メインメニューを開く

略歴編集

北九州市の南東、曽根干潟近くの住宅地で育つ。幼少期は干潟で遊び、裸足で学校の校庭を駆け回っていた[3]。子供の頃の夢は警察官だった。

先にチームに参加していた姉に憧れて小学校3年から小倉祇園太鼓に参加、高校では「祇園太鼓部」に入部、自分専用の太鼓のバチを所有するほど熱中していた[3]。高校は福岡県立小倉商業高等学校から芸能活動に集中するため、上京し日出高等学校に入学。後に卒業。

2012年夏、第13回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞し芸能界入り[4]。本選大会の審査では倖田來未の「WIND」を披露した[5]。初仕事は2012年9月の東京都内のラルフ・ローレンの直営旗艦店オープニングレセプションへのゲストとしての参加であった[6][7]

2013年1月には第13回全日本国民的美少女コンテストに出場したメンバーとともにガールズユニット「次世代ユニットX21」を結成してリーダーに就任[8]。グループとして活動する一方で、同年2月には第85回記念選抜高等学校野球大会で大会史上初の「センバツ応援イメージキャラクター」に起用された[9]。 同8月にはヤマザキナビスコオレオ」のCMにてCM初出演[10]。同11月には第11回クラリーノ美脚大賞をティーン部門にて受賞した[11]

2014年7月には読売テレビ獣医さん、事件ですよ』でテレビドラマへ初出演して、女優としてデビュー[12]。また、NHK大河ドラマ軍師官兵衛』に栄姫役で出演し、時代劇及び大河ドラマへの初出演を果たした[13]。同年12月には映画初出演で初主演作品となる映画『ゆめはるか』が公開された[14]

2015年6月E-ライン・ビューティフル大賞日本成人矯正歯科学会)を受賞[15][16]

2017年3月30日、AKIBAカルチャーズ劇場でX21が行なう定期ライブ「NEXT FUTURE STAGE AKIBA」の第3回において、夏に発売される10枚目のシングルを最後にX21から卒業することを表明[17]。9月17日に開催されたライブ「NEXT FUTURE STAGE GRADUATION SP」をもってグループを卒業[18]

2018年、10月5日「KitaQ首都圏PRアンバサダー2018」に就任。

人物・エピソード編集

特技は先述の小倉祇園太鼓[3]、趣味はダンスである[19]。2人姉妹の次女。好きな食べ物はブドウである[1]。子供の頃の夢は警察官[20]

2017年いっぱいで閉園したテーマパークスペースワールド」(北九州市)のキャラクター、ラッキーのショーが好きで、頻繁に見に行っていた[3]

2018年公開の主演映画『レディ in ホワイト』では、役作りのために体重を5キロ増やした[21]

出演編集

テレビ編集

  • 東北発☆未来塾(2015年4月6日 - 2017年3月、NHK Eテレ) - 3代目ナレーション
  • 未来塾 in公開復興サポート(2017年度、NHK Eテレ) - ナレーション
  • 和び旅 箱根(2017年11月4日 - 25日、日本テレビ) - 11月の旅人
  • ○○発東京行き2018春~まだまだドラマがありました~(2018年4月30日、関西テレビ) - ナレーション[22]
  • 未来塾 特別編 假屋崎省吾プレゼンツ「東北へ8年目の花束を」(2018年8月4日、NHK Eテレ) - ナレーション
  • 未来塾 「箭内道彦 町の隠れヒーロー エンターテインメントの力で表現」(2019年8月4日、NHK Eテレ) - ナレーション

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

映画編集

舞台編集

NETドラマ編集

ラジオ編集

ラジオドラマ編集

MV編集

  • Hilcrhyme 「涙の種、幸せの花」(2017年11月22日) - 二宮あざみ 役[53]

CM編集

広告編集

イベント編集

受賞歴編集

  • 2012年8月 第13回 全日本国民的美少女コンテスト -グランプリ
  • 2013年9月 「The Best of Beauty 2013」<10代部門>受賞
  • 2013年11月 「第11回クラリーノ美脚大賞2013」<10代部門>受賞
  • 2015年6月 「第19回Eライン・ビューティフル大賞」受賞

