メインメニューを開く

山本 正明(やまもと まさあき、1944年9月1日[1][2] - 2014年5月[3])は、日本の元俳優。本名同じ[2]。身長180cm、体重90kg[1]

やまもと まさあき
山本 正明
本名 山本 正明
別名義 山本 磯六
生年月日 (1944-09-01) 1944年9月1日
没年月日 2014年5月
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 180 cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
あしたのジョー
テレビドラマ
ゼロ戦黒雲隊
忍者部隊月光
柔道一直線
ウルトラマンA
テンプレートを表示

東京都出身[2][4]法政大学中退[2]

来歴・人物編集

劇団ひまわり出身で[1]1959年松竹映画『ハイティーン』でデビュー[2]1962年日活と契約して主に青春映画に出演するが、その後、日活を退社してフリーとなる[2][4]

1964年テレビドラマ特別機動捜査隊』(NET)にゲスト出演したことがきっかけとなり、同年のテレビドラマ『ゼロ戦黒雲隊』(NET)にレギュラー出演。『ゼロ戦黒雲隊』のプロデューサーである中井義の勧めで、山本 磯六(やまもと いそろく)に改名する[4]

1966年、『忍者部隊月光』(フジテレビ)に第111話より、忍者部隊のメンバー・満月役でレギュラー出演。『月光』の主演である水木襄とは、行きつけのとんかつ店が一緒だったことから出演前から親交があり、水木に「俺も出たい」と話したところ、水木がプロデューサーに通して出演が決定した[4]

1968年からは再び本名に戻し、1969年のテレビドラマ『娘すし屋繁盛記』(朝日放送)の出演を経て、『バリバリ娘奮闘記』(朝日放送)では襖職人役でレギュラー出演[2]。『バリバリ娘奮闘記』の出演者である和泉雅子八代英太とは『娘すし屋繁盛記』でも共演していたため、当時の紹介記事では「気心が知れているので楽しい番組です」と述べている[2]

以後、人気漫画の実写版映画『あしたのジョー』でマンモス西を演じたほか、テレビでは『柔道一直線』(TBS)、『ウルトラマンA』(TBS)などに出演[4]

1978年に芸能界を引退、その後は絵画関係の仕事をしていた[5]。2006年にファミリー劇場で放送された『ウルトラ情報局』にゲスト出演し久々にテレビに登場した。

晩年は、『ウルトラマンA』の共演者である高峰圭二星光子たちと特撮関連イベントに出席するなど元気な姿を見せていたが[6]、星光子は2015年1月の自身のブログの中で、『ウルトラマンA』共演者である佐野光洋から、2014年5月に山本が逝去したという連絡を受けたと綴っている[3]

ウルトラセブン』(1967年)のフルハシ隊員の候補に挙がっていたが、スケジュールの都合で実現しなかった[4]

特技は、柔道歌唱[1]

出演編集

映画編集

  • ハイティーン(1959年、松竹
  • 喜劇 駅前団地 (1961年、東京映画
  • 車掌物語 旅は道づれ (1962年、日活) - 哲
  • 殺人者を追え (1962年、日活) - 洗濯屋の小僧
  • 英語に弱い男 東は東西は西 (1962年、日活) - 英三
  • ハイティーンやくざ (1962年、日活) - 茂
  • 歌う暴れん坊 (1962年、日活) - 警察の給仕
  • 腰抜けガン・ファイター (1963年、日活) - ソバ屋の小僧
  • 結婚作戦要務命令 (1963年、日活) - 島田昭吉
  • 若い港 (1964年、日活) - 青地
  • 月曜日のユカ (1964年、日活)
  • あしたのジョー(1970年、日活) - マンモス西

テレビドラマ編集

山本 磯六 名義編集

  • 特別機動捜査隊NET
    • 第140話「四百九十人の容疑者」(1964年)
    • 第274話「ある煙突地帯」(1967年)
  • ゼロ戦黒雲隊 (1964年 - 1965年、NET) - 和田平助
  • 空手三四郎 (1965年 - 1966年、NET)
  • 忍者部隊月光 → 新忍者部隊月光 第111話「マジック時計作戦(前)」 - 第130話「新兵器作戦(後)」 (1966年、CX) - 満月
  • 快獣ブースカ 第5話「ブースカの名ガイド」 (1966年、NTV) - 宝石店店員
  • 天下の青年(1967年、CX)

山本 正明 名義編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'73』VIPタイムズ社、1972年、142頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1969年9月12日付朝刊、7面。
  3. ^ a b 星光子(星光子のブログ). “今野隊員”. Ameba Blog. 2018年10月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 宇宙船』Vol.131、ホビージャパン、2011年1月11日、 117頁、 ISBN 978-4798601724
  5. ^ 週刊ウルトラマンオフィシャルデータファイルの記載より[要文献特定詳細情報]
  6. ^ 星光子(星光子のブログ). “ありがとうございました”. Ameba Blog. 2018年10月27日閲覧。

外部リンク編集