学力偏差値(がくりょくへんさち)とは、学力試験の得点結果が受験者全体の分布の中でどれだけ高いかを示す値のことである。

定義編集

学力偏差値は、統計学により定義される。標準得点の一種であり、学力試験の得点からなるデータの分布を正規分布とみなしたときの、自分の得点が受験生全体の中でどれくらい高い・低いかを表す指標である。

正規化する(標準偏差を一律にする)ことで、受験者数や難易度が異なるデータ同士でも比較しやすくなり「個々の学力試験の学習到達度」「受験における合格可能性の判定」に利用される[1][2]

計算式[注釈 1][1][2]

偏差値 = A × {(得点 − 平均点) / 標準偏差} + B

平均偏差値とボーダー偏差値編集

大学受験などにおいて、大手予備校が公表しているものには「平均偏差値」と「ボーダー偏差値」が存在する。どちらも各予備校が模試を受けた受験生に対し、追跡調査を行い「模試の成績」と「各大学の受験結果(合否)」を照らし合わせ算出するが、両者が示す物は全くの別物である[3]

平均偏差値 ボーダー偏差値

意味・用途

「当該大学合格者」の「前年の模試における偏差値」の平均値。

「当該大学の入試」において「合否確率が半々 (50%)」になる偏差値。

主な使用機関

  • 多くの予備校が使用

留意・注意点

  • 「合格者の平均」であり「入学者の平均」ではない[5]
  • 合格者の学力を示したものではなく「学力平均値」とは乖離がある

特に平均学力が同じだとしても、競争率(倍率)が上がれば、ボーダー偏差値は上昇しやすい[6]

(例)大学A(競争率3倍)と 大学B(競争率1.5倍)の比較[7]
 大学A (合格者平均)57→(50%ボーダー)57.4
 大学B (合格者平均)57.6→(50%ボーダー)52.5
  • 正確に算出するのは困難

①.不合格者のデータを、合格者のデータと同等の精度で集める必要があるが、サンプルが集めにくい[8]

②.統計的に合否確率が50%になる地点を算出するのは困難[9]。河合塾においては、算出方法が公開されていない[10]

日本における誕生と歴史編集

1957年(昭和32年)[11][12]

東京都港区立城南中学校(当時)理科教員であった桑田昭三により考案された。「勘」[11]を依りどころに行われていた「志望校判定会議[注釈 2]」における日比谷高校の合格判定を、より科学的、合理的に割り出すために考案された[注釈 3]。当時、生徒には自分の偏差値を秘密するよう指導していた(※後述)が「あの中学では桑田先生が考案した画期的な方法で受験指導をしているらしい」という噂が徐々に広まり、偏差値の存在が知られるようになる。

1963年

城南中学校出入りのテスト業者である進学研究会は「偏差値計算をする」と言い、桑田は進学研究会に転職し、偏差値を社内で啓蒙する。間もなく偏差値は、点数と順位に代わって、テストの成績や進学情報を表す主要な方法となる。

1965年頃

広まり出し[13]、大学受験では、旺文社の『螢雪時代』1965年8月号の付録に初めて偏差値が登場する[12]

1970年代前半

全国津々浦々の地方の業者テストや学習塾などにまで広まるようになる[14]。生徒の受験校を偏差値によって切り分けるような「輪切り」と呼ばれる進路指導がなされるようになる[13]

日本での使用状況編集

日本では、学力偏差値は中学受験高校受験大学受験などを含む学力試験で広く用いられている。中学受験では、大手塾は、模試から得られた数値を元に、各中学校の「合格可能性80%偏差値」を算出し、公開している[15]

偏差値は批判を浴びるようになるようになり、1993年2月、文部省(当時)が「業者テストによる偏差値等に依存した進路指導は行わないこと」[16]を国公立教育行政機関に通達する。これにより、国公立中学内での業者テスト(模試)の実施が禁止になった。

  • 森口朗教育評論家)は、『偏差値は子どもを救う』(森口 1999)で偏差値で学力を測定することの妥当性と限界を示した。
  • 桑田昭三(開発者)は、生徒の能力を決めてしまうことにつながりかねないため、開発当初も、啓蒙時も、偏差値は生徒に知らせるべきでないと考えていた。しかし、偏差値は生徒に努力目標を明確にさせるのに便利であり、多くの学校教員は、生徒に自分の偏差値を知らせた。結果、学力偏差値が悪者扱いされてしまったことを、心底残念に思っている[17]

