学校法人暁星学園

学校法人暁星学園(がっこうほうじんぎょうせいがくえん)は、東京都千代田区富士見に所在し、幼小中高一貫教育を提供するフランスカトリック学校法人である。暁星幼稚園暁星小学校暁星中学校・高等学校を設置運営している。千葉県学校法人暁星国際学園とは無関係である。

学校法人暁星学園
Gyousei-Schoolhouse.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 宗教法人カトリックマリア会 (The Society of Mary)
校訓 誠実勤勉
設立年月日 1888年2月
創立者 アルフォンス・ヘンリック
共学・別学 男子校(一部は共学)
所在地 102-8133
公式サイト 学校法人暁星学園
公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

パリのカトリック教育修道会マリア会の5人の宣教師(アルフォンス・ヘンリック、ニコラス・ワルテル、ジョセフ・セネンツ、ルイ・シュトルツ、カミーユ・プランシュ)により1888年明治21年)2月、カトリック築地教会東京府東京市京橋区築地)の敷地内に神学校として開設した家塾が暁星学園の母体である。マリア会の歴史は、19世紀の初頭、フランス南西部の中心都市ボルドーに始まる。フランス革命の荒廃した社会風潮から「青少年を守ろう」と、シャミナード神父が7人の修道士に呼び掛け、教育修道会マリア会を組織した。

同会から派遣された4名のフランス人と1名のアメリカ人宣教師が1888年1月来日し、家塾が開設された。2年後には現在地九段の高台に移転したが、初めは「わずか六人の生徒」を数えるだけの“寺子屋”的な教育機関に過ぎなかった[1]

同年8月に麹町区元薗町2丁目4番地の借家を校舎とする私立暁星学校が設立認可される。1890年(明治23年)には現在地に移転し暁星小学校(旧制)の設立が認可される。1899年(明治32年)には暁星中学校(旧制)が設立認可される。1919年大正8年)には卒業生にフランスのバカロレアと同等の資格が与えられることになった。

1923年関東大震災では校舎に引火し被害が甚大な物となったが、ローマ教皇庁はじめ世界中の国々からの浄財が集められ1925年に校舎が再建された。学制改正により暁星初等・中等学校となる。太平洋戦争中は学童疎開において暁星疎開学園委員会を結成し軽井沢や箱根、山梨に分かれて疎開した。

戦後の学制改革により、暁星初等・中等学校は、暁星小学校暁星中学校となる。1948年には暁星高等学校が認可設立され、小中高の一貫教育を開始した。1969年には暁星幼稚園が設立され、幼小中高一貫教育を開始する。

『キリスト教の理念に基づく教育により、人格の完成をめざすと共に社会の福祉に努める人物を育成すること』を建学の精神とし、フランス語を必修としている。これは、外交官や欧米先進国の上流社会では「フランス語が公用語」となっており、英語が主流となった現在でもなお「日常語はフランス語」でなされ、フランス語は「上流階級のステータス」とされるためである。このことから、フランスとの関係を主とする国際的な一面もあり、卒業式には、フランスやバチカン大使館員なども来賓として訪れる。また、生徒間での交流は特に無かったものの、隣接する場所にはフランス系の外国人学校、リセ・フランコ・ジャポネ・ド・東京があったが、2012年5月に移転し跡地は現在マンションが建っている。開校当初から「外交官の養成機関」といわれるほど、国際人として海外で活躍する優れた人材・異才を政財界から芸能の世界に至るまで、数多く世に送り出してきた[2][1][3]。カトリックの男子校としては日本で最初の学校であり、歴史、伝統、実績などから名門校とされている[4][1]

沿革編集

設置学校編集

関連法人編集

いずれもマリア会を母体とする学校法人である。

千葉県学校法人暁星国際学園とは無関係である。

脚注および参照編集

  1. ^ a b c 二見喜章 『現代日本の名門校―「人材を育む」この中高一貫校』 主婦の友社1998年8月、118-121頁。ISBN 978-4072233498
  2. ^ 鈴木隆祐 『名門高校人脈』 光文社新書2005年ISBN 4-334-03317-2
  3. ^ 暁星高等学校 | 同級生交歓 - 文藝春秋WEB”. 2018年3月4日閲覧。
  4. ^ 週刊読売 55(42), 130-131, 1996-09-29 「現代日本の名門校」-23-暁星学園 読売新聞社

外部リンク編集