メインメニューを開く

天月-あまつき-

日本の歌手、ニコニコソンガー

天月-あまつき-(あまつき)は、日本男性歌手声優血液型A型。東京都出身[5]。活動におけるイメージカラーは赤[6]。青年的な高音域の声質と表現力でティーンの年齢層を中心に支持の幅を広げ、歌唱動画の総再生数は約3.8億回を超える[7]

天月 -あまつき-
生誕 6月30日[1]
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
アニメソング
ボーカロイド
職業 歌い手声優
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
活動期間 2009年 -
レーベル キングレコード2014年[2] - 2018年10月
ユニバーサルミュージック2018年11月 - [3]
事務所 ホーリーピーク[4]
公式サイト 天月 Official Website
天月-あまつき-
YouTube Official Channel
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約 131万人
総再生回数 約 4億 3532万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年9月1日時点。
テンプレートを表示

経歴編集

中学時代まで編集

幼少期は仮面ライダーになるのが夢であった[8]。子供のころは引っ込み思案で[7]、学校生活の中でいじめに遭い、信頼しあえる交友関係の構築にも苦心していた[9]。それでも歌うことは好きで[10]、好きなアニメやゲームに関する音楽を聴くことに熱中していた[11]。当時は人生初購入のCD(メリッサ)を始めとするポルノグラフィティの楽曲を好み、その音楽プロデューサー本間昭光に現在も影響を受けているのでは、と後に語っている[7]。2007年以降、動画投稿サイトであるニコニコ動画で活動する人々の「歌ってみた」動画を視聴し関心を持つ。のちに交友関係となる、となりの坂田。佐香智久96猫志麻等の配信を視聴することもあった[12]

高校進学から現在編集

野球部に所属して以降の高校生活では、友人のバンドにて文化祭のボーカルを担当した[10]。2009年より、自身で安価なSkypeマイクを購入し[7]、期待と緊張の入り混じる中、生放送の配信を始める[8]。2010年、ボーカロイド曲のカバー(歌ってみた)を初投稿し、歌い手として活動を開始した[10]。駆け出しのころは歌唱力に不安があったが、上達のためにもと活動を積み重ねていく[13]。当初は壇上で歌うような活動を想像していなかったが[14]、動画サイト等による活動で知名度とともに人脈を広げ、同2010年に他の歌い手のライブに初参加[13]。当時は保育士を目指し大学に進学していたが、配信と音楽に共通する魅力である、発信者と受け手が相互に楽しめるという部分に惹かれ、音楽への道も次第に考えていく[7]。また動画サイト内等で関係を深めた4人(はしやん、伊東歌詞太郎、un:c、コニーとともに、2012年~2016年にかけてCircle of friendsとしてライブツアーを敢行。同2012年の初ソロライブ[4]とともに、聴衆との直接対面により音楽を届け、動画の再生回数だけでは得られない[15]目前の人々との一体感や相互発信の魅力を実感する[11]。同年に初CD(Melodic note.)をリリースし[4]、YouTubeへの動画投稿を開始した2014年の7月16日にキングレコードからメジャーファーストアルバム「Hello, World!」でデビューを果たす[2]。2015年には、はしやんとのユニット(melost)でもアルバムを発表[16]

2016年には人生の中の"ドラマチック"を軸とした2ndアルバム(箱庭ドラマチック)を発表[17]。一部楽曲にて作詞作曲も行っている[18][19]。以降も映像作品とのタイアップ(自身が子供の頃にファンであったデジモンシリーズOP[20]等)やライブ活動、フェスへの参加[21]等、様々な形式で活動を積み重ねていく[22]につれて、聴衆と年齢層を広げ、男性層にも間口を広げつつある[12]。2018年6月には恋愛を多様な視点から切り取った3rdアルバム(それはきっと恋でした。)を発表[7]。楽曲に加えジャケットの白地・青いバラにも意味を込めている[23]。同年8月23日には、日本武道館にて単独ライブを開催し自身の夢を叶えた。自身の半生や活動を振り返りつつ、毎回のライブと同様に、自身の活動を支え携わってくれたすべての人に謝意を込めた[24][25]。2018年11月にユニバーサルミュージックへ移籍[3]。2019年7月には活動10周年ライブを大阪城ホール等で行い、10年間の軌跡と活動における出会いの奇蹟を共有した[26]