偏差値操作編集

日本において「各大学の学力偏差値」は単に大学への入学難易度という意味でなく、「偏差値の高い大学=良い大学」という「偏差値の高さ=ブランド」としての意味合いを持つ。受験生が大学を選ぶ指標として「ブランドとしての学力偏差値」が使用される実態があり、多くの大学が「偏差値操作」を行っている実態がある[18]

基本的な原理は「受験予備校が各大学の偏差値比較に用いる偏差値・メディアに掲載される偏差値を『意図的に操作し高くする』こと」である。大学が「複数ある入試回・方式」を用意していても、受験予備校やメディアが注目・掲載するのは「メイン方式」や「偏差値の最高値」のみなので、それらの方式の偏差値を「意図的に上げる」ことで「レベルの高い大学・人気のある大学」と受験生などに認識されることで宣伝になり、大学の価値を上げようとする企みである[19]

!効果
  • 基本原理
  • 合格者数を絞り込む

操作したい方式における合格者数を絞り込む。合格者数を高いレベルの受験生に絞り込むことで「合格者平均偏差値」においても「ボーダー偏差値」においても、実態より高い数値に操作できる。その「合格者」は、より高いレベルの大学に合格しているため、当該大学には入学しないが、他の方法(メディア掲載や予備校が大学比較に用いない方式)で学生を確保する。対外的に示す「偏差値を出すこと」と「実際の学生確保」を別個に行っている。

  • 方法①

入試方式の多様化・複雑化[20]

メイン方式以外にも、非常に多くの入試方式を設け、それらの方式で合格者を多く出すことで、メイン方式の合格者数を絞り込むことが可能である。

対策)「偏差値」を見る際には、その方式の「募集定員」や「合格者数」などを確認する必要がある[21]

  • 方法②

AO入試や推薦入試の枠の拡大[22][23]

AO入試推薦入試で学生を確保することで一般入試の倍率を意図的に操作しやすくなる[24]。2017年度時点では、私立大入学者の半数以上が推薦・AO(推薦40.5%、AO入試10.7%)で大学に入学している[25]。中堅以下の私大では約7割に上る[26]

問題点)「英語の音読をすれば一発でAO入試組だと分かるほど基礎学力が低いケースが多い川成洋[27])」「受験による、挫折も大きな成功体験もないまま学生生活を送ることでの精神的未熟[28]」などが挙げられている。少子化で受験生が減っている現状を受け、学生確保・偏差値維持の為に、学生の質が落ちることを承知していながら、多くの大学が推薦やAO入試を拡充している[29]

事例文部科学省による2017年度調査の調査では、推薦入試で定員の5割以上の合格者を出していることが発覚した武蔵大学に対し、是正意見(早急な改善を求める)が出された[30]。また、AO入試による入学者が多い大学・学部の学生の採用を避けている企業がある[31]

対策)AOや推薦入試には良い面もあるが、各大学は推薦入試の割合や基準を公表するなど「透明性」を高める必要がある[32]。上記の様な要因により、学生の学力低下を憂慮した文部科学省は、2009年に「推薦入試やAO入試には、応募に際し各種条件を課す」ように促す通達を出したが、あくまでガイドラインのため効力は薄いとされている[33]

  • 方法③

付属校からのエスカレーター入学[34]

AO入試や推薦入試と同じ理由で、一般入試の倍率を意図的に操作しやすくなる。学生が就職活動を行う際、採用側は付属出身者に対して警戒しており、出身高校をチェックしているケースがある[35]

海外での使用状況編集

海外では、あまり使われておらず[36]、入試が非常に厳しい台湾中国韓国でも偏差値は使われていない。桑田は、上級学校に合格することは、海外では自己責任であり、親も子も学校の教員に頼り、教員もそれに応えるのが職務であるかのように思っている国は、日本しかないのではないか、とインタビューで答えている[37]

  • その他の考察

偏差値の計算に必要な標準偏差は、1860年代後半にフランシス・ゴルトンが思いついたといわれている。

GRE, SAT, SATSのように、外国にも類似の指標が存在する。

Lodico, Spaulding & Voegtle 2010は、その著書「Methods in Educational Research: From Theory to Practice」において「多くの標準的学力測定では、生徒の点数を偏差値 (standard score) として通知する。それにより、生徒の学力を直接比較することが可能となる。」と述べている。

