メインメニューを開く

大久保 運(おおくぼ はこぶ、1959年7月2日 - )は、日本の俳優。身長180cm。体重90kg。血液型O型カンコンキンシアターの元メンバー。現在フリー。

おおくぼ はこぶ
大久保 運
生年月日 (1959-07-02) 1959年7月2日(60歳)
出生地 日本の旗日本東京都
民族 日本人
身長 180cm
血液型 O型
ジャンル 俳優
活動期間 1980年〜
活動内容 映画テレビドラマ
配偶者 既婚(2008年〜)
事務所 フリー
主な作品

映画
『着信アリ2』
『Dolls』

『野のなななのか』

テレビ
『遺留捜査』
『水戸黄門42』

『13歳のハローワーク』
テンプレートを表示

人物編集

東京都出身。1980年に勝新太郎主催の「勝アカデミー」に二期生として、演技を学ぶ。一期生の小堺一機とは、その頃からの友人である。1981年、刑事ドラマ『警視-K』で刑事役レギュラーでデビューする。1982年に岸田森の勧めもあり、演劇集団 円に入所。一期上に渡辺謙がいた。入所と同時に岸田今日子の付き人として数年間を過ごす。しかし新劇が合わず、23歳の時に独り立ちして、知り合いに仕事をもらいながら俳優活動を始める。1987年、友人の関根勤と劇団「カンコンキンシアター」を立ち上げ、第2回公演まで参加する。

その後、人生勉強のため渡米。31歳で帰国後、俳優活動を再開。いろいろな監督と仕事を重ね、1999年に映画監督の大林宣彦と出会う。5本の大林作品に参加をし、本人曰く「大林監督と関根勤は人生の恩人」と語る。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて、アメリカで研修をする。その後もテレビ・映画等、活躍の場を拡げ、現在に至る。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

Vシネマ編集

CM編集

関連項目編集

外部リンク編集