宮本邦彦 (警察官)

宮本 邦彦(みやもと くにひこ、1953年2月17日 - 2007年2月12日[要出典][1]は、日本警察官ときわ台駅での人命救助の際に殉職した。死亡時の身分は警視庁板橋警察署巡査部長(死後に二階級特進で警部に昇進)。位階は正七位

みやもと くにひこ
宮本 邦彦
生誕 (1953-02-17) 1953年2月17日
日本の旗 日本 北海道札幌市
現況死去
死没 (2007-02-12) 2007年2月12日(53歳没)
日本の旗 日本 東京都板橋区
職業警視庁警察官
肩書き警視庁巡査部長(死後警部に二階級特進)
栄誉正七位
旭日双光章

生涯編集

生誕編集

1953年(昭和28年)2月17日、北海道札幌市に生まれる。運動が苦手な子供だったらしく、父親が作った鉄棒も使えないほどだった。中学生になると新聞配達を始め、父親に手伝ってもらった際「少し手伝ってやろう。一旦始めたからには途中で投げ出すなよ。『伏してぞ止まん』だぞ、邦彦!」と言われ、この「伏してぞ止まん」という言葉が宮本の座右の銘になったという[2]。また、宮本は姉弟と3人で父親の晩酌徳利に湯を入れるいたずらをした。これを飲み干した父親は3人を怒鳴りつけ、これを見かねた母親は「今日は4月1日エイプリルフールですよ。あまり厳しく叱らないで」というと、父親は「かあさん、そんな言い訳で子供たちを盛うんじゃない。世の中は嘘やサギまがいがまかり通っているが、せめて家族の間でだまし合いだけはいやなんだ」といった。母親はこれに 「家族はいつも信頼し合うのが、とうさんとかあさんの願いですからね」といった。この言葉は宮本にとってずっと忘れられないことだった[3]

警察学校編集

札幌光星高等学校から北海学園大学経済学部海保幸世ゼミ所属[4])に進学した宮本は、1976年(昭和51年)に大学を卒業して警視庁に採用された。警察学校時代の宮本は特に剣道が苦手だったが、毎晩のように居残り稽古をしていたという。その後も稽古を重ね、三段になっていた。

宮本が警察官になってまもなく、警察学校の同期らの間で将来の志望が話題になった。多くの同僚が刑事機動隊になりたいと言う中で宮本は駐在所勤務になりたいといった。同期らは「宮ちゃん(宮本の愛称)らしいな」と揃って笑ったという。

宮本は卒業アルバムに「誠実 誠心 誠意」と記していた。

警察学校卒業後編集

警察学校を卒業した宮本は町田署千住署勤務を経て、2004年(平成16年)に板橋署常盤台交番勤務を命じられた。1985年(昭和60年)に結婚し、翌年には長男が生れた。彼はよく「時間が出来たら家族とキャンピングカーに乗って日本中を旅したい」と言っていたという。

殉職編集

2007年2月6日、宮本は「女性が線路内に入っている」という通報を受けた。駆けつけた宮本は女性を説得して、一時は交番まで連行したが、女性は、隙を見て交番を駆け出して踏切から線路に入った。宮本はすぐに後を追い、女性を連れ出そうとしたが、駅を通過する急行電車(10030系11641F+11444Fの10両編成)にはねられた。 女性は腰の骨を折るなどの重症を負ったが一命はとりとめた、一方、宮本は重体で6日後の2月12日[要出典]殉職した。享年53歳。

死後編集

  • 宮本は人命救助としては珍しい二階級特進を経て巡査部長から警部に昇進した。
  • 宮本は石原慎太郎都知事(当時)から都知事顕彰を受け、さらに3月1日には安倍晋三首相(当時)から正七位旭日双光章を授与した。
  • 6月18日には宮本の勇気を讃える記念碑「誠の碑」の除幕式が、常盤台交番に隣接する当駅北口前で行われた。
  • また、この事件を題材とした絵本「伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です。」が出版され、翌年には千の風になって ドラマスペシャルで宮本を題材とした「死ぬんじゃない!〜宮本警部が残したもの〜」が放送され三宅裕司が宮本を演じた。

参考文献編集

「伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です。」 2008年 山口秀範

脚注編集

  1. ^ 山口秀範 『伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です。』p.
  2. ^ 山口秀範 『伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です。』p.
  3. ^ 山口秀範 『伏してぞ止まん ぼく、宮本警部です。』p.
  4. ^ 北海学園大学学報69号、2007、p3