真央、5年ぶり主演映画21年公開『大コメ騒動』”. SANSPO.COM(サンスポ) (2019年10月22日). 2019年10月22日閲覧。
  22. ^ “井上真央、繊細な家族像えがく映画に主演!”. シネマトゥデイ. (2020年2月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114191 2020年2月18日閲覧。 
  23. ^ "井上真央主演映画『わたしのお母さん』今秋公開決定 ティザービジュアル&特報映像も". Real Sound. blueprint. 24 June 2022. 2022年6月24日閲覧
  24. ^ BS日曜ドラマ 藏”. NHK. 2021年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  25. ^ ”. NHK. 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月7日閲覧。
  26. ^ “井上真央、『花燃ゆ』以来約2年ぶり連ドラ「そっと寄り添えるような作品」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2096083/full/ 2017年8月24日閲覧。 
  27. ^ “井上真央、新米塾講師役で日テレ連ドラ8年ぶり出演「成長していく過程を丁寧に演じられたら」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2156437/full/ 2020年3月1日閲覧。 
  28. ^ WEBザテレビジョン. “柳楽優弥主演ドラマ「二月の勝者」放送開始日&追加キャスト解禁!『無事に撮影の日が迎えられてうれしく思います』” (日本語). WEBザテレビジョン. 2021年9月16日閲覧。
  29. ^ “井上真央『花男2』以来“16年ぶり”TBS連ドラ主演 佐藤健&松山ケンイチと「ファンタジーラブストーリー」描く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2257234/full/ 2022年11月17日閲覧。 
  30. ^ “『乱反射』妻夫木聡×井上真央でTVドラマ化決定!今秋放送”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2018年8月10日). https://dot.asahi.com/info/2018080900071.html?page=1 2018年8月11日閲覧。 
  31. ^ “井上真央と尾野真千子が姉妹に、ドラマ「夜のあぐら ~姉と弟と私~」4月放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年1月27日). https://natalie.mu/eiga/news/463213 2022年1月27日閲覧。 
  32. ^ 井上真央&鈴木亮平、猫役の声優で5年ぶり映画共演”. ORICON STYLE (2015年7月31日). 2015年7月31日閲覧。
  33. ^ 輝く女 「井上真央(前編)」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  34. ^ 輝く女 「井上真央(後編)」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  35. ^ 特集スポーツドキュメント 「13歳のゴール 少年たちは それでも夢を見る」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  36. ^ NHKスペシャル 「みんなの夢まもるため~やなせたかし“アンパンマン人生”~」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  37. ^ 番組名 ETV特集 「信さん101歳 ツルさん103歳」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  38. ^ 番組名 目撃!にっぽん 「いつか、外に出られる日まで~ある精神科病棟の10か月~」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  39. ^ 番組名 ひとモノガタリ 「ちょっぴり“遅い夢”だけど」”. NHK. 2022年9月22日閲覧。
  40. ^ 番組名 音で語らう ~三浦文彰×辻井伸行~”. NHK. 20229-22閲覧。
  41. ^ 『私はお酒担当。「澪」でみんなと乾杯したい』 井上真央さん、玉木宏さん 「澪」イメージキャラクターに就任、初共演!”. CM Japan (2016年3月18日). 2016年3月24日閲覧。
  42. ^ 日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト (2015年1月14日). 2015年1月17日閲覧。
  43. ^ ネイルエキスポ2007”. 日本ネイリスト協会. 2015年7月31日閲覧。
  44. ^ 前回日本 メガネ ベストドレッサー賞”. IOFT-第28回国際メガネ展. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月18日閲覧。
  45. ^ 2011年の結果”. Heart Line Project Official Web Site. 2015年7月31日閲覧。
  46. ^ “井上真央、DAIGO、吉田羊ら『第27回日本ジュエリーベストドレッサー賞』受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2065686/full/ 2020年2月18日閲覧。 
  47. ^ 井上真央「最も横顔が美しい女性」に”. 産経フォト (2018年6月24日). 2018年6月24日閲覧。

外部リンク