自身も視聴者であると同時に表現者として、音楽を届けることを楽しんでいる[15]。メジャーデビュー以降、レーベルと協力してのCDリリースを重ねるが、活動当初と同様、映像とともに音楽を届けたいという思いは変わらず、ニコニコ動画YouTubeへの定期的な動画投稿や生放送も続けている[14]。歌手活動の中で出逢った友人ら(例としてはまふまふ[27]Eve[23]等)との交友関係を深め、相互に楽曲コラボをしたり、作曲や楽曲提供等を行ってもらうこともある[28]。海外でのライブに加え、声優、演劇、朗読劇、テレビ出演と活動の幅も広げている[4][29]

ディスコグラフィ編集

最高位は、オリコンウィークリーチャートに基づく[30]

シングル編集

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2015年10月7日 虹の向こうへ/星月夜 キングレコード 初回限定盤(DVD付) KICM-91623 15位
通常盤 KICM-1623
2nd 2016年12月14日 DiVE!! キングレコード 初回限定盤 KICM-9174 12位
通常盤 KICM-91741
アニメ盤 KICM-91745
3rd 2017年7月19日 Mr.Fake/ツナゲル キングレコード 初回限定盤TYPE-A KICM-91773 6位
初回限定盤TYPE-B KICM-91774
通常盤 KICM-1775
4th 2019年1月16日 恋人募集中(仮) ユニバーサルミュージック 初回限定盤A UICZ-9106 2位
初回限定盤B UICZ-9107
通常盤 UICZ-5101

アルバム編集

インディーズアルバム編集

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2012年6月27日 Melodic note. Bellwood Records CD BZCS-5026 19位
2nd 2013年2月27日 君ヲ想フ月 Bellwood Records CD BZCS-5027 16位

メジャーアルバム編集

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲 最高位
1st 2014年7月16日 Hello, World![31] キングレコード 初回限定盤(DVD付) KICS-93077 4位
通常版 KICS-3078
2nd 2016年7月27日 箱庭ドラマチック[32] キングレコード 初回限定盤(DVD付) KICS-93374 8位
通常盤 KICS-3375
3rd 2018年6月27日 それはきっと恋でした。[33] キングレコード 初回限定盤(DVD付) KICS-93732 5位
ラブレター盤(DVD付) KICS-93731
通常盤 KICS-3731

ミニアルバム編集

発売日 タイトル レーベル 規格 収録曲
1st 2013年8月12日 StarT LiNe 天月 -あまつき- CD
2nd 2015年3月2日 僕+君の約束。 天月 -あまつき- CD

映像作品編集

ライブビデオ編集

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番 収録曲 最高位
vol.1 2015年7月15日 Hello, World! TOUR 2015
~春、君と見つける扉の向こうのお伽話~
FINAL LIVE at Zepp Tokyo
キングレコード 初回限定盤 KIBM-90520/1 5位
通常盤 KIBM-90520
2018年12月19日 「Loveletter from Moon」at 日本武道館 LIVE FILM キングレコード 初回限定版(Blu-ray) KIXM-90344/5
全21曲編集

01.アストロスト

02.DiVE!!

03.イデア

04.ヒロイックシンドローム

05.Mr.Fake

06.マリオネットラヴァーズ

07.ホシアイ

08.ガラクタモンスター

09.ツナゲル

10.Sing! Swim! Swing!

11.月曜日の憂鬱

12.かいしんのいちげき!

13.きっと愛って

14.僕のことなら忘れてくれていいよ

15.Flight Light ~星くずとBoeing~

16.キミトボク

17.きみだけは。

18.君が僕の心に魔法をかけた

<アンコール>

19.小さな恋のうた

20.メドレー(流れ星~コスモノート~虹の向こうへ~LIFE~はじまりのうた~ハートフルエッジ~気まぐれメリーゴーランド~ネバーエンドランド~プレゼント~流れ星)

