メインメニューを開く

尚 裕(しょう ひろし、1918年大正7年)9月18日 - 1997年平成9年)8月30日[1])は、日本侯爵第二尚氏の第22代当主[2]。ショウエンタープライズ代表取締役[3]

尚裕
第二尚氏
Sho Hiroshi.JPG
尚裕(1956年)
出生 (1918-09-18) 1918年9月18日
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
死去 (1997-08-30) 1997年8月30日(78歳没)
日本の旗 日本沖縄県那覇市
埋葬 2005年10月17日
日本の旗 日本沖縄県島尻郡伊是名村、伊是名玉陵
配偶者 尚瑛子
  尚啓子
子女 圭子
父親 尚昌
母親 尚百子
テンプレートを表示

目次

生涯編集

東京都出身[4]1918年尚昌の長男として生まれる。母は小笠原忠忱の次女・百子。父が1923年に死去したため侯爵位を襲爵した[5]東京帝国大学文学部を卒業[6]海軍大尉となり、終戦を迎えた[4]

戦後は、大戦での被害を免れた伝承文化財の保存に努めた。1975年より私財を投じて識名園の復元に当たる。翌年には国の名勝に再指定され、国・沖縄県那覇市からも補助を受けて復元を進めた[7]。そのほか、玉陵崇元寺第一門・石牆の復元にも当たった[7]。しかし、沖縄県当局側では永続的に保管維持するための設備が整えられず、やむなく1988年、当時居住していた東京都台東区への寄贈を一旦は決めた[8]。しかし、これが沖縄県民の反発を買い、更に同県の文化財行政のあり方に影響を与え、翌1989年琉球王国文化遺産の県外流出を防止する意見書が那覇市議会において全会一致で採択されるなどした[9][10]

1992年、玉陵、識名園、崇元寺第一門・石牆を那覇市に寄贈した[11]。さらに1995年には琉球王国の陵墓浦添ようどれの土地を浦添市に寄贈した[1]。また、同年9月には尚家伝来の古文書1341件を寄贈、1996年には美術工芸品85件を寄贈している[12]。これらは、2006年に「琉球国王尚家関係資料」として国宝に指定された。文化財保護法に基づく国宝としては沖縄県で初の指定である。

1996年、那覇市より名誉市民の称号を授与される[13]。死去するまでの数年間は東京と沖縄を往復し[4]、晩年の多くは沖縄で暮らしていたが、尚家一族との交流はほとんど無かったという[14]1997年8月30日、沖縄県那覇市の沖縄赤十字病院にて死去[2]、翌月の9月3日に東京都台東区の寺院で告別式が行われ、長男の尚衞喪主を務めた[15]2005年に沖縄に送られ伊是名玉陵に葬られた[16]2010年には浦添市より名誉市民の称号を授与された[1]

尚裕 の長男の長男が祭主として、2019年、玉陵で御清明祭を取り行った。

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b c 浦添市名誉市民 - 浦添市
  2. ^ a b “尚裕氏が死去”. 琉球新報: p. 1. (1997年9月1日) 、(『1997年9月号 琉球新報縮刷版』、p.1)
  3. ^ 「尚裕(しょう・ひろし)」、最新版 沖縄コンパクト事典”. 琉球新報 (2003年3月1日). 2018年7月31日閲覧。
  4. ^ a b c “尚裕氏が死去”. 沖縄タイムス: p. 1. (1997年9月1日) 、(『沖縄タイムス縮刷版 平成9年9月号』、p.1)
  5. ^ 『現代華族譜要』(1929年)、337-338頁
  6. ^ 『人事興信録 第14版 上』(1943年)、シ98頁
  7. ^ a b 古塚達朗『名勝「識名園」の創設(上巻)-琉球庭園の歴史-』(おきなわ文庫、2014年)「はじめに」
  8. ^ 琉球王朝尚家の遺品、台東区へ寄贈 - 美術界年史(彙報)、東京文化財研究所
  9. ^ 那覇市市議会会議録 平成17年(2005年)9月定例会-09月15日-05号
  10. ^ 那覇市市議会会議録 平成25年(2013年)2月定例会-02月28日-05号
  11. ^ 文化財課要覧(平成28年度版) - 沖縄県教育委員会
  12. ^ 沿革 - 那覇市歴史博物館
  13. ^ 那覇市のあゆみ 1921年(大正10年) - 2005年(平成17年) - 那覇市
  14. ^ “王朝遺産 県民に残し 尚裕さん急逝”. 沖縄タイムス: p. 21. (1997年9月1日) 、(『沖縄タイムス縮刷版 平成9年9月号』、p.21)
  15. ^ “尚裕さんの功績しのぶ 告別式に約800人参列”. 琉球新報: p. 25. (1997年9月4日) 、(『1997年9月号 琉球新報縮刷版』、p.119)
  16. ^ 村の資料【戦後のあゆみ】”. 伊是名村役場. 2018年5月3日閲覧。

参考文献編集

日本の爵位
先代:
尚昌
侯爵
尚家第4代
1923年 - 1947年
次代:
華族制度廃止
その他の役職
先代:
尚昌
第二尚氏当主
第22代:1923年 - 1997年
次代:
尚衞