安西勝一

日本の将棋棋士

安西 勝一(あんざい しょういち、1963年7月2日 - )は、将棋棋士東京都板橋区出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号174。

 安西勝一 七段
名前 安西勝一
生年月日 (1963-07-02) 1963年7月2日(57歳)
プロ入り年月日 1985年12月18日(22歳)
棋士番号 174
出身地 東京都板橋区
師匠 佐瀬勇次名誉九段
段位 七段
戦績
2016年3月31日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

  • 羽生善治と同日に四段に昇段した(1985年12月18日奨励会例会にて)。
  • 2004年4月より女流育成会幹事を務めた。(2009年3月末、女流育成会の廃止により退任)
  • プロ入り以来、順位戦との相性が悪く、C級2組に19期在位して最終局まで昇級争いに残ったのは第50期(1991年度)のみ[1]、第63期(2004年度)で降級点の累積が3点となり、規定によりフリークラスに降級し、順位戦への参加資格を失った。その後10年以内の復帰は叶わず、2016年4月1日の第65期王将戦一次予選で石井健太郎に破れたのを最後に現役を引退した[2]
  • 順位戦を除く棋戦では、コンスタントに実績を残している。第32期(1990年度)王位戦では予選を勝ち上がり挑戦者決定リーグに白組で出場。3回戦終了の時点でリーグ陥落が確定していたものの、最終戦でそれまで4戦全勝だった郷田真隆[3]に勝ち、郷田のリーグ全勝を阻止し中田宏樹とのプレーオフにもつれ込ませる[4]と同時に、自身のリーグ全敗を回避した。

棋風編集

  • 振り飛車党であるが、居飛車も指しこなす。特に振り飛車を得意とする女流棋士に対しては、相振り飛車の採用が多い。

人物編集

  • 将棋ファンからは「安西先生」と呼ばれ[5]親しまれた。兄弟子の高橋道雄九段と仲が良く、引退間際まで、高橋ブログに度々練習将棋をした事が記されている[6]

昇段履歴編集

主な成績編集

  • 1997年8月5日、通算200勝達成

公式戦本戦出場歴編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ 有森浩三石川陽生の昇級が確定し、残り1枠が争われる状態で迎えた最終局、1敗で丸山忠久、2敗で丸山より順位が高かった中田功、安西、畠山鎮が昇級の可能性を残しており、安西は自身が勝ち、丸山、中田がいずれも負けていたらC級1組に昇級していたが、平藤真吾に敗れ脱落した。
  2. ^ a b 安西勝一六段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  3. ^ 郷田は翌期に史上最低段位(四段)で王位を獲得する。
  4. ^ プレーオフは中田が勝利、挑戦者決定戦でも中田が小林健二に勝利して、当時の王位・谷川浩司への挑戦者となったため、安西が郷田に与えた黒星は、結果的に王位戦七番勝負の歴史に大きな影響を与えたと言える。
  5. ^ 漫画「スラムダンク」に「安西先生」(本名は安西光義)という人物が登場する。
  6. ^ 棋士高橋道雄のはっぴーだいあり(2015.4.13ほか)
  7. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集