21.Hello, My story


【Blu-ray Disc 2】

「Loveletter from Moon」開催に至るまでのリハーサルなどの模様を収めたメイキングドキュメンタリー。

14位
通常版(Blu-ray) KIXM-344
通常版(DVD) KIBM-755

タイアップ編集

楽曲 タイアップ 時期
ハートフルエッジ テレビ朝日系「Break Out」2月度オープニングトラック 2013年
投資家レコーズ(ゆうゆarrange) テレビ東京系「アニメDON!」4月度オープニングテーマ
Hello,My story テレビ朝日系全国放送「musicるTV」7月度オープニングテーマ 2014年
東海テレビ「お天気レーダー」7月度テーマソング
ジュブナイルヒーロー(シングル及びアルバム未収録) 映画「エンダーのゲーム」コラボソング
虹の向こうへ フジテレビ系テレビドラマ「南くんの恋人〜my little lover 〜」オープニングテーマ[34] 2015年
星月夜 舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」 テーマソング
テレビ朝日系「BREAK OUT」10月度オープニングトラック
LIFE!! 『docomo東北復興・新生支援「笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト」』応援ソング 2016年
ミカヅキリサイズ 福島ガイナックス制作地域アニメ「政宗ダテニクル」オープニングテーマ
流れ星 全国音楽情報番組「MUSIC B.B.」7月度オープニングテーマ
DiVE!! テレビ東京系アニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」オープニングテーマ
明星の刃 舞台「剣豪将軍義輝~戦国に輝く清爽の星~」テーマソング
プレゼント BSデジタル放送6ch BS-TBS 渋谷イルミネーションイベント連動
『青の洞窟 presents あなたの知らないイタリアへ』スペシャル番宣スポットソング
みかんゾンビマーチ ~トルコ行進曲より~ Eテレアニメ「クラシカロイド」第17話 挿入歌(ムジーク)/ エンディングテーマ 2017年
Mr.Fake ドラマ「トモダチゲーム」主題歌[35]
映画「トモダチゲーム」主題歌[35]
きみだけは。 TOKYO MXドラマ「# (ハッシュタグ)」主題歌[36][37] 2018年
STARTRAiN TBSテレビ系「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」エンディングテーマ[38] 2019年
Ark Netflixオリジナルアニメシリーズ「7SEEDS」オープニングテーマ[39]

参加ユニット編集

Circle of friends編集

『Circle of friends』とは、天月 -あまつき-と歌手であるコニー、はしやん、un:c、伊東歌詞太郎ら5人の歌い手が日本各地を回ってライブを行うライブツアーである。略称『COF』。 また、天月 -あまつき-は、リーダーという役回りをしている。

アルバム編集

タイトル レーベル 規格
1st Circle of friends Best Circle of friends CD
2nd Circle of friends Vol.2 Circle of friends CD
3rd Circle of friends Vol.3 Circle of friends CD

melost編集

『melost』とは、天月とニコニコ動画で活躍しているラッパーでライトノベル作家はしやんとのユニット。現在、ニコニコ動画内に7曲投稿されている。

アルバム編集

発売日 タイトル レーベル 規格
1st 2015年2月18日 Melody Stock キングレコード CD

ライブ・イベント編集

ワンマンツアー編集

日程 タイトル 公演規模・会場
2015年3月25日 - 4月10日 Hello, World! TOUR 2015 [40]
2016年7月2日 - 8月1日 箱庭ドラマチックTOUR 2016~ぼくらの夏色音日記~


全国9ヶ所公演編集

07月2日 神奈川県 横浜BAYSIS

7/3(日)埼玉 HEAVEN'S ROCK KUMAGAYA

7/8(金)神戸 cafe fish!

7/15(金)広島 CLUB QUATTRO

7/18(月)福岡 スカラエスパシオ

7/20(水)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

7/24(日)新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE

7/25(月)石川 金沢AZ

8/1(月)札幌 cube garden



2016年8月12日 - 12月3日 箱庭ドラマチックTOUR 2016

~looking for a shooting star~

今夜、君が待つあの丘へ

全国6ヶ所公演編集

08月12日 宮城県 仙台PIT

08月16日 大阪府 Zeep Namba

08月18日 愛知県 Zeep Nagoya

08月23日 東京都 Zeep Tokyo


11月20日 東京都 豊洲pit

12月3日 兵庫県 神戸国際会館

2017年6月30日 - 8月23日 天月-あまつき-のやりたい放題TOUR 2017 [41]
2017年12月10日 - 2018年1月8日 天月-あまつき-のやりたい放題ホールTOUR Winter 2017〜2018[43]
2018年12月24日 - 2019年3月30日 Loveletter from Moon〜Winter Tour 2018-2019〜[44]

