メインメニューを開く

山下 航平(やました こうへい、1994年9月6日[1] - )は、福島県出身[1]陸上競技選手。専門は三段跳で、自己ベストは日本歴代7位の16m85。2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表スプリント力もあり、100mでは10秒51の自己ベストを持つ。ANA所属。父の山下訓史は三段跳の日本記録保持者。

山下 航平 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム やました こうへい
ラテン文字 Kohei Yamashita
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (跳躍)
種目 三段跳
所属 ANA
大学 筑波大学
生年月日 (1994-09-06) 1994年9月6日(25歳)[1]
出身地 福島県福島市[2]
身長 179cm
体重 69kg
成績
オリンピック 三段跳 : 予選35位 (2016年)
国内大会決勝 日本選手権
三段跳 : 5位 (2017年)
4x100mR : 6位 (2015年)
自己ベスト
100m 10秒51 (2017年)
200m 21秒22 (2016年)
走幅跳 7m07 (2015年)
三段跳 16m85 (2016年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

中学時代まで編集

陸上競技は小学4年生の時に始めたが、その前は2年ほどスイミングスクールにも通っていた。小学6年生の時はハードルに取り組むも、当時は身長が低かったため中学生になるとハードルの高さに対応できなくなり、中学からは走幅跳に取り組んだ。福島大学附属中学校[1]時代は県大会の7位が最高成績で、自己ベストは6m11だった。また、4×100mリレーでは県大会で3位に入っている[3]

高校時代編集

福島県立橘高等学校[1]に進学後は、中学の時からやろうと決めていた三段跳に取り組むと、1年時にインターハイ福島県大会で優勝。2年時にはインターハイ国民体育大会日本ユース選手権と全国大会で入賞を経験し、自己ベストも前年の14m25から15m09まで引き上げた。3年時はインターハイこそ予選落ちに終わったが、国民体育大会では大会前の自己ベスト(15m09)を大幅に更新する15m50(-0.4)で優勝を飾り、初の全国タイトルを獲得した。また、父の高校時代の自己ベストを1cm上回った[3][4]

大学時代編集

大学は父の母校でもある筑波大学[1](体育専門学群)に進学すると、1年目から関東インカレ三段跳で3位入賞を果たすも、高校時代からたまにあったという腰の痛みに悩まされ、その後は思うような結果を残せなかった。しかし、3年時の春に腰椎分離症と判明してからは、同じ症状を患っていた先輩からアドバイスを受けるなどしてトレーニングを積むと、5月の関東インカレ三段跳では日本選手権の参加標準記録A(15m90)に迫る15m74(+0.9)の自己ベスト(当時)をマーク。最終的に日本選手権出場は逃したものの、今シーズンは自己ベストを16m台(16m06)まで引き上げ、日本インカレ三段跳でも2位に入った[3]

2016年5月、関東インカレの4×100mリレーで1走を務めて優勝に貢献し、インカレ初優勝を達成。専門種目の三段跳では、4回目の跳躍で大会前の自己ベスト(16m06)を更新する16m22(-1.2)をマークすると、最終跳躍の6回目には日本歴代6位・日本学生歴代3位(ともに当時)の16m85(-1.1)をマーク。2001年大会の渡邉容史と今大会の山本凌雅が作った16m67の大会記録を塗り替えるとともに、リオデジャネイロオリンピックの参加標準記録(16m85)を破っての優勝を成し遂げ、4×100mリレーとの大会2冠を達成した[5]

同年6月、リオデジャネイロオリンピック日本代表の座を賭けて初の日本選手権三段跳に臨むと、1回目と2回目の跳躍は踏切線を超えてファウルに終わったが、後がなくなった3回目の跳躍では16m付近に着地。4回目以降の跳躍ができる上位8位以内に残ったかと思われたが、着地場所を離れる際に後方へ足を踏み出してしまうというルール違反を犯し、3回目の跳躍もファウルに終わり大会を終えた[6]。なお、1回目と2回目の時もファウルとはいえ、着地場所から不正に離れたので審判員は注意したが、本人の耳には届いていなかったという[7]

同年7月、リオデジャネイロオリンピック日本代表に選出されるための最後のアピールの場となった南部記念三段跳では、悪天候の影響もあり16m18 (+2.1)と低調な記録に終わったものの、日本選手権チャンピオンの山本凌馬とリオデジャネイロオリンピック日本代表の長谷川大悟を抑えて優勝した。この結果、日本陸上競技連盟強化委員会の推薦でリオデジャネイロオリンピック日本代表に選出され、陸上競技では室伏親子(重信広治由佳)に次いで史上2組目の親子オリンピアンとなった[6]。初の国際大会となった8月のリオデジャネイロオリンピック三段跳では本来の実力を発揮できず、自己ベストにはほど遠い15m71(+0.3)で予選敗退に終わった。

社会人時代編集

大学卒業後の2017年は陸連に登録し、就職活動しながら競技を続けた[8]。そして無事、日本オリンピック委員会の就職支援制度を利用して全日本空輸(ANA)への就職が決まり、2018年からは小さい頃からの夢だった航空業界に身を置いて競技する[2][9]

