メインメニューを開く

孫 祥(そん しょう、Sun Xiang, 1982年1月15日 - )は中華人民共和国上海市出身の元サッカー選手。元中国代表。現役時代のポジションはディフェンダー

孫祥 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スン・シアン
ラテン文字 Sun Xiang
簡体字 孙祥
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
生年月日 (1982-01-15) 1982年1月15日(37歳)
出身地 上海市
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF (LSB)
代表歴
2002–2013 中華人民共和国の旗 中国 69 (5)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

2004年から中国代表に定着し、同年のAFCアジアカップFIFAワールドカップ・アジア1次予選、翌2005年東アジア選手権にレギュラーとして出場。所属する上海申花でも主力として活躍し、中国を代表するプレイヤーの一人としての地位を確立した。

2006年オランダエールディヴィジPSVアイントホーフェンでのトライアルを経て、2007年1月に同クラブへ期限付きで移籍。同年2月20日UEFAチャンピオンズリーグアーセナル戦に途中出場し、同大会に出場した初めての中国人選手となる。欧州Lで4試合に出場しオランダ・エールディビジで5試合出場したが、怪我などもあって精彩を欠き、契約条項にあった買い取りのオプションは行使されず、シーズン終了後に中国へ帰国した。

2008年7月オーストリア・ブンデスリーガFKアウストリア・ウィーンへの期限付き移籍が決定。再びの欧州挑戦となった。

双子の兄・孫吉もプロサッカー選手で、中国代表経験者である。上海申花では兄弟でプレーし、PSVのトライアルにも二人で参加した。兄は右サイド、弟は左サイドでのプレーを得意とする。

2015年リーグ戦2位、翌年ACL初出場でベスト8に貢献した。

2010年から広州恒大に加入し、2013年アジアチャンピオンズリーグCL優勝に貢献した。

2015年に故郷上海の上海上港へ入団、キャプテンを務めチームのリーグ戦準優勝、アジアチャンピォンズリーグベスト8進出に貢献。

2016年末にリンパ癌が判明し、療養のため翌シーズンからは選手登録を外れ事実上現役引退状態にある。

所属クラブ編集

タイトル編集

個人編集

外部リンク編集