ツーマンツアー編集

日程 タイトル 公演規模・会場
2017年6月17日 - 6月18日 天月智久つーまんらいぶ『あまとも、二人でやるってよ。』~月と太陽編~ [45]

ワンマンライブ編集

日程 タイトル 公演規模・会場
2018年8月23日 Loveletter from Moon [46] 東京都 日本武道館
2019年7月31日 The StarLight Seeker [47] 大阪府 大阪城ホール

ライブイベント編集

日程 タイトル 公演規模・会場
2017年7月17日 Stars on Planet 2017 [48] 埼玉県 大宮ソニックシティ
2017年8月5日 兵庫県 神戸文化ホール

海外イベント編集

日程 タイトル 公演規模・会場
2017年10月9日 NEW ERA JAPAN POP 天月 x 96猫 x 佐香智久 台湾 三創Clapper Studio

出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

舞台編集

  • 帝都華宵劇 - 秋月鳴海 役
  • 大人の麦茶第二十杯目公演 「シュガースポット」
  • 大人の麦茶の朗読の時間 「DAY IN A SUN~一日だけ日の目を見る日」(朗読劇)
  • 幻の城〜戦国の美しき狂気〜(2015年10月9日-18日) - 宇喜多秀家(少年時代)役
  • 虹色オーケストラ Music Story「透明のシンフォニー」(2016年12月29日・2017年1月7日) - トオル 役

声優編集

テレビドラマ編集

映画編集

DVD編集

  • 『ひきこもりでも旅がしたい!Vol.1〜大自然に放り出されたボクら・軽井沢編〜 』(2016年8月14日、班員)
  • 『ひきこもりでも旅がしたい!Vol.4~タイムススリップ!江戸時代に戻って新撰組になったり忍者になったり~』(2018年6月14日、班員)
  • 『ひきこもりでも旅がしたい!Vol.5~ひきこもりよ、世界へ羽ばたけ!常夏の島・ハワイ旅行編~』(2019年3月28日、班員)

参加作品編集

  • ニコニコワンダーランドVol.1 (due/2013年4月17日発売)
    • パステルラバーズ
  • ハンドメイドミライ 西沢さんP (FARM RECORDS/2013年4月10日発売)
    • 投資家レコーズ (ゆうゆarrange)
    • 格子の心臓
    • フライトタイム
    • 迷子ライフ
    • 格子の心臓 (ゆうゆarrange)
  • 桑原草太 「はにらび!」CD付特装盤(KCxコミックス) 特典CD
    • 草食LOVERS
  • 裸の時間~若き才能~天月-あまつき-

