メインメニューを開く

奈須 崇(なす たかし、1973年12月22日 - )は、日本の小説家喜劇俳優劇作家大阪府八尾市出身。門真市在住。NSC13期生(吉本総合芸能学院大阪校第13期生)。身長175cm。体重75kg。血液型:O型。

なす たかし
奈須 崇
生年月日 (1973-12-22) 1973年12月22日(45歳)
出生地 日本の旗 大阪府八尾市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 小説家喜劇俳優劇作家
ジャンル 舞台ドラマ劇作家小説家
活動期間 1995年 -
活動内容 小説、舞台、ドラマ

目次

概要編集

元々は吉本興業で「G.V.」という演劇ユニットを、元ハリガネロックのユウキロック・大上、中川家礼二、元みのながの長岡・美濃、元シンドバット(のちにザ・プラン9)の鈴木・森、元おはよう。の功刀・芦澤、2丁拳銃の小堀・川谷、野性爆弾川島城野次長課長河本井上、元はないたちの花井・館といったメンバーで活動をしていた。「G.V.」とは「グリーンベレー」の略で、必ず売れる精鋭と言う意味があった。演出は湊裕美子

1998年 吉本興業を離れ、シチュエーションコメディ劇団「スクエア」に入団。第22回公演までスクエアの全公演に出演するが、2007年に退団。

2002年日本インターネット演劇大賞優秀新人賞」を受賞。

2005年釜山国際演劇祭2005」では喜劇の日本代表に選出され、日本の小劇場界で活躍する喜劇俳優として韓国放送公社テレビ番組に出演。

2008年ザ・プラン9で吉本興業所属のピン芸人鈴木つかさと、元スクエアの奈須崇による演劇ユニット「鈴木つかさ×奈須崇」を立ち上げ。脚本を担当し、自身も役者として出演。

2015年上方スピリッツ」(kinobooks キノブックス)で小説家デビュー。

2016年特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション」理事長に就任。

人物編集

柔和なルックスにもかかわらず、周到な計算により笑いを生み出していく喜劇俳優。声の高いおバカキャラを演じたと思えば、低くドスの利いた強面も平然とこなし、持前の歌唱能力の高さでミュージカル劇団の客演にも応じる演技力は、型に嵌らない多才さがある。

主な演劇祭等の参加歴編集

  • 1999年 扇町アクトトライアル'99
  • 2001年 第二回アトリエ劇研演劇祭
  • 2001年 東京国際舞台芸術フェスティバル2001リージョナルシアター・シリーズ
  • 2002年 KAVCチャレンジシアター'01-'02
  • 2002-2003年 扇町ミュージアムスクエア・Tip Collection
  • 2002年 よしもとrise-1シアタープレゼンツ BIG WEDNESDAY
  • 2002-2004年 パフォーマーin小劇場(朝日放送出演)
  • 2005年 釜山国際演劇祭2005(韓国)
  • 2005-2007年 大阪ショートプレイフェスティバル出演
  • 2006年 精華演劇祭
  • 2006年 中之島演劇祭2006

出演編集

舞台編集

  • G. V. 「Has Gone・・・」(1995年)
  • G. V. 「Getting Together」(1996年)
  • G. V. 「nothing but」(1997年)
  • スクエア第5回公演 「祝福してみる」(1999年)
  • スクエア第6回公演 「だし」(1999年)
  • スクエア第7回公演 「俺のやさしさ」(2000年)
  • スクエア第8回公演 「けーさつ」(2000年)
  • スクエア月組公演 「贅沢」(2001年)
  • スクエア第9回公演 「泊」(2001年)
  • スクエア第10回公演 「俺のやさしさ」(2001年)
  • スクエア第11回公演 「本社イチマル」(2002年)
  • スクエア月組公演 「宿題」(2002年)
  • スクエア第12回公演 「つるつる」(2002年)
  • スクエア第13回公演 「ラブコメ」(2003年)
  • スクエア第14回公演 「打つ手なし」(2003年)
  • スクエア第15回公演 「嗚呼、てんやわんやの月見うどん。」(2004年)
  • スクエア第16回公演 「ラブコメ」(2005年)
  • スクエア韓国釜山公演 「釜山国際演劇祭 THE BACKSTREET SHININGS」(2005年)
  • スクエア第17回公演 「けーさつ」(2005年)
  • スクエア第18回公演 「ザ・バックストリートシャイニングス」(2005年)
  • スクエア第19回公演 「上方スピリッツ」(2006年)
  • スクエア第20回公演 「ひかげの軍団」(2006年)
  • スクエア第21回公演 「本社イチマル」(2007年)
  • スクエア第22回公演 「つるつる」(2007年)
  • 鈴木つかさ×奈須崇 「マイナス36度の二人」「20%大喜利」「よもぎ」(2008年)
  • 鈴木つかさ×奈須崇 「スイッチ」(2008年)

主な客演舞台編集

演出作品編集

テレビドラマ編集

ラジオドラマ編集

外部リンク編集