メインメニューを開く
本来の表記は「山﨑謙吾」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山﨑 謙吾(やまさき けんご、1992年7月30日 - )は、茨城県出身の陸上競技選手。専門は400mで46秒00の自己ベストを持つ。2013年モスクワ世界選手権男子4×400mリレー日本代表

山﨑 謙吾 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム やまさき けんご
ラテン文字 Kengo Yamasaki
愛称 やまけん[1]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 400m
所属 ヤマダ電機陸上競技部
大学 日本大学
生年月日 (1992-07-30) 1992年7月30日(27歳)
出身地 茨城県
身長 176cm
体重 70kg
成績
世界選手権 4x400mR : 予選1組4着 (2013年)
地域大会決勝 東アジア大会
400m : 4位 (2013年)
4x400mR : 2位 (2013年)
国内大会決勝 日本選手権
400m : 2位 (2013年)
4x400mR : 3位 (2012年)
自己ベスト
100m 10秒83 (2010年)
200m 21秒27 (2013年)
400m 46秒00 (2013年)
800m 1分53秒57 (2014年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

茨城県出身。血液型はAB型。北茨城市立中郷第一小学校、北茨城市立中郷中学校、埼玉栄高等学校日本大学(文理学部体育学科)卒業。モンテローザを経て、現在はヤマダ電機所属。

高校生時代まで編集

小中学校時代はサッカー部に所属[2]。中学校時代に校内の陸上大会400mで優勝すると、市の大会、県北の大会、県の大会でも優勝。全日中の参加標準記録(52秒14)を切ることはできなかったが、関東大会に出場して5位入賞を果たした。全国の舞台はジュニアオリンピックで経験(予選敗退)。中学時代の自己ベストは関東大会予選でマークした50秒80[3]

2008年、本格的に陸上競技を始める決意をし、埼玉の名門埼玉栄高校に進学。1年時は県大会400m準決勝で敗退し、インターハイには出場できなかった。1年目の自己ベストは50秒24[3]

2009年、インターハイの10日前に行われた国体予選400mにおいて、今季高校ランク1位および自身初の46秒台となる46秒93をマーク[4][3]。インターハイでは400mを46秒83の自己ベストで制すると[4]、アンカーを務めた4×400mリレーは埼玉県勢初の優勝に貢献し、大会2冠を達成した[5]。10月には国体少年A400mを46秒94で制し、高校2冠を達成[6]。「来年のための経験に」と日本ユース選手権ではなく日本ジュニア選手権に出場すると、400m決勝で今季4度目の46秒台となる46秒98をマークし、2位に0秒46の差をつける完勝で高校3冠を飾った[7]

2010年、日本選手権400mに男子高校生でただ一人の出場を果たした[8]。日本選手権は予選敗退に終わったが、インターハイ400mで史上5人目となる連覇を達成[8]国体は3位に終わり2年連続の高校3冠は逃したが、日本ジュニア選手権は制して高校2冠を達成した。

大学生時代編集

2011年、日本大学(文理学部体育学科)に進学。

2013年、高校以来2度目の出場となった6月の日本選手権400mで46秒00の自己ベストをマークして2位に入るも、モスクワ世界選手権の参加標準記録は切れなかった。しかし、7月のアジア選手権4×400mリレーで日本代表(石塚祐輔金丸祐三渡邉和也廣瀬英行)が参加標準記録を突破。日本陸連がモスクワ世界選手権の4×400mリレーに選手を派遣することを決めたため、日本代表に選出された[9]。8月のモスクワ世界選手権4×400mリレーに日本代表ただ一人の学生選手として出場し、日本代表(山﨑謙吾、金丸祐三、廣瀬英行、中野弘幸)の1走を務めた。結果は3分02秒43の1組4着で、決勝に着順で進出できる組2着以内に入れず、タイムでも拾われず全体10位の予選敗退に終わった[10]。9月の日本インカレ400mを制し、大学生になって初の全国タイトルを獲得した[11]

