室井 光広(むろい みつひろ、1955年1月7日 - 2019年9月27日)は、日本小説家文芸評論家

来歴編集

福島県南会津郡下郷町出身。生家は農家

福島県立会津高等学校から早稲田大学政治経済学部に入学するが、理数音痴のために行き詰まり、演劇に興味を持ち始める。ドストエフスキーに熱中した後にキルケゴールに関心を持ち、帰郷してデンマーク語を独習する。ロンドンから取り寄せたテープでアンデルセン童話を聞く。21歳のとき、早稲田キャンパス新聞主催の第8回キャンパス文芸賞にドストエフスキー論で入選(選考委員は秋山駿)。慶應義塾大学文学部に再入学し、哲学科を卒業。在学中は慶應義塾外国語学校ロシア語を学び、東アジア諸国の言語も独習する。卒論ミシェル・フーコー

拓殖大学図書館司書として勤めているときにホルヘ・ルイス・ボルヘスに出会い、俳句短歌評論小説などを書き始める。図書館を退職して32歳から主夫生活を送る。

1988年、「零の力 J.L.ボルヘスをめぐる断章」で第31回群像新人文学賞評論部門当選。

1991年駿台予備学校英語科講師として就職。このときの同僚に今井宏がいる。同年、『群像』に「猫又拾遺」を発表し、小説家としてもデビュー。1994年、「おどるでく」で第111回芥川龍之介賞受賞。「芥川賞受賞作史上最低の売れ行き」であったと発行元から漏れ聞くが、田中和生には「とても光栄なことでは」との言葉をもらう。

1995年東京工業大学で講義を担当。1998年立教大学で講義を担当。2001年、慶應義塾大学・久保田万太郎講座や早稲田大学で講義を担当。2006年東海大学文学部文芸創作学科助教授。同年より神奈川県大磯町西小磯に在住。2007年准教授。

2011年東日本大震災を機に商業的な執筆活動を終了する。2012年、東海大学退職。文学塾てんでんこを立ち上げ、主宰となる。

2019年9月27日、死去[1]

作品リスト編集

  • 『漆の歴史――history of Japan』(私家版詩歌句集、1988年、限定2部。1996年再刊、限定12部)
  • 『猫又拾遺』(1994年4月、立風書房
    • 「猫又拾遺」(「群像」1991年10月号)
    • 「あんにゃ」(「群像」1992年9月号)
    • 「かなしがりや」(「群像」1993年8月号)
  • 『おどるでく』(1994年7月、講談社
    • 「おどるでく」(「群像」1994年4月号)
    • 「大字哀野」(「群像」1994年8月号)
  • 『そして考』(1994年9月、文藝春秋
    • 「そして考」(「文學界」1994年4月号)
    • 「ヴゼット石」(「文學界」1994年9月号)
  • 『零の力』(1996年3月、講談社)
    • 「零の力――J・L・ボルヘスをめぐる断章」(「群像」1988年6月号)
    • 「木乃伊取り――実践的批評について」(「群像」1989年2月号)
    • 「靈の力――エズラ・パウンドを思う」(「群像」1991年9月号)
    • 「批評家失格という事――初期小林秀雄の可能性」(「群像」1992年11月号)
    • 「声とエコーの果て――新三位一体論」(「群像」1995年4月号)
  • 『縄文の記憶』(1996年8月、紀伊國屋書店
  • 『あとは野となれ』(1997年、講談社、初出「群像」1997年4月号)
  • キルケゴールアンデルセン』(2000年、講談社)
  • 『カフカ入門――世界文学依存症』(2007年、東海大学出版会)
  • ドン・キホーテ讃歌――世界文学練習帖』(2008年、東海大学出版会
  • プルースト逍遥――世界文学シュンポシオン』(2009年、五柳書院
  • 柳田国男の話』(2014年、東海教育研究所)
  • 『わらしべ集』(乾の巻、坤の巻、2016年、深夜叢書社)
  • 『詩記列伝序説』(2020年、双子のライオン堂出版部)
  • 『多和田葉子ノート』(2020年、双子のライオン堂出版部)

単行本未収録作品編集

  • 「ナワの回転」(「群像」2003年1月号)
  • 「エセ物語」(「三田文学」2008年秋号から12回の連載、その後「てんでんこ」連載)

翻訳書編集

脚注編集

  1. ^ “作家の室井光広氏死去”. 時事ドットコム. (2019年10月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100100909&g=obt 2019年10月1日閲覧。 

外部リンク編集