宮崎東映劇場(みやざきとうえいげきじょう)は、かつて宮崎県宮崎市中央通3丁目にあった東映系列の映画館東映の子会社である九州東映事業が運営していた[1]昭和30年代初頭に開館し、1999年(平成11年)1月17日に閉館した。

宮崎東映劇場
Miyazaki Toei Theater
情報
閉館 1999年1月17日
客席数 180席
用途 映画上映
運営 九州東映事業
所在地 880-0002
宮崎県宮崎市中央通3-47 東洋ビル4階・5階
位置 北緯31度54分56.6秒 東経131度25分17.9秒 / 北緯31.915722度 東経131.421639度 / 31.915722; 131.421639 (宮崎東映劇場)座標: 北緯31度54分56.6秒 東経131度25分17.9秒 / 北緯31.915722度 東経131.421639度 / 31.915722; 131.421639 (宮崎東映劇場)
テンプレートを表示

沿革編集

宮崎東映劇場編集

  • 昭和30年代初頭:宮崎東映劇場として開館[1]
  • 1970年代 : 2スクリーン化。
    • 宮崎東映劇場。
    • 宮崎東映パラス。
  • 1980年代 : 改称。
    • 宮崎東映シネマ1
    • 宮崎東映シネマ2。
  • 1993年 : 中央通6丁目から中央通3丁目の東洋ビルに移転。1スクリーン。
    • 宮崎東映劇場 - 180席。
  • 1999年(平成11年)1月17日:東映直営館としては閉館[1]。観客数の低迷による経営難が理由[1]。支配人は異例の若さで抜擢されていた青松俊哉だった[2]

宮崎マジソン・シアター編集

  • 1999年(平成11年)1月23日:マジソン・エンターテイメントが経営を引き継いで3スクリーンの映画館として開館。
    • 宮崎ピカデリー - 202席。松竹チェーンのピカデリー1系の作品を中心とする大作・話題作を上映。
    • 宮崎シネサロン - 57席[3]。単館系・アート系の作品を中心に上映。
    • 宮崎マジソン・シアター - 159席。松竹系・東宝系を問わず新作を上映。
  • 2007年12月21日に閉館。

データ編集

  • 1993年以前の所在地
    〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通6-2
  • 1993年以後の所在地
    〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通3-47 東洋ビル4階・5階
  • アクセス
    JR宮崎駅から徒歩10分。
    宮崎交通バス「橘通3丁目」または「デパート前」バス停から徒歩2分。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 「また1つ映画館が消える 17日、宮崎東映劇場が閉館」『毎日新聞』1999年1月9日
  2. ^ 宮崎キネマ館の3代目支配人に就任した 青松俊哉さん”. 宮崎日日新聞 (2016年4月2日). 2019年10月5日閲覧。
  3. ^ 映画やっちょります!”. 2021年1月24日閲覧。

外部リンク編集