2014年、3月のソポト世界室内選手権4×400mリレーで負傷。この時から長い怪我との付き合いが始まった[12]

社会人時代編集

2015年、4月にモンテローザに入社し、同社陸上競技部に所属。

2016年、所属するモンテローザ陸上競技部が2017年3月31日付で廃部されることが8月に発表された[13]。これに伴い、9月末日付でモンテローザを退社した[14]

2017年、4月にヤマダ電機陸上競技部に入部[15]

人物編集

  • 趣味はスポーツ観戦[1]
  • 好きな食べ物はステーキ、嫌いな食べ物は寿司[1]

自己ベスト編集

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒83 (+2.0) 2010年4月11日   上尾市
200m 21秒27 (+0.7) 2013年7月21日   千葉市
400m 46秒00 2013年6月8日   調布市
800m 1分53秒57 2014年10月26日   東京都

主な成績編集

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会編集

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (高2) 日韓中ジュニア交流競技会   木浦 400m 優勝 48秒27
400m 2位 47秒82
4x100mR 2位 41秒19 (3走)
4x100mR 2位 41秒11 (3走)
2010 (高3) アジアジュニア選手権 (en   ハノイ 400m 5位 48秒55
4x400mR 2位 3分12秒14 (4走)
2013 (大4) ユニバーシアード (en   カザン 400m 準決勝 46秒90 全体13位
4x400mR 5位 3分06秒58 (4走)
世界選手権   モスクワ 4x400mR 予選 3分02秒43 (1走) 全体10位
東アジア大会 (en   天津 400m 4位 47秒40
4x400mR 2位 3分07秒32 (1走)
2014 (大4) 世界室内選手権   ソポト 4x400mR 予選 3分12秒63 (1走) 全体10位

日本選手権編集

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (高2) 第93回 横浜市 4x400mR 予選 3分19秒14 (4走)
2010 (高3) 第94回 丸亀市 400m 予選 47秒06
横浜市 4x100mR 予選 41秒95 (4走)
4x400mR 予選 3分15秒46 (2走)
2012 (大2) 第96回 横浜市 4x400mR 3位 3分07秒37 (4走)
2013 (大3) 第97回 調布市 400m 2位 46秒00 自己ベスト
2015 (社1) 第99回 新潟市 400m 予選 47秒27
2016 (社2) 第100回 名古屋市 400m 予選 47秒67

その他編集

  • 主要大会を記載
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2007 (中3) ジュニアオリンピック 横浜市 400m 予選 52秒53
2009 (高2) インターハイ 奈良市 400m 優勝 46秒83 高2歴代7位
4x400mR 優勝 3分12秒38 (4走)
国民体育大会 新潟市 400m 優勝 46秒94
日本ジュニア選手権 甲府市 400m 優勝 46秒98
2010 (高3) 静岡国際 袋井市 400m 決勝 47秒56
南部記念 札幌市 400m 5位 48秒26
インターハイ 沖縄市 200m 予選 22秒63 (-2.6)
400m 優勝 47秒79
4x100mR 2位 41秒24 (4走)
4x400mR 2位 3分13秒28 (4走)
国民体育大会 千葉市 400m 3位 47秒49
4x100mR 準決勝 41秒17 (4走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 400m 優勝 47秒63
2011 (高3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 予選 7秒08
2011 (大1) 静岡国際 袋井市 400m 7位 48秒50
関東インカレ (1部) 東京都 400m 予選 48秒70
4x400mR 予選 3分11秒22 (1走)
日本学生個人選手権 平塚市 400m 準決勝 48秒57
日本インカレ 熊本市 400m 予選 47秒27
4x400mR 6位 3分07秒85 (4走)
2012 (大2) 関東インカレ (1部) 東京都 400m 8位 1分29秒74
4x400mR 決勝 DNF (1走)
トワイライト・ゲームス 東京都 400m 4位 47秒65
日本インカレ 東京都 400m 3位 46秒90
4x400mR 4位 3分06秒50 (2走)
実業団・学生対抗 小田原市 400m 2位 47秒34
メドレーR 2位 1分50秒50 (3走)
2013 (大3) 静岡国際 袋井市 400m 7位 46秒17 自己ベスト
関東インカレ (1部) 東京都
横浜市
400m 優勝 46秒31
4x400mR 優勝 3分04秒96 (4走)
トワイライト・ゲームス 東京都 400m 優勝 46秒57
日本インカレ 東京都 400m 優勝 46秒65
4x400mR 3位 3分08秒39 (4走)
2014 (大4) 関東インカレ (1部) 熊谷市 400m 準決勝 51秒61
トワイライト・ゲームス 東京都 4x400mR 3位 3分08秒82 (1走)
日本インカレ 熊谷市 400m 予選 47秒58
4x400mR 3位 3分04秒93 (4走)
国民体育大会 諫早市 400m 予選 47秒89
2015 (社1) 静岡国際 袋井市 400m 2位 46秒72
全日本実業団選手権 岐阜市 400m 予選 48秒27
2016 (社2) 静岡国際 袋井市 400m 決勝 47秒21
東日本実業団選手権 熊谷市 400m 優勝 46秒97
全日本実業団選手権 大阪市 400m 5位 47秒66
4x400mR 4位 3分13秒25 (4走)
2017 (社3) 東日本実業団選手権 秋田市 400m 6位 48秒08
全日本実業団選手権 大阪市 400m 7位 47秒60
2018 (社4) 木南記念 大阪市 400m 5位 46秒81
東日本実業団選手権 熊谷市 400m 2位 47秒33

