寺島義幸

寺島 義幸 (てらしま よしゆき、1953年8月28日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。長野県議会議員(6期)、長野県議会議長(第84代)を務めた。

寺島 義幸
てらしま よしゆき
生年月日 (1953-08-28) 1953年8月28日(64歳)
出生地 日本の旗 長野県立科町
出身校 成城大学経済学部卒業
前職 衆議院議員秘書
長野県議会議員
所属政党無所属→)
民主党→)
民進党→)
希望の党→)
無所属
公式サイト 寺島よしゆき公式ホームページ

選挙区 長野3区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月18日[1] - 2014年11月21日

長野県の旗 第84代 長野県議会議長
在任期間 2010年3月 - 2011年4月

長野県の旗 長野県議会議員
選挙区 北佐久郡選挙区
当選回数 6回
在任期間 1991年4月 - 2012年11月27日[2]
テンプレートを表示

目次

概要編集

長野県立科町の農家に生まれる。立科町立立科南小学校、立科中学校、長野県岩村田高等学校成城大学経済学部卒業。大学卒業後は会社勤務を経て、1987年から1991年まで羽田孜衆議院議員の秘書を務める。1991年、長野県議会議員選挙に北佐久郡選挙区から無所属で立候補し、初当選。以後、議会運営委員長や総務警察委員長、会派「改革・緑新県議団」副代表等を歴任し、県議在職中に民主党に入党。2010年4月から2011年3月まで、第84代長野県議会議長を務める。

2012年、政界引退を表明していた長野3区選出の羽田孜やその後援会は、長男で参議院議員羽田雄一郎の擁立を模索していたが、民主党内の世襲立候補を制限する内規により、衆議院への鞍替えを断念。雄一郎に代わり、羽田孜の元秘書である寺島が長野県議会議員を辞職して長野3区から出馬する[3]みんなの党新人の井出庸生自由民主党新人の木内均らに僅差で競り勝ち、当選を果たした[1][4]与党に猛烈な逆風が吹き荒れた第46回衆議院議員総選挙において、民主党公認で初当選した候補者は寺島ただ1人である。

しかし2014年に行われた第47回衆議院議員総選挙では維新の党に移籍した前職井出に敗れ比例復活もできず落選、羽田王国と呼ばれた長野3区を明け渡す形となった。なお得票数では自民党の木内には勝っていたが木内は比例で復活当選を果たすという皮肉な結果となった。

2017年に行われる第48回衆議院議員総選挙では長野3区からの出馬を予定していたが、希望の党の選挙区調整により長野4区から出馬する[5]。投開票の結果、落選。

2018年、引退する上田市母袋創一市長から後継指名を受け、同年2月20日、上田市長選挙に無所属での立候補を表明した[6]。自身と羽田雄一郎の後援会「千曲会」が了承し、支援を決定したが、同年3月25日投開票の結果、落選[7][8][9]

政策編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[10]

脚注編集

外部リンク編集

議会
先代:
望月雄内
  長野県議会議長
第84代:2010年 - 2011年
次代:
村石正郎