宮澤清六

宮澤賢治の弟
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 宮沢清六
  • 宮澤清六

宮澤 清六(みやざわ せいろく、1904年(明治37年)4月1日 - 2001年(平成13年)6月12日)は、宮沢賢治宮沢トシの実弟。全集の校訂者として賢治研究に貢献した。

経歴編集

賢治の8歳下の弟として岩手県稗貫郡花巻川口町(現・花巻市)に生まれ育つ。

1922年、旧制盛岡中学校(岩手県立盛岡第一高等学校)卒業。同年11月27日、6歳上の姉トシが死去。同年12月、東京研数学館[1]に入学。東京市本郷区に下宿。数学を学ぶ。

1924年、一年志願兵として弘前歩兵第31聯隊に入隊。

1926年、見習士官として除隊。同年5月、父宮澤政次郎と共に、故郷花巻で宮澤商会を開業。金物建材電導材自動車部品を扱う。これにより賢治の幼少時より課題となっていた「古着商からの家業の転換」がようやく実現した[2]。賢治が農学校を退職して独居自炊の生活を始めることができたのは、清六によるこの転業も一役買っている。賢治が病臥してからはその看病にも当たった。

1933年9月21日、8歳上の兄・賢治が死去。その前夜、賢治から「俺が死んだら原稿はみんなおまえにやるから、本にして出したいといってくるところがあれば出してくれてもいい」と後事を託された。その遺言に従い、草野心平高村光太郎らの助力を得て翌年には最初の宮澤賢治全集(文圃堂)の刊行にこぎ着ける。以後、永年にわたって賢治の遺稿の保存整理に尽力し、あらゆる版の全集の編纂校訂に携わった。賢治の生前より清六は賢治の文学活動のよき理解者であり、賢治の遺稿を所蔵していた当時も隠匿せずに希望する研究者には開示したことが天沢退二郎らによって記されている。また、校訂についても既存の立場を絶対化せず、1964年には森荘已池らとの協議の末に『銀河鉄道の夜』の本文変更を行ったり、1971年には当時まだ賢治の専門研究者とはみなされていなかった天沢や入沢康夫に次の全集の編集を委ねることを決断して原稿の逐次形態を全面的に開示する画期的な『校本 宮澤賢治全集』の刊行に道を開くなど柔軟な姿勢を取り、多くの研究者から尊敬を集めた[3][4]

戦時中、賢治との縁から東京の空襲で焼け出された高村を1945年5月に招き入れるが、宮澤家自体も8月10日花巻空襲に遭い焼失する[5][6]。このとき、賢治の遺稿の多くを被害から守り抜いた[7]。戦後に高村は郊外の太田村山口(現・花巻市)の小屋(高村山荘)に転居した[5][6]

戦後は、岩手県民生委員児童委員を歴任。1957年12月1日に父政次郎が死去、1963年6月30日に母イチが死去。戦後も守り続けた賢治の遺稿は1981年花巻市に寄贈し、現在は宮沢賢治記念館に収蔵されている。

1987年筑摩書房から著書『兄のトランク』を上梓。

1993年3月5日ヘクトから発売されたスーパーファミコン用ソフト、『イーハトーヴォ物語』(イーハトーヴォものがたり)のスペシャル・サンクス一覧に宮澤清六の名前が記載されている。

2001年6月12日老衰のため死去。享年97。賢治の4人の弟妹の中では最も長命でかつ最後の存命者でもあった。

人物編集

賢治の影響もあり、若い頃は科学の勉強を行ったことから、後年に至るまでSF作品を愛好していた。アニメ『未来少年コナン』の熱心な視聴者であったことを、「校本 宮澤賢治全集」の編集に参加した入沢康夫[8]が書き記している。C・W・ニコルなどの著名人と宮沢賢治の研究活動の共同に貢献する。

子孫編集

孫の宮澤和樹は、株式会社林風舎代表取締役として、花巻市で賢治関連商品を扱っている。

脚注編集

  1. ^ 当時の研数学館は受験予備校ではなく数学の私塾だった。
  2. ^ 賢治が質・古着商を嫌悪したことはよく知られているが、父・政次郎もより近代的な事業への転業の必要性は認識していた。賢治は盛岡高等農林学校の研究生時代に人造宝石製造業のプランを出したが、政次郎は事業性を疑問視し、実現しなかった。
  3. ^ 体験的書誌学論『校本宮沢賢治全集』と『柳田国男全集』の編集を通じて 『図書の譜』(明治大学図書館紀要)1号、1997年(入沢康夫と後藤総一郎の対談。校本全集刊行決定の経緯が紹介されている)
  4. ^ 山下聖美は、1999年の著書『検証・宮沢賢治論』(D文学研究会・星雲社)で「賢治に都合の悪いことを言おうとする研究者に圧力をかけ、「銀河鉄道の夜」の猫によるアニメーション化にも反対し続けた」(最終的には天沢退二郎らの説得により了承し、その仕上がりを評価した)と記している。もっとも「圧力」を裏付ける具体的な事例は示されておらず、この見解が研究者の間で広く共有されているとは言い難い(清六の生前より賢治に好意的ではない評論は複数存在する)。
  5. ^ a b “光太郎の心、今も 東京で空襲、賢治の縁で疎開”. 朝日新聞. (2020年8月22日). https://www.asahi.com/articles/ASN8P6QBHN8LULUC00Z.html 2021年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b 宮沢清六「花巻から山小屋までの高村先生」『兄のトランク』筑摩書房、1987年、pp.152 - 157(初出は『文藝』臨時増刊『高村光太郎読本』、河出書房、1956年)
  7. ^ 宮沢清六「焼け残った教材絵図について」『兄のトランク』筑摩書房、1987年、pp.158 - 163(初出は『宮澤賢治 科学の世界-教材絵図の研究』筑摩書房、1984年)
  8. ^ 『兄のトランク』(新版・ちくま文庫、1991年)の解説「宮沢清六さんのこと」

関連項目編集