公暁(くぎょう、こうきょう、こうぎょう、正治2年(1200年) - 建保7年1月27日1219年2月13日))は、鎌倉時代前期の僧侶鎌倉幕府2代将軍源頼家の次男(『尊卑分脈』など)または三男(『鶴岡八幡宮寺社務職次第』など)。

母は『吾妻鏡』によれば足助重長(加茂重長)の娘の辻殿、『尊卑分脈』などによれば一幡の母と同じく比企能員の娘若狭局、縣篤岐本『源氏系図』によれば三浦義澄の娘。一幡は異母兄または同母兄、栄実は異母弟または異母兄、禅暁は異母弟または同母弟、竹御所は異母妹または同母妹にあたる。幼名善哉(ぜんざい)。

叔父である第3代将軍源実朝を「父の仇」として暗殺したが、自身も直後に討ち取られた(なお、公暁は実朝の猶子であったため、義理の父親を殺害したことになる)。

生涯編集

出家編集

父である将軍頼家は建仁3年(1203年)9月の比企能員の変によって鎌倉を追放され、翌年善哉が5歳の時に北条氏の刺客によって暗殺された。建永元年(1206年)6月16日、7歳になった善哉は若宮の別当坊より祖母である尼御台北条政子の邸に渡り、着袴の儀式を行う。10月22日、乳母夫である三浦義村に付き添われ、政子の計らいによって叔父の3代将軍源実朝猶子となった。建暦元年(1211年)9月15日に12歳で鶴岡八幡宮別当定暁[1]の下で出家し翌日には受戒のため上洛する。園城寺において公胤の門弟として入室し、貞暁の受法の弟子となる。はじめは頼暁という戒名を受け、公胤の弟子となってからは公暁の戒名を受けたものと見られる[2]建保5年(1217年)6月20日、18歳で鎌倉に戻り、政子の意向により鶴岡八幡宮寺別当に就任した。同年10月11日からは裏山で千日参篭をおこなう。翌年建保6年(1218年)12月5日、公暁が鶴岡に参籠して退出しないままいくつかの祈誓を行っているが、一向に髪を下ろす事もしないので人はこれを怪しんだという。また伊勢太神宮や諸社に奉幣する使節を送った事が将軍御所で披露されている。

実朝暗殺編集

年が明けた建保7年(1219年)1月27日、雪が2(約60cm)ほど降りしきるなか、実朝が右大臣拝賀のため鶴岡八幡宮に参詣する。夜になって参拝を終えて石段を下り、公卿が立ち並ぶ前に差し掛かったところを、頭布を被った公暁が襲いかかり、下襲の衣を踏みつけて実朝が転倒した所を「親の敵はかく討つぞ」と叫んで頭を斬りつけ、その首を打ち落とした。同時に3、4人の仲間の法師が供の者たちを追い散らし、源仲章北条義時と間違えて切り伏せた。そして『吾妻鏡』によると、八幡宮の石段の上から「我こそは八幡宮別当阿闍梨公暁なるぞ。父の敵を討ち取ったり」と大音声を上げ、逃げ惑う公卿らと境内に突入してきた武士達を尻目に姿を消した。一方、『愚管抄』によると公暁はそのような声は上げておらず、鳥居の外に控えていた武士たちは公卿らが逃げてくるまで襲撃にまったく気づかなかったとある。儀式の際、数千の兵はすべて鳥居の外に控えており、その場に武装した者はいなかった。

公暁は実朝の首を持って雪の下北谷の後見者・備中阿闍梨宅に戻り、食事の間も実朝の首を離さず、乳母夫の三浦義村に使いを出し、「今こそ我は東国の大将軍である。その準備をせよ」と言い送った。義村は「迎えの使者を送ります」と偽り、北条義時にこの事を告げた。義時は躊躇なく公暁を誅殺すべく評議をし、義村は勇猛な公暁を討つべく長尾定景を差し向けた。

公暁は義村の迎えが来ないので、1人雪の中を鶴岡後面の山を登り、義村宅に向かう途中で討手に遭遇する。討ち手を斬り散らしつつ義村宅の板塀までたどり着き、塀を乗り越えようとした所を討ち取られた。享年20。

