宇都宮タワー

宇都宮タワー
Utsunomiya Tower
宇都宮タワー
情報
用途 電波塔、展望台
構造形式 S及びRC造
高さ 89m(海抜高247m)
竣工 1980年昭和55年)11月15日[1]
座標 北緯36度34分13.4秒
東経139度53分9.3秒
テンプレートを表示

宇都宮タワー(うつのみやタワー)は栃木県宇都宮市塙田五丁目の八幡山公園内に所在する電波塔である。高さは89m[2]。展望台は30mの位置にある。

目次

概要編集

宇都宮市内は、1970年代まで東京タワーから送出されるテレビ放送の電波を直接受信していた。しかし1982年昭和57年)に東北新幹線が開業することになり、それにより市内で大規模な受信障害が発生する懸念があった[要出典]。そのため、これを解消するために中継局が設置されることとなり1980年(昭和55年)に落成した[1]

1999年平成11年)、国内で最後発の県域民放テレビ局であるとちぎテレビが開局するにあたってこのタワーを親局として利用した。また、2011年(平成23年)の地上デジタル完全移行をめどにNHK宇都宮局総合テレビの県域放送化が検討され、2012年(平成24年)4月1日より開始された[1][3]

「日本一の地平線が観られる」と展望台に案内が出ている。

観光編集

地上30メートルの位置に展望台が設置されており、宇都宮市内を一望できる。もともと高い位置(標高158.7m)に設置されているため、展望台の高さが低くても一望することができる。料金は段階的に値下げされ、2012年4月1日から大人が190円(310円→200円→190円と変遷)、小・中学生が90円(150円→100円→90円と変遷)。なお団体料金は2012年に変更はなく大人100円(以前230円)、小・中学生は50円(以前110円)。また、市内に在住(通学)している高校生以下も無料で上ることができる。営業時間は9時から16時30分までだが、桜のシーズンなどは延長されることもある。休館日は月曜日、祝祭日の翌日、12〜2月の第3日曜日、年末年始(但し、元日は初日の出鑑賞のため、初日の出時間帯は事前応募の抽選制で、その後は午前10時まで無料開放の特別営業)である。マスコットキャラクターやおみやげ売り場、パンフレットなどはない。2001年(平成13年)4月よりライトアップされているが、2003年(平成15年)4月5日よりシーズンによってライトカラーを変更するようにした。ただし、星空観察や全国で行われる夜景スポットの消灯キャンペーン時にはライトアップされない[4]

放送送信施設編集

地上デジタルテレビ放送送信設備編集

リモコンキーID 放送局名
区分
呼出符号 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK宇都宮総合 JOBP-DTV[5][3] 47ch 100W[5] 720W[5] 栃木県[3] 約43万世帯
2 NHK東京教育 (中継局) 39ch 全国放送
3 とちぎテレビ JOGY-DTV[6] 29ch 760W[6] 栃木県
4 日本テレビ (中継局) 34ch 630W[7] 関東広域圏
5 テレビ朝日 17ch
6 TBSテレビ 15ch
7 テレビ東京 18ch
8 フジテレビ 35ch
  • NHK総合ととちぎテレビは親局だが、NHKEテレと在京民放5波は東京スカイツリー親局からの電波を再送信する中継局扱いである。
  • とちぎテレビアナログテレビ用・宇都宮中継局アナログテレビ用受信アンテナを設置していない場合、新たにデジタルテレビ用UHFアンテナを設置する必要がある。
  • NHK総合については2009年(平成21年)度から3か年の経営計画においてテレビの完全デジタル化後に関東広域圏の広域放送から栃木県の県域放送へ移行すべく検討に入ることが明記され、2012年(平成24年)4月1日から「JOBP-DTV」[5][3]のコールサインが付与され、東京・放送センターの中継局から宇都宮放送局の親局としての機能に切り替わった。
  • 出力についてはアナログ換算で1kW相当となるため、とちぎテレビ以外は実質10倍の大増力となる。

地上アナログテレビ放送送信設備編集

全局2011年(平成23年)7月24日廃局

チャンネル 放送局名 呼出符号
中継局名
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
31[8] とちぎテレビ JOGY-TV 映像1kW[8]
音声250W
映像7.6kW
音声1.9kW
[要出典]
栃木県[8] 39万0142世帯[要出典]
41(19)[9] テレビ朝日 宇都宮中継局 映像100W[8]
音声25W
映像760W
音声190W
[要出典]
関東広域圏[8] 約33万9000世帯[要出典]
44(17)[9] テレビ東京
49(27)[9] NHK東京教育 映像790W
音声200W
[要出典]
全国放送[8]
51(29)[9] NHK東京総合 映像810W
音声200W
[要出典]
関東広域圏[8]
53(25)[9] 日本テレビ 映像760W
音声190W
[要出典]
55(23)[9] TBSテレビ
57(21)[9] フジテレビ
  • とちぎテレビは親局だが、それ以外は東京タワー・東京親局からの電波を再送信する中継局扱いであった。
  • ()内はアナアナ変換前のチャンネル。

歴史編集

  • 1980年昭和55年)10月3日 - NHKと在京民放広域局のアナログ中継局が開局[1]
  • 1999年平成11年)11月1日 - とちぎテレビ開局に伴い、アナログ送信所が開局。
  • 2004年(平成16年)7月20日 - 2005年(平成17年)8月31日 この期間中にとちぎテレビ以外のチャンネルが、アナアナ変換[9]により変更。
  • 2005年(平成17年)12月1日 - とちぎテレビのデジタル送信所及びNHKと在京民放広域局のデジタル中継局が開局[1]。当初は、出力を抑えていた。
  • 2011年(平成23年)7月24日 - 全アナログ送信所・中継局が廃局。
  • 2012年(平成24年)3月30日 - NHK総合テレビの県域放送が総務省関東総合通信局から許可。県域放送に伴う免許状が交付され[3]2012年(平成24年)4月1日に総合テレビの管籍が東京・放送センターから宇都宮放送局に変更[1]

タワーが登場する作品編集

  • 県民の歌 - オープニングで八幡山公園の桜と共に登場する。

ギャラリー編集

タワー編集

タワー内部編集

景観編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集