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “『天月-あまつき-』初の日本武道館公演ティーンに絶大なる人気を誇るヴォーカリストのスペシャルステージにファン1万人が熱狂 | Universal Music Japan”. ユニバーサルミュージック (日本). (2018年8月24日). https://this.kiji.is/405535767581967457?c=62479058578587648 2019年8月2日閲覧。 
  2. ^ a b 天月-あまつき-、ついにメジャーデビュー!7月アルバム発売 - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. 2019年8月3日閲覧。
  3. ^ a b 天月-あまつき-がユニバーサルミュージックに移籍、シングル「恋人募集中(仮)」発売”. 音楽ナタリー. 2018年11月17日閲覧。
  4. ^ a b c d “天月-あまつき- ネットカルチャーが生んだ新時代の歌い手”. ミーティア. (2019年2月13日). http://meetia.net/music/amatsuki-matome_hd/ 2019年8月1日閲覧。 
  5. ^ #外部リンク - アメーバブログプロフィールを閲覧。
  6. ^ 【ライブレポート】天月-あまつき-、ツアーで2017年を総括「ありがとうって何度言っても足りないよ」(写真7枚) - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f ネット発「歌い手」から、注目のエンターテイナーへ――天月‐あまつき-、その視線の先にあるもの(田中久勝) - 個人 - Yahoo!ニュース”. Yahoo!ニュース. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ a b 【インタビュー】天月-あまつき-、人生の中で起こるドラマチックなことや他者の箱庭を想像して作ったアルバム『箱庭ドラマチック』”. BARKS. 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ “天月 -あまつき-が語る、“歩き続ける”ための覚悟「いいと思うものをよりいい形で届けていくだけ」 - Real Sound|リアルサウンド”. リアルサウンド. (2017年7月20日). https://realsound.jp/2017/07/post-93014.html 2019年8月1日閲覧。 
  10. ^ a b c “天月-あまつき-「君ヲ想フ月」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. (2013年2月). https://natalie.mu/music/pp/amatsuki 2019年8月1日閲覧。 
  11. ^ a b “天月-あまつき-「DiVE!!」リリースインタビュー「続けてたら今があるみたいな感じなんで。今も好きな事の延長線上」(前編)|Nizista (ニジ★スタ) - オタクカルチャー専門WEBマガジン”. Nizista(ニジスタ). (2016年12月16日). https://nizista.com/views/article2?id=a22e7d50c36311e69755dbcf3f2017d4 2019年8月1日閲覧。 
  12. ^ a b 天月-あまつき-「僕は何の取り柄もない人間だった」 10年間の“歌い手”活動を振り返る(エキサイトミュージック) - Yahoo!ニュース”. エキサイトミュージック. 2019年8月1日閲覧。
  13. ^ a b “天月-あまつき-「君ヲ想フ月」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー(2ページ目)”. 音楽ナタリー. (2013年2月). https://natalie.mu/music/pp/amatsukipage/2 2019年8月2日閲覧。 
  14. ^ a b 「Coming Next Artists」コラム最終回|天月-あまつき-が語る音楽創造のサイクルの在り方 (18/18) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. 2019年8月3日閲覧。
  15. ^ a b 「Coming Next Artists」コラム最終回|天月-あまつき-が語る音楽創造のサイクルの在り方 (17/18) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. 2019年8月3日閲覧。
  16. ^ “天月-あまつき-とはしやんによるユニット・melostがニコ生特番の配信を発表”. OKMusic. (2015年2月10日). https://okmusic.jp/news/68112 2019年8月1日閲覧。 
  17. ^ “歌い手・天月-あまつき-が表現する人生の箱庭に散りばめられた“ドラマチック”「誰かの人生の中に少しでも入り込めたら」 - ライブドアニュース”. V.I.P. Press. (2016年7月26日). https://news.livedoor.com/article/detail/11811220/ 2019年8月3日閲覧。 
  18. ^ “天月-あまつき-「箱庭ドラマチック」特集 天月-あまつき-×はしやん×佐香智久 (4/4) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. (2016年7月26日). https://natalie.mu/music/pp/amatsuki02/page/4 2019年8月3日閲覧。 
  19. ^ “天月-あまつき-、細部までこだわった2ndアルバム「箱庭ドラマチック」の全貌 - 音楽ナタリーc”. 音楽ナタリー. (2016年6月4日). https://natalie.mu/music/news/189713 2019年8月3日閲覧。 