書籍編集

写真集・カレンダー編集

  • 国民的美少女2012 Labeaute(2012年12月10日、セブンネット[63]
  • 吉本実憂写真集(2013年4月24日、ワニブックスISBN 978-4847045431
  • 吉本実憂 カレンダー 2014(2013年10月、ハゴロモ)
  • 吉本実憂 カレンダー 2015(2014年10月、ハゴロモ)
  • 吉本実憂 カレンダー 2016(2015年10月、ハゴロモ)
  • 吉本実憂 カレンダー 2017(2016年10月29日、ハゴロモ)

雑誌編集

  • Myojo(2014年 - ) - 連載

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ Rの法則』内で放送。
  2. ^ 『CDTVスペシャル! クリスマス音楽祭2017』内のスペシャルドラマ。
  3. ^ 『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日” 令和につなぐテレビ』内で放送されたドラマ。
  4. ^ 奥河内ムービー・プロジェクトのキックオフイベント「奥河内映画塾」で『初恋』をテーマに作成されたショートムービー。奥河内映画祭2018で上映。
  5. ^ 2019年4月19日沖縄国際映画祭で上映。
  6. ^ FODで配信後、1月19日から地上波フジテレビで放送開始。
  7. ^ Netflixにて配信された。2018年4月19日から地上波フジテレビで放送開始。

