ファミリー劇場

ファミリー劇場
ファミリー劇場HD
あなたのイチバン、きっと見つかる。
基本情報
略称(愛称) ファミ劇
運営(番組供給)事業者 株式会社ファミリー劇場
本社(本部) 〒107-8340
東京都港区赤坂4-8-10
放送(配信)開始 1996年1月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台
放送内容 日本のテレビドラマ・アニメ・特撮・バラエティなど
視聴可能世帯数 7,392,100世帯(2010年7月1日現在)
アナログ放送(CS、放送終了)
プラットフォーム スカイポートTV
放送事業者 株式会社ファミリー劇場
チャンネル番号 S-16ch
放送開始 1996年1月1日
放送終了 1998年9月30日
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社ファミリー劇場
チャンネル番号 Ch.293(HD)
物理チャンネル ND14
放送開始 2002年6月1日
HD放送開始 2012年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.660(HD)
放送開始 2009年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社ファミリー劇場
チャンネル番号 Ch.361
放送開始 1997年4月15日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 株式会社ファミリー劇場
チャンネル番号 Ch.263
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 558(HD)
eo光テレビ 860(HD)
J:COM 558
JCN 303、357(HD)
公式サイト
株式会社ファミリー劇場
Family Gekijo Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ファミ劇
本社所在地 107-8340
東京都港区赤坂四丁目8番10号
設立 1995年11月28日
業種 情報・通信業
事業内容 衛星一般放送事業者
代表者 代表取締役社長 神田晋一
資本金 2億5,200万円
主要株主 東映、東宝、東北新社、オムニバス・ジャパン、セガ、日本アニメーション、バンダイナムコホールディングス、徳間書店、ナショナル物産、二番工房
関係する人物 植村伴次郎(東北新社グループ代表、元社長)、植村徹
外部リンク http://www.fami-geki.com
テンプレートを表示

ファミリー劇場(ファミリーげきじょう)は、衛星一般放送事業者及び衛星基幹放送事業者株式会社ファミリー劇場が運営する、主に日本テレビドラマアニメ特撮などを24時間放送する専門チャンネル。通称ファミ劇

スカパー!プレミアムサービス(標準画質)スカパー!(旧・スカパー!e2)にて直営による放送を行うほか、スカパー!プレミアムサービス(ハイビジョン放送)、ケーブルテレビひかりTV等へ番組供給を行っている。東北新社グループ傘下で、主な株主は東映東宝バンダイナムコグループなど。

目次

沿革編集

  • 1995年11月28日 - 株式会社ファミリー劇場設立。
  • 1996年
    • 1月1日 - 「ファミリー劇場」開局(ケーブルテレビ、アナログCS放送「スカイポートTV」S-16ch)。放送時間は7:00 - 29:00(翌朝5時)。月額視聴料金550円。
    • 10月1日 - パーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス(標準画質))Ch.361放送開始。
  • 1997年12月1日 - 衛星デジタル放送ディレクTVCh.263で放送開始。
  • 1998年6月 - スカイポートTVの放送終了。
  • 2000年
    • 5月8日 - 番組編成が各ジャンルごとのゾーン編成となる。放送時間も1時間繰り上がり6:00 - 28:00(翌朝4時)に。
    • 9月30日 - ディレクTVの放送終了。
  • 2001年5月 - 24時間放送開始。タイムテーブルのゾーン配置換え。
  • 2002年
    • 7月 - スカイパーフェクTV!2(後のスカイパーフェクTV!110・スカパー!e2、現・スカパー!)CS.165で放送開始(委託放送事業者はシー・ティ・ビー・エス(C-TBS))。初のオリジナルアニメ『最終兵器彼女』放送。
    • 10月 - 生活時間帯による時間ごとのゾーン分け編成に。
    • 12月 - ウルトラシリーズCS独占放送開始。
  • 2003年4月 - 月額視聴料金を300円に引き下げ。
  • 2004年
    • 1月 - NHK制作作品のCS放送を開始。
    • 10月 - スカパー! PPVでファミリー劇場Presentsオリジナルアニメ『風人物語』を放送。
  • 2005年
    • 5月 - 月額視聴料金を525円に引き上げ。
    • 8月31日 - スカイパーフェクTV!110の放送チャンネルがCh.165からCh.293に変更。
  • 2006年1月1日 - 放送開始10周年を迎える。
  • 2009年10月 - スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)にてハイビジョン放送開始(チャンネル名は「ファミリー劇場HD」)。月額視聴料金を735円に引き上げ。
  • 2012年
    • 2月10日 - 総務省から東経110度CS放送の衛星基幹放送業務の認定が適当と認められる[1]
    • 7月1日 - スカパー!e2にてハイビジョン放送を開始(チャンネル番号はCh.293のまま変更なし)。字幕放送(スカパー!e2のみ)、解説放送(全媒体)を開始。衛星基幹放送事業をC-TBSから承継し、直営放送に移行した。
  • 2014年

編成スタイルとその変遷編集

東北新社を中心に設立(2005年度に子会社化)され、1996年1月1日に放送開始。開局当初から2001年までは「ドラマ・アニメ・バラエティー ニッポンのテレビ探検チャンネル」をキャッチコピーに、一日22時間の放送で、ドラマ、アニメ、特撮時代劇などジャンル、制作会社、放送局(民放)を問わずに編成。放送開始当初は競合チャンネルがほとんど無かったこともあり、制作会社を限定しないオープンな番組編成を目指したが、開局後しばらくは、東宝製作のドラマ数本(『37階の男』、『プロファイター』、『黒い髪の智子』など)を、繰り返し放送していた時期があった。