定景が公暁の首を北条義時邸に持ち帰り、義時が首実検を行った。なお、『吾妻鏡』によると実朝の首は所在不明だが、『愚管抄』には岡山の雪の中から実朝の首が発見されたとある。

公暁の犯行の背後には、北条氏源家討滅[3]、あるいは北条氏の政敵で公暁と近しかった三浦氏による北条打倒[4]、または将軍親裁を強める実朝に対する北条・三浦ら鎌倉御家人の共謀[5]、もしくは後鳥羽上皇による幕府転覆の策謀[6]などが存在したのではないかと後世の研究家にそれぞれ推測されている[7]がいずれも確証はない。またそれらの背後関係よりも、公暁個人が野心家で実朝の跡目としての将軍就任を狙ったところに、この事件の最も大きな要因を求める見解もあり、公暁単独犯行説を取っている研究者も複数いる[8]

 
「公暁の隠れいちょう」の伝承のある鶴岡八幡宮のイチョウ(倒伏前)

なお、公暁のは現存せず、墓所についての史料も存在しない。かつて鶴岡八幡宮には「公暁の隠れいちょう」と呼ばれるイチョウの大木が立っており、公暁がこの樹の陰に潜んで実朝を襲ったという伝説と共に親しまれていたが、この伝説が知られるようになったのは江戸時代になってからの事であり、当時の史料にはない話である。このイチョウは2010年3月10日の強風によって倒壊した。

名前の読みについて編集

公暁の名は江戸時代以降呉音読みで「くぎょう」と呼ばれており、明治時代の『国史大辞典』で「クゲウ」とされて以降、主な歴史関係の書籍では「くぎょう」と読まれて来た[9]。 一方で『承久記』の異本で鎌倉時代に成立したとされる[10]『承久軍物語』では公暁は「こうきょう」と書かれ、1550年頃に成立した尊経閣文庫本『承久記』では「こうせう」と書かれている[11]天明年間の『承久兵物語』では「こうきやう」と書かれているが[11]寛永版『吾妻鏡』の版本では「クゲウ」の読みが振られており、徳川光圀によって編纂が命じられた『新編鎌倉志』でも受け継がれた[12]

公暁の名は師の貞暁と公胤から取られたものとされているが、公胤とその師公顕は当時の記述では「こういん」「こうけん」と呼ばれている[13]。通常僧侶の戒名は呉音で読まれることが多いが、公胤が属していた園城寺では、法名を漢音で読む風習があった[14]。このため「公暁」の読み方も漢音に基づく「こうきょう」もしくは「こうぎょう」ではないかと複数の研究者が指摘している[12][14][15]