出典編集

  1. ^ a b c 国民的美少女コンテスト 10年ぶりWグランプリ” (2012年8月22日). 2012年8月22日閲覧。 - スポニチアネックス
  2. ^ 吉本実憂 国民的美少女2012” (2012年9月28日). 2012年9月29日閲覧。 - YouTube
  3. ^ a b c d 吉本実憂さん、北九州市を語る「泥だらけで遊んだ干潟が、わたしの原風景」”. 文春オンライン. 文芸春秋社 (2018年2月8日). 2018年2月10日閲覧。
  4. ^ 『第13回全日本国民的美少女コンテスト』グランプリ決定!” (2012年8月21日). 2012年9月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月22日閲覧。 - オスカープロモーション
  5. ^ 10年ぶり! 国民的美少女、2人が涙の頂点” (2012年8月22日). 2012年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。 - SANSPO.COM(サンスポ)
  6. ^ “国民的美少女”吉本&小澤がイベント初登場「緊張してる」” (2012年9月27日). 2012年9月28日閲覧。 - ORICON STYLE
  7. ^ 美少女GP吉本実憂&小沢奈々花が初仕事” (2012年9月27日). 2012年9月28日閲覧。 - nikkansports.com
  8. ^ “国民的美少女ユニット「X21」登場!”. MSN産経ニュース. (2013年1月29日). オリジナルの2014年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140302030025/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130129/ent13012908290004-n1.htm 2014年11月26日閲覧。 
  9. ^ センバツ:吉本実憂さんが球児にエール ポスター発表会” (2013年2月28日). 2013年2月28日閲覧。 - 毎日jp
  10. ^ “吉本実憂 : 国民的美少女の初CMはスターへの登竜門”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (毎日新聞デジタル). (2013年7月24日). http://mantan-web.jp/2013/07/24/20130724dog00m200050000c.html 2014年11月26日閲覧。 
  11. ^ “国民的美少女・吉本実憂、表彰された美脚を披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年11月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1295454 2014年11月26日閲覧。 
  12. ^ “国民的美少女・吉本実憂が女優デビュー「伸び伸び演技したい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/17/kiji/K20140517008181100.html 2014年11月26日閲覧。 
  13. ^ “吉本実憂「栄姫」初披露で初のカツラ姿”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2014年7月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140730-1342678.html 2014年11月26日閲覧。 
  14. ^ “国民的美少女・吉本実憂、銀幕デビューで初主演 病と向き合う少女を熱演”. 映画.com. (2014年9月13日). http://eiga.com/news/20140913/6/ 2014年11月26日閲覧。 
  15. ^ 吉本美憂「Eライン」大賞受賞 歴代受賞者上戸彩ら”. 日刊スポーツ (2015年6月22日). 2015年6月22日閲覧。
  16. ^ “「横顔美人」に吉本実憂さん”. 日本歯科新聞 (東京都千代田区: 日本歯科新聞社): p. 1. (2015年6月23日) 
  17. ^ X21吉本実憂、泉川実穂、大西亜玖璃がグループ卒業 ナタリー2017年3月31日
  18. ^ ““国民的美少女”吉本実憂、4年半在籍のX21卒業「自分を変えてくれた」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2097421/full/ 2017年9月18日閲覧。 
  19. ^ 第13回 全日本国民的美少女コンテスト公式ホームページ”. 2012年8月22日閲覧。
  20. ^ “国民的美少女GP受賞者 吉本実憂×高橋ひかる特別対談”. NEWSポストセブン (小学館). (2017年8月31日). http://www.news-postseven.com/archives/20170831_607983.html 2017年8月31日閲覧。 
  21. ^ “吉本実憂:主演映画役作りで5キロ増に挑戦 「痩せるのが大変でした」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年10月20日). https://mantan-web.jp/article/20181020dog00m200052000c.html 2018年10月20日閲覧。 
  22. ^ カンテレの2018年4月29日のツイート2019年8月9日閲覧。
  23. ^ 吉本実憂:深夜ドラマで連ドラ初出演 「のびのびと演技したい」”. 毎日新聞デジタル (2014年5月13日). 2014年5月13日閲覧。
  24. ^ 国民的美少女・吉本実憂、陣内孝則の娘役に抜擢 3カ月クールの連ドラに初出演”. モデルプレス (2014年5月13日). 2014年5月13日閲覧。
  25. ^ 吉本実憂は大河が初のドラマ出演「凄く光栄」”. スポニチアネックス (2013年8月8日). 2013年9月25日閲覧。
  26. ^ “栄姫”吉本実憂「身が清められる」「官兵衛」祝言シーン撮影”. スポニチアネックス (2014年11月17日). 2014年11月17日閲覧。
  27. ^ 芳根京子、“合唱好き”高校生役で連ドラ初主演 志尊淳、吉本実憂ら若手が共演”. ORICON STYLE (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  28. ^ 紗栄子、8年半ぶり連ドラ出演 石原さとみ月9ドラマ新キャスト解禁”. モデルプレス (2015年9月24日). 2015年9月26日閲覧。
  29. ^ “吉本実憂「時をかける少女」で原作にない未来人役「楽しみながら」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/22/kiji/K20160522012631640.html 2016年5月22日閲覧。 
  30. ^ “「とと姉ちゃん」の新たな出演者8人が発表!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月15日). オリジナルの2016年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160717130349/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160715-OHT1T50094.html 2016年7月15日閲覧。 