  20. ^ ボーカリスト・天月-あまつき-「デジモンユニバース アプリモンスターズ」OP主題歌を担当 : ニュース - アニメハック”. アニメハック. 2019年8月1日閲覧。
  21. ^ 天月-あまつき-「それはきっと恋でした。」インタビュー(3ページ目)|あふれ出るクリエイティブな欲求 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. 2019年8月1日閲覧。
  22. ^ 天月-あまつき-「それはきっと恋でした。」インタビュー|あふれ出るクリエイティブな欲求 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. 2019年8月1日閲覧。
  23. ^ a b 天月-あまつき- 「自分なりに、お返しをしていきたい」 様々な形の“ラブソング”が詰まった最新アルバムを語る”. スパイス. 2019年8月3日閲覧。
  24. ^ 【ライブレポート】天月-あまつき-、ファンにラブレター贈った武道館公演「歩いてきた道は間違ってなかった」(写真14枚) - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. 2019年8月1日閲覧。
  25. ^ 天月-あまつき-、日本武道館の1万人に向けて「君の世界を変えに来た!」/レポート - エキサイトニュース”. excite music. 2019年8月1日閲覧。
  26. ^ 天月-あまつき-10周年ライブ完遂「この先ももっと大きな場所でみんなと会いたい」”. オリコン. 2019年8月2日閲覧。
  27. ^ 【インタビュー】天月-あまつき-、人生の中で起こるドラマチックなことや他者の箱庭を想像して作ったアルバム『箱庭ドラマチック』”. BARKS. 2019年8月1日閲覧。
  28. ^ ロッキング・オン ドットコム. (2018年5月28日). https://rockinon.com/news/detail/176608+2019年8月1日閲覧。 
  29. ^ “天月-あまつき-初のテレビレギュラー番組スタート - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. (2019年1月7日). https://natalie.mu/music/news/315093 2019年8月1日閲覧。 
  30. ^ 天月-あまつき-の売上ランキング
  31. ^ 1stアルバム『Hello, World! - 僕をはじめよう、君を連れて。-』特設ページ
  32. ^ 2ndアルバム『箱庭ドラマチック』特設ページ
  33. ^ 3rdアルバム『それはきっと恋でした。』特設ページ
  34. ^ a b 『南くんの恋人~my little lover』最終回にOP/EDテーマを歌う天月-あまつき-と上野優華がドラマ出演!”. T-SITE NEWS (2016年2月1日). 2018年3月18日閲覧。
  35. ^ a b c d e 「トモダチゲーム」に久保田悠来、主題歌務める天月-あまつき-は声でも出演”. コミックナタリー (2017年2月6日). 2018年3月18日閲覧。
  36. ^ 天月-あまつき-、「きみだけは。」がドラマ「#(ハッシュタグ)」の主題歌に”. Musicman-NET (2018年3月2日). 2018年3月18日閲覧。
  37. ^ 天月-あまつき-「きみだけは。」がドラマ主題歌に”. 音楽ナタリー (2018年3月2日). 2018年3月18日閲覧。
  38. ^ 4thシングル「恋人募集中(仮)」発売決定! - 天月Official Web Site 2018年11月17日(2018年11月18日閲覧)
  39. ^ “「7SEEDS」安居役は小野賢章、涼役は櫻井孝宏!夏Aキャスト解禁、PVやOPも”. コミックナタリー. (2019年3月22日). https://natalie.mu/comic/news/324874 2019年3月22日閲覧。 
  40. ^ 天月-あまつき-「Hello, World!」ライブをツアー形式で”. 音楽ナタリー. 2015年1月2日閲覧。
  41. ^ 天月-あまつき-、夏のツアーで“やりたい放題””. 音楽ナタリー. 2017年6月12日閲覧。
  42. ^ 天月-あまつき-“1000本のろうそく”吹き消した誕生日ライブ”. 音楽ナタリー. 2017年7月5日閲覧。
  43. ^ 天月-あまつき-、冬はホールで“やりたい放題””. 音楽ナタリー. 2017年9月22日閲覧。
  44. ^ 天月-あまつき-、全国ツアー追加公演を東京で実施”. 音楽ナタリー (2018年12月7日). 2019年4月7日閲覧。
  45. ^ 天月-あまつき-×佐香智久、仲良しツーマンで変形恋ダンス&新曲披露”. 音楽ナタリー. 2017年5月27日閲覧。
  46. ^ 天月-あまつき-、初の日本武道館ワンマン「Loveletter from Moon」開催”. 音楽ナタリー. 2018年5月16日閲覧。
  47. ^ 天月-あまつき-、初の大阪城ホール単独公演で10周年の思い告白”. 音楽ナタリ. 2019年8月13日閲覧。
  48. ^ 2年ぶり開催「Stars on Planet」に天月、あほの坂田、96猫、そらる”. 音楽ナタリー. 2017年5月26日閲覧。
  49. ^ 小林幸子、天月、アルスマグナ神生らニコ動のアーティストMCのラジオ番組始動”. 音楽ナタリー (2016年9月23日). 2017年3月3日閲覧。
  50. ^ この度、文化放送インターネットラジオチャンネル「超!A&G+」にて放送される『遊星高校ラジオ部@部員募集中!』にてパーソナリティをつとめさせていただくことになりました!”. Twitter (2018年10月2日). 2018年10月17日閲覧。
  51. ^ CHARACTER”. ウインドボーイズ!. DMM GAMES. 2019年9月20日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集