メインメニューを開く
山崎景則

山崎 景則(やまさき かげのり、1838年3月2日天保9年2月7日〉 – 1909年明治42年〉10月22日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将[1]

目次

人物編集

1871年(明治4年)、海軍大尉に任官。1872年(明治5年)に日進副長を拝命する。1873年(明治6年)から、鳳翔艦長、第二丁卯艦長、東艦艦長、日進艦長、摂津艦艦長、龍驤艦長、比叡艦長、高千穂艦長、扶桑艦長を歴任した。1888年(明治21年)、海軍省軍務局次長兼将校課長法規課長、次いで1889年(明治22年)3月、海軍省第一局第一課長、同年4月、呉軍港司令官兼呉鎮守府造船部長を務め、1892年(明治25年)には海軍兵学校校長となったが、翌年5月に後備役に編入された。墓所は青山霊園立山墓地にある。

略歴編集

栄典編集

勲章等

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『帝国海軍将官総覧』203項
  2. ^ a b 海軍少将山崎景則特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A12090017700 
  3. ^ 丙4号大日記 福島少佐へ達 山崎大尉日進艦副長申付の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09110262500 
  4. ^ 『官報』第143号「叙任及辞令」1883年12月18日。
  5. ^ 『官報』第184号「叙任及辞令」1884年2月13日。
  6. ^ 『官報』第872号「叙任及辞令」1886年5月31日。
  7. ^ 『官報』第913号「叙任及辞令」1886年7月17日。
  8. ^ 『官報』第1541号「叙任及辞令」1888年8月17日。
  9. ^ 『官報』第1706号「叙任及辞令」1889年3月11日。
  10. ^ 『官報』第1737号「叙任及辞令」1889年4月18日。
  11. ^ 『官報』第2712号「叙任及辞令」1892年7月13日。
  12. ^ 『官報』第2969号「叙任及辞令」1893年5月25日。
  13. ^ 式部寮達書 式部寮達 近藤真琴外24名任叙拝命の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09111301200 
  14. ^ 甲1番大日記 式部寮達 赤塚真成外15名叙位の件』 アジア歴史資料センター Ref.C09111306600 
  15. ^ 『官報』第695号「賞勲叙任」1885年10月23日。
  16. ^ 『官報』第2187号「叙任及辞令」1890年10月11日。
  17. ^ 『官報』第7901号「叙任及辞令」1909年10月23日。
  18. ^ 『官報』第728号「賞勲叙任」1885年12月3日。

参考文献編集