人物編集

自己ベスト編集

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒51 (+1.1) 2017年9月30日   つくば市
200m 21秒22 (-0.3) 2016年5月1日   つくば市
走幅跳 7m07 (-0.4) 2015年11月1日   つくば市
三段跳 16m85 (-1.1) 2016年5月22日   横浜市
室内
三段跳 14m48 2013年2月3日   大阪市

主な成績編集

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会編集

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2016 (大4) オリンピック   リオデジャネイロ 三段跳 予選 15m71 (+0.3) 全体35位
2018 (社2) アジア大会   ジャカルタ 三段跳 4位 16m46 (-0.2)

日本選手権編集

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2015 (大3) 第99回 横浜市 4x100mR 6位 39秒98 (1走)
2016 (大4) 第100回 名古屋市 三段跳 決勝 NM
2017 (社1) 第101回 大阪市 三段跳 5位 16m13 (+0.1)
2018 (社2) 第102回 山口市 三段跳 優勝 16m59 (+1.0)

その他編集

  • 主要大会を記載
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 (高2) インターハイ 北上市 三段跳 5位 14m98 (+1.2) 予選15m09 (0.0)
国民体育大会 山口市 100m 予選 11秒14 (-1.8)
三段跳 4位 14m90 (+0.8)
4x100mR 予選 41秒37 (2走)
日本ユース選手権 名古屋市 三段跳 8位 14m44 (+2.7) 公認記録14m09 (+2.0)
2012 (高3) インターハイ 新潟市 三段跳 予選 14m66 (-0.1)
国民体育大会 岐阜市 100m 予選 10秒96 (-0.6)
三段跳 優勝 15m50 (-0.4) 自己ベスト
日本ジュニア選手権 名古屋市 三段跳 3位 15m26 (-2.5)
2013 (高3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 三段跳 8位 14m48
2013 (大1) 関東インカレ (1部) 東京都 三段跳 3位 15m61 (+2.0)
日本学生個人選手権 平塚市 三段跳 19位 14m30 (0.0)
日本インカレ 東京都 三段跳 20位 15m20 (-1.6)
日本ジュニア選手権 名古屋市 三段跳 21位 14m68 (+0.8)
2014 (大2) 日本学生個人選手権 平塚市 三段跳 13位 15m15 (+2.6) 公認記録なし
2015 (大3) 関東インカレ (1部) 横浜市 三段跳 3位 15m74 (+0.9) 自己ベスト
水戸招待 水戸市 三段跳 5位 15m11 (+0.6)
日本学生個人選手権 平塚市 三段跳 10位 15m34 (+4.3) 公認記録なし
日本インカレ 大阪市 200m 準決勝 21秒24 (0.0)
三段跳 2位 15m77 (-0.3)
2016 (大4) 織田記念 広島市 三段跳 4位 16m04 (+0.4)
関東インカレ (1部) 横浜市 三段跳 優勝 16m85 (-1.1) 大会記録
4x100mR 優勝 39秒26 (1走)
南部記念 札幌市 三段跳 優勝 16m18 (+2.1) 公認記録13m55 (+1.2)
日本インカレ 熊谷市 三段跳 9位 15m54 (-0.4)
田島記念 山口市 三段跳 8位 14m95 (+0.3)
2017 (大4) オーストラリアOP選手権 シドニー 三段跳 決勝 NM 予選15m37 (+0.5)
2017 (社1) 織田記念 広島市 三段跳 6位 15m53 (+2.5) 公認記録14m61 (-0.4)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 三段跳 7位 15m92 (+1.4)
2018 (社2) 織田記念 広島市 三段跳 7位 15m77 (+1.3)
ゴールデングランプリ大阪 大阪市 三段跳 優勝 16m42 (-1.0)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 山下 航平”. 日本陸上競技連盟. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ a b JOCトップアスリ-ト就職支援ナビゲ-ション「アスナビ」を通じた採用内定のお知らせ”. 全日本空輸 (2017年10月2日). 2017年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 「インカレClose-up(1) / 山下航平(筑波大 / 男子三段跳)」『月刊陸上競技』第50巻第8号、講談社、2016年7月号、 148-151頁。
  4. ^ 「速報 岐阜国体 デイリー熱戦ハイライト」『月刊陸上競技』第46巻第12号、講談社、2012年11月号、 60-61頁。
  5. ^ 「関東インカレ」『月刊陸上競技』第50巻第8号、講談社、2016年7月号、 28-29頁。
  6. ^ a b 3段跳び山下航平が初選出 父の日本記録塗り替える”. 日刊スポーツ (2016年7月14日). 2017年11月22日閲覧。
  7. ^ 「総特集 第100回日本選手権」『月刊陸上競技』第50巻第9号、講談社、2016年8月号、 86-87頁。
  8. ^ ゲストメッセージ”. なないろスポーツフェスタ (2017年). 2017年11月22日閲覧。
  9. ^ a b 山下がANA入社内定 山下が父の持つ日本記録更新に意欲 ライバル山本と航空業界対決に”. 寺田的陸上競技Web (2017年10月11日). 2017年11月22日閲覧。
  10. ^ 新入生紹介Part3”. 筑波大学陸上競技部 (2013年5月7日). 2017年11月22日閲覧。

外部リンク編集