関連作品編集

テレビドラマ

脚注編集

  1. ^ 3代目の別当で、『鶴岡八幡宮寺社務職次第』によれば平時忠の一門と記されている(小池勝也「室町期鶴岡八幡宮寺寺僧組織の基礎的考察-若宮別当と二十五坊供僧を中心に-」(佐藤博信 編『中世東国の社会と文化 中世東国論:7』(岩田書院、2016年) ISBN 978-4-86602-981-8)P109「鶴岡八幡宮歴代若宮別当(社務)」参照)。
  2. ^ 舘隆志 2017, p. 164.
  3. ^ 北条義時(北条氏)黒幕説の代表的なものとして龍粛『鎌倉時代 下(京都)』(春秋社、1957年)、安田元久『北条義時』(吉川弘文館、1961年)などがあり、義時が体調不良を理由として事件直前に現場を離れたことを根拠とする。ただし、『愚管抄』によれば、義時は実朝の命により、太刀を捧げて中門に留まっており、儀式の行われた本宮には同行しておらず、自邸に戻ったとはされていない。義時の離脱と公家である源仲章への役目交替を「将軍暗殺」という不祥事を招いた武家の失態を隠すための『吾妻鏡』の曲筆とする平泉隆房による疑義、「『吾妻鏡』源実朝暗殺記事について」(『皇学館論叢』133号、1990年)も出されている。
  4. ^ 三浦義村(三浦氏)黒幕説は、永井路子が小説『炎環』(光風社、1964年)で義村黒幕説を描いて以来注目され、石井進がその可能性を認めた(『日本の歴史7 鎌倉幕府』中央公論社、1965年)ことで浮上した。他に大山喬平(『日本の歴史9 鎌倉幕府』小学館、1974年)、上横手雅敬(「承久の乱」安田元久 編『古文書の語る日本史3 鎌倉』筑摩書房、1990年)、美川圭(『院政 もうひとつの天皇制』中公新書、2006年)などが支持している。
  5. ^ 鎌倉御家人共謀説は、五味文彦「源実朝-将軍独裁の崩壊」(『歴史公論』、1979年)が提唱したもので、実朝は北条氏の傀儡ではなく将軍親裁が機能しており、後鳥羽上皇との連携を目指した実朝に対し、義時と義村は手を結んで実朝および後鳥羽と実朝を結びつける後鳥羽の近臣源仲章の排除に乗り出したと主張しており、本郷和人『承久の乱 日本史のターニングポイント』(文春新書、2019年)が支持している。
  6. ^ 後鳥羽上皇黒幕説は、谷昇「承久の乱に至る後鳥羽上皇の政治課題 -承久年中「修法群」の意味-」(『立命館文学』588号、2005年)が提唱し、実朝暗殺と前後する1月22日から28日にかけて上皇が国家安泰とともに政敵の調伏を祈願する五壇法が実施され、実朝暗殺の報が届いた直後の2月6日に五壇法が再度行われた他、同日に他に4つ、10日も2つの修法が行われていることを指摘して、後鳥羽上皇が京都で育った公暁を利用した実朝暗殺に加担し、自らは京都にて暗殺事件を機に幕府が崩壊することもしくは宮将軍の擁立による幕府掌握を祈願していたと主張している。
  7. ^ 一連の黒幕論に関しては谷昇『後鳥羽院政の展開と儀礼』(思文閣出版、2010年)P179を参照。
  8. ^ 山本幸司(『日本の歴史9 頼朝の天下草創』講談社、2001年)、永井晋『鎌倉源氏三代記 一門・重臣と源家将軍』(吉川弘文館、2010年)、坂井孝一『源実朝 「東国の王権」を夢見た将軍』(講談社、2014年)、高橋秀樹『三浦一族の中世』(吉川弘文館、2015年)、矢代仁(『公暁―鎌倉殿になり損ねた男』ブイツーソリューション、2015年)など。
  9. ^ 舘隆志 2017, p. 27.
  10. ^ ただし、一部の記述には江戸時代以降加筆されたと見られるものが含まれている
  11. ^ a b 舘隆志 2017, p. 166.
  12. ^ a b 舘隆志 2017, p. 167.
  13. ^ 舘隆志 2017, p. 165.
  14. ^ a b 坂井孝一 『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』PHP研究所〈PHP新書〉、2020年12月15日、85/280 34%頁。ASIN B08QHGMZPY 
  15. ^ “公暁の読み方について 駒澤大専任講師 舘隆志氏”. 中外日報. (2022年4月11日). https://www.chugainippoh.co.jp/article/ron-kikou/ron/20220401-001.html 2022年4月14日閲覧。 
  16. ^ “【第六次】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」新たな出演者決定!”. NHKオンライン. (2022年3月1日). https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=33271 2022年4月14日閲覧。 

参考文献編集

  • 石井進『日本の歴史 7 鎌倉幕府』中公文庫、1974年。
  • 山本幸司『頼朝の天下草創』講談社学術文庫、2001年。
  • 奥富敬之『吾妻鏡の謎』吉川弘文館、2009年。
  • 谷昇『後鳥羽院政の展開と儀礼』思文閣出版、2010年。
  • 舘隆志「公暁の法名について」『印度學佛教學研究』第61巻第1号、日本印度学仏教学会、2017年1月、 doi:10.4259/ibk.61.1_164ISSN 1884-0051

関連項目編集

外部リンク編集