  31. ^ “吉本実憂、現代っ子OL役に挑戦 錦戸亮主演『ウチの夫は仕事ができない』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2092932/full/ 2017年6月23日閲覧。 
  32. ^ “吉本実憂“不良少女”役で新境地「挑戦しがいのある役」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2096723/full/ 2017年9月4日閲覧。 
  33. ^ “山口達也は今日も反省?「大江戸ロボコン」キーワードは“トライアンドエラー””. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月17日). https://thetv.jp/news/detail/128326/ 2017年11月17日閲覧。 
  34. ^ “TBS「クリスマス音楽祭」で西野カナ&ポルノ曲テーマのドラマ放送”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年12月24日). https://natalie.mu/music/news/262517 2019年8月9日閲覧。 
  35. ^ “吉本実憂:元スパガ浅川梨奈と姉妹に 深夜連ドラで主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月8日). https://mantan-web.jp/article/20190207dog00m200063000c.html 2019年2月8日閲覧。 
  36. ^ “篠田麻里子&吉本実憂が武田鉄矢主演『水戸黄門』第2弾に出演決定”. TV LIFE web (株式会社学研プラス). (2019年2月26日). https://www.tvlife.jp/entame/214353 2019年8月9日閲覧。 
  37. ^ 本日放送の第6話にドラマ版花火役・吉本実憂さんが出演!”. TVアニメ 「クズの本懐」 オフィシャルサイト (2017年2月16日). 2018年12月30日閲覧。
  38. ^ ドラマ『クズの本懐』【公式】の2017年2月16日のツイート2019年8月9日閲覧。
  39. ^ 国民的美少女・吉本実憂、銀幕デビューで初主演 病と向き合う少女を熱演”. 映画.com (2014年9月13日). 2014年9月13日閲覧。
  40. ^ 17歳の国民的美少女!清楚な魅力で待望の映画デビューを飾る”. Walkerplus (2014年10月2日). 2014年11月17日閲覧。
  41. ^ “国民的美少女”吉本実憂がダーク・ヒロインに…内野聖陽を翻弄する『罪の余白』”. CinemaCafe.net (2014年11月20日). 2014年11月21日閲覧。
  42. ^ 内野聖陽と吉本実憂が繰り広げる緊迫の心理戦 「罪の余白」予告編が完成”. 映画.com (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
  43. ^ “吉本実憂、10月公開映画でヒロイン役「いつかアクションに挑戦したい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年8月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160822/geo16082205020006-n1.html 2016年8月22日閲覧。 
  44. ^ “富岡製糸場で働く工女たちの物語「紅い襷」群馬&東京で上映”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年7月7日). https://natalie.mu/eiga/news/239825 2018年1月1日閲覧。 
  45. ^ “吉本実憂が破天荒な新入社員に!「レディ in ホワイト」で波岡一喜と共演”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/1/ 2018年3月16日閲覧。 
  46. ^ “博多華丸が明太子作りに奔走、大吉はスケトウダラに!「めんたいぴりり」予告編”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年11月16日). https://natalie.mu/eiga/news/308261 2019年8月9日閲覧。 
  47. ^ 吉本実憂 2019年1月7日 - instagram
  48. ^ 千曲市主舞台映画! 地域発信型映画『透子のセカイ』”. 信州千曲観光局 (2018年12月10日). 2018年12月11日閲覧。
  49. ^ “映画「瞽女(ごぜ)GOZE」の製作発表会がありました!”. 新潟文化物語ブログ(お知らせ) (新潟文化物語). (2019年1月31日). https://n-story.jp/information/3380 2019年8月9日閲覧。 
  50. ^ “谷賢一×松岡充「三文オペラ」共演に初舞台の吉本実憂&峯岸みなみ”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年10月21日). https://natalie.mu/stage/news/253621 2019年8月9日閲覧。 
  51. ^ “吉本実憂、ドラマ版『クズの本懐』で大胆ラブシーンに挑戦!初主演の抱負語る”. クランクイン!. (2016年12月16日). http://m.crank-in.net/game_animation/news/47119 2016年12月17日閲覧。 
  52. ^ 吉本実憂の2019年8月8日のツイート2019年8月9日閲覧。
  53. ^ 吉本実憂の2017年10月18日のツイート2016年8月28日閲覧。
  54. ^ 吉本実憂:国民的美少女の初CMはスターへの登竜門”. 毎日新聞デジタル (2013年7月24日). 2013年9月25日閲覧。
  55. ^ 吉本実憂 (2015年3月12日). “私のおすすめは、、、”. 吉本実憂公式ブログ. 2015年3月13日閲覧。
  56. ^ ACTRESS PRESS(2016年2月3日)
  57. ^ 吉本実憂official blog(2016年2月4日)スーツデビュー、おめでとうございます!
  58. ^ 「キャナルシティ博多」市長選始まる”. 毎日新聞 (2014年4月20日). 2014年4月29日閲覧。
  59. ^ キャナルシティ博多:初代市長に吉本実憂さん”. 毎日新聞 (2014年5月7日). 2014年5月13日閲覧。
  60. ^ 女優・吉本実憂さんを起用した「クレジットカード啓発キャンペーン」がスタートしました。”. PRTIMES (2016年4月1日). 2016年4月4日閲覧。
  61. ^ クレジットカード啓発キャンペーン”. 2017年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月9日閲覧。
  62. ^ 吉本実憂「将軍と言えば松平さん ご一緒できてうれしかった」”. スポニチアネックス (2014年11月10日). 2014年11月17日閲覧。
  63. ^ “パーソナルブック「国民的美少女2012 Labeaute」12月10日発売開始” (プレスリリース), オスカープロモーション, (2012年12月10日), オリジナルの2012年12月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121214064410/http://www.oscarpro.co.jp/news/2012/12/post-294.html 2012年12月10日閲覧。 

外部リンク編集