メインメニューを開く

小池政行

小池 政行(こいけ まさゆき、1951年昭和26年)11月8日[1] - )は、日本外交評論家。元外交官日本赤十字看護大学教授。専攻は国際人道法国際関係論

目次

人物編集

東京都出身。青山学院大学理工学部を経て、外務省語学研修員採用試験(外務省専門職員採用試験)に合格後、1977年に外務省入省。フィンランド北欧担当。在フィンランド日本大使館一等書記官、外務大臣官房広報課課長補佐を歴任し退職。

2001年より日本赤十字看護大学教授として勤務。現在は外務省・赤十字社での知識・経験を活かし、青山学院大学の法学部、同法科大学院で外交史・国際法を、聖路加国際大学、同大学院で国際関係論を教えるなど、他の大学でも講師として教鞭を取り、また講義内容も多岐にわたっている。またテレビ朝日などで外交評論家として、コメンテーターを務める他、BBCワールドニュースの番組審議委員ともなっている。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

  • 1976年 - 外務省語学研修員採用試験合格
  • 1977年4月 - 外務省入省
  • 1977年6月 - 経済局国際機関第一課配属
  • 1978年6月 - ヘルシンキ大学留学(在フィンランド日本大使館付副理事官)
  • 1980年6月 - 在フィンランド日本大使館
  • 1984年6月 - 欧亜局西欧第二課
  • 1987年10月 - 在フィンランド日本大使館一等書記官
  • 1992年12月 - 大臣官房海外広報課課長補佐
  • 1994年12月 - 外務省を退職 特別職国家公務員・総理大臣補佐衆議院議員付政策秘書
  • 1995年4月 - 日本赤十字社国際部参事(国際人道法研究・普及担当)
  • 2001年-2017年3月 日本赤十字看護大学教授(国際人道法)
  • 2004年 - 青山学院大学法科大学院客員教授(国際法)
  • 2011年-2017年3月 聖路加看護大学客員教授(国際関係論)

著書編集

  • 『遠い白夜の国で』(中央公論新社、1994年)
  • 『躍る日本大使館』(講談社、2000年)
  • 『国際人道法 戦争にもルールがある』(朝日新聞出版、2002年)
  • 『こんな外務省は必要か? 調査報告書の欺瞞を暴く』(朝日新聞出版、2002年)
  • 『現代の戦争被害 ソマリアからイラクへ』(岩波書店、2004年)
  • 『戦争と有事法制』(講談社、2004年)
  • 『自衛隊が愛される条件』(朝日新聞出版、2008年)
  • 『「赤十字」とは何か 人道と政治』(藤原書店、2010年)
  • 『戦場のエロイカ・シンフォニー 私が体験した日米戦』ドナルド・キーンとの対談(藤原書店、2011年)[2]
  • 『医師のミッション 非戦に生きる』日野原重明氏との対談(藤原書店、2012年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.314
  2. ^ ドナルド・キーン『わたしの日本語修行』白水社 2014年にはこの時出席した捕虜の一人が高橋義樹(筆名・堀川潭)という人で、この話を小説に書いているという。