英国の国立教育研究所 (NFER) は、多くのテストで偏差値が使われると指摘した上で、素点でなく偏差値を用いる理由を説明している:「1) 受験者の得点を分かりやすい物差しの上に並べるため、2) [訳注:初等教育において]同じ学年の中で誕生月による影響を補うため、3) 複数の試験の得点を意味のある形で比較したり合計したりするため」[38]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Lodico, Spaulding & Voegtle 2010
  2. ^ a b What are SATS”. SATsguide.co.uk. 2012年5月12日閲覧。 “SATS (Standard Assessment Tests) tests are given at the end of year 2, year 6 and year 9. They are used to show your child's progress compared with other children born in the same month. The mean (average) score for each age group on an assessment is set at 100 and the standard deviation at 15.”
  3. ^ https://hensachiterrace.com/trivia/18656
  4. ^ https://www.kawai-juku.ac.jp/exam-info/kinki/inochinomori/information/ctg01/006/
  5. ^ http://sp.jukutown.com/ozakijuku/blog/detail/77387/
  6. ^ https://hensachiterrace.com/trivia/18656
  7. ^ https://ameblo.jp/n-polanyi/entry-12450580422.html
  8. ^ http://sp.jukutown.com/ozakijuku/blog/detail/77387/
  9. ^ https://hensachiterrace.com/trivia/18656
  10. ^ https://www.kawai-juku.ac.jp/exam-info/kinki/inochinomori/information/ctg01/006/
  11. ^ a b なぜ日本は偏差値が嫌いなのに使い続けるのか 考案した元・中学教員が語った“生徒のために作った偏差値が悪者になるまで” (1/3)”. ねとらぼ (2020年3月4日). 2020年3月23日閲覧。
  12. ^ a b 日本財団図書館(電子図書館) 私はこう考える【教育問題について】 1999年2月6日 毎日新聞朝刊。
  13. ^ a b 「偏差値」ってそもそも何?マイナスイメージがあるのはなぜ?[高校受験]|ベネッセ教育情報サイト” (2018年10月9日). 2020年3月23日閲覧。
  14. ^ なぜ日本は偏差値が嫌いなのに使い続けるのか 考案した元・中学教員が語った“生徒のために作った偏差値が悪者になるまで” (3/3)”. ねとらぼ (2020年3月4日). 2020年3月23日閲覧。
  15. ^ 中学受験 首都圏の中学校42校の偏差値を徹底研究”. 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』. 2020年10月6日閲覧。
  16. ^ 高等学校入学者選抜について(通知):文部科学省
  17. ^ “「新教育の森」キーワードの軌跡 今週のテーマは・・・偏差値 受験生減少で崩壊か”. 毎日新聞(朝刊). (1999年2月6日). http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/258.htm 
  18. ^ https://buzzap.jp/news/20130320-university-deviation-value/
  19. ^ https://kanagaku.com/archives/31205
  20. ^ https://buzzap.jp/news/20130320-university-deviation-value/
  21. ^ https://kanagaku.com/archives/31205
  22. ^ https://buzzap.jp/news/20130320-university-deviation-value/
  23. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452
  24. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64141
  25. ^ https://urbanlife.tokyo/post/27706/
  26. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=4
  27. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=2
  28. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=3
  29. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452
  30. ^ https://univ-journal.jp/19442/?show_more=1
  31. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=3
  32. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64141?page=4
  33. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=4
  34. ^ https://buzzap.jp/news/20130320-university-deviation-value/
  35. ^ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/452?page=4
  36. ^ 大学はこうして選ぶ”. 2012年5月12日閲覧。 “アメリカには日本の偏差値ようなシステムがありません。”
  37. ^ 偏差値の生みの親・桑田昭三氏へのインタービュー (PDF)
  38. ^ What do test scores mean?”. 2012年5月12日閲覧。 “"1) In order to place test takers' scores on a readily understandable scale"; "2) In educational tests, so that an allowance can be made for the different ages of the pupils"; "3) So that scores from more than one test can be meaningfully compared or added together"”

注釈編集

  1. ^ 日本では「平均を50、標準偏差を10」(すなわち、A = 10, B = 50)にした偏差値であるが、SATGREではA = 100, B = 500であり、SATSではA = 15, B = 100である
  2. ^ 12月中頃行われていた
  3. ^ コンピュータが普及していなかった当時、桑田はテストごとに生徒一人一人の偏差値を一人で手作業で計算していた

参考文献編集

  • 森口朗『偏差値は子どもを救う』草思社、1999年10月。ISBN 4794209223
  • Lodico, Marguerite G.; Spaulding, Dean T.; Voegtle, Katherine H. (2010). Methods in Educational Research: From Theory to Practice (2nd ed.). John Wiley& Sons. p. 91. ISBN 9780470436806. OCLC 495547194. http://books.google.co.jp/books?id=91t15L6HYDIC&pg=PA91&lpg=PA91#v=onepage&q&f=false. "Many standardized measures report student scores as standard scores, allowing a direct comparison of student performance." 

関連項目編集

外部リンク編集