脚注編集

  1. ^ a b c 山﨑 謙吾 / インタビュー”. ヤマダ電機陸上競技部 (2017年4月). 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ [地方]世界陸上リレー 山崎選手、北茨城市役所訪問(2013.9.17 02:09)”. MSN産経ニュース (2013年9月17日). 2013年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c 「連続写真で見る陸上競技の技術」『月刊陸上競技』第44巻第11号、講談社、2010年10月号、 116-117頁。
  4. ^ a b 「奈良インターハイ デイリーハイライト」『月刊陸上競技』第43巻第10号、講談社、2009年9月号、 52頁。
  5. ^ 「奈良インターハイ デイリーハイライト」『月刊陸上競技』第43巻第10号、講談社、2009年9月号、 84頁。
  6. ^ 「新潟国体 デイリーハイライト」『月刊陸上競技』第43巻第12号、講談社、2009年11月号、 61頁。
  7. ^ 「日本ジュニア・ユース選手権」『月刊陸上競技』第43巻第13号、講談社、2009年12月号、 109頁。
  8. ^ a b 埼玉栄・山崎が400m2連覇/総体陸上”. 日刊スポーツ (2010年7月30日). 2015年1月25日閲覧。
  9. ^ 世陸代表メンバーに山崎謙吾ら3人追加”. 日刊スポーツ (2013年7月17日). 2015年1月25日閲覧。
  10. ^ 日本男子1600リレーで予選敗退/世界陸上”. 日刊スポーツ (2013年8月16日). 2015年1月25日閲覧。
  11. ^ 山崎謙吾残り60メートル逆転初V/陸上”. 日刊スポーツ (2013年9月7日). 2015年1月25日閲覧。
  12. ^ 本人のツイート asahi_runnerのツイート(518672984202944512 本人のツイート). Twitter (2018年3月9日). 2018年5月6日閲覧。
  13. ^ モンテローザ陸上競技部の廃部について”. モンテローザ (2016年8月31日). 2016年11月9日閲覧。
  14. ^ 山﨑 謙吾 卒業”. モンテローザ (2016年11月3日). 2016年11月9日閲覧。
  15. ^ ヤマダ電機陸上競技部へのモンテローザ陸上競技部7名の移籍および名称変更に関するお知らせ (PDF, 306 KB) ヤマダ電機 2017年03月18日閲覧

外部リンク編集

功績
4人目:
佐藤慧太郎
2007年2008年
インターハイ男子400m
連覇達成選手

2009年2010年
6人目:
未定