次第に放送番組の本数が増加してきた1997年あたりからは、各ジャンルごとに競合するチャンネル数も増えたため、「過去の民放テレビ局の番組を多く再放送するCSチャンネル」という開局時のチャンネルコンセプトを修正する必要に迫られた。パーフェクTV!開局からディレクTV末期には主に主要株主である東映東宝日本アニメーションといった各社の作品を中心に編成するようになる。

2000年5月には各ジャンルを時間帯分けしたゾーン編成となり、各番組枠には「ボクもママも夢中!/オトナが熱中!アニメ&ヒーローアワー」、「国民的大ヒット!/お宝発見! ドラマアワー」、「チャンバラバンザイ!時代劇アワー」、「みんな大好き! バラエティアワー」などにタイトルが分類されるようになる。その後、2002年秋の改編にて、生活時間帯に応じた編成となり、例えば早朝6:00 - 7:00をお年寄りの生活時間帯として「早起きシニアアワー」とし、時代劇を放送するといった具合で編成するようになる。

2001年5月より24時間放送となり、キャッチコピーも「ドラマ・アニメ・バラエティー 24時間ゴールデンタイムチャンネル」に変更される。2002年7月より本チャンネルでは最初となるオリジナルアニメ『最終兵器彼女』の放送を開始したのをきっかけに、オリジナル作品の製作や、新作の編成も行うようになった。以後「アニメ企画大賞」受賞作品『風人物語』をPPVで特別放送したり、近年では『AKB48ネ申テレビ』などといった自社オリジナルのバラエティ番組や『緊急検証!シリーズ第○弾』といったスペシャル番組も放送している。

2003年より円谷プロダクション制作のウルトラシリーズをCSで最初に放送したほか、2004年以降はNHKで放送した番組(「朝の連続テレビ小説」、「NHK大河ドラマ」、『できるかな』、『コメディーお江戸でござる』など)の放送も増加。2009年からテレビ放送黎明期の作品もデジタルリメイクされて放映されている。また以前に本チャンネルで放映された作品もデジタルリメイクされて再放送されている作品も多い。

その後、2000年代後半以降、土曜日の夜19時から24時枠に刑事ドラマのみを編成する「デカ劇場」、日曜日の夜8時台に『ドリフ大爆笑』を放送する「8時だョ!日曜ドリフ横丁」など、各時間帯に特定のジャンルに絞った編成が行われるようになる。現在は主に平日の夜9時、11時枠に各曜日ごとに内容の異なるベルト編成枠を設けている(現在の基本編成についてはこちらを参照)。また、現在は主に『ネ申テレビ』を放送している日曜日の夕方の時間帯にAKB48のライブや関連番組を編成しているほか、不定期で祝日などにAKB48及び関連グループの特集企画を長時間編成することもある。

また、近年は日本テレビ系列で過去に放送された番組を中心に放送することも多い。2012年以降では『ザ・トップテン』、『天才・たけしの元気が出るテレビ!![2]』などの番組が放送されているほか、最近では『アメリカ横断ウルトラクイズ』の集中編成[3]をはじめとして『木曜スペシャル』で放送した作品を放送することがある。この他、メディアミックス・ジャパン(MMJ)が過去に制作したテレビドラマの放送にも積極的で、『特命係長 只野仁シリーズ』[4]テレビ朝日)や『チーム・バチスタシリーズ』、『ヒミツの花園』(関西テレビ)などの作品が放送されている。

この他、年末年始やゴールデンウィークを中心に、毎回テーマの異なる24時間特集編成を行うこともある。

データ放送では、他のスカパー!のチャンネルは「スカパー!みてみてサポーターのご案内」になっているが、当チャンネルでは気象情報・注意報の最新情報を常時放送している。

主な番組編集

主要株主である東映東宝をはじめ、円谷プロダクション国際放映日本アニメーションイザワオフィスなどで制作された作品を中心に編成している。主に日本テレビ系列テレビ朝日系列TBS系列テレビ東京系列フジテレビ系列といった主要民放テレビ局NHKで放送された番組をはじめとして、自社オリジナル作品も多く放送するほか、tvkなどのローカル局で放送された作品も放送する。

なおファミリー劇場で現在放映中、もしくは過去に放映されたことのある作品は、他のCSチャンネル(東映チャンネルチャンネルNECO日本映画専門チャンネルホームドラマチャンネルフジテレビワンツーネクストTBSチャンネルテレ朝チャンネル日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツキッズステーションアニマックスカートゥーン ネットワークアニメシアターX時代劇専門チャンネルチャンネル銀河LaLa TVなど)で放映しているものや、DVDとして発売およびインターネットで有料動画配信されているものもある。逆に他のCSチャンネルで放送された作品やDVDが発売された作品が後日ファミリー劇場で放送されることもある。

主に放送されている作品は以下に記す。

ドラマ編集

アニメ編集

特撮編集

映画・オリジナルビデオ編集

バラエティ編集

音楽編集

基本編成編集

※特別編成などにより、一部番組が異なる場合がある。

主な編成枠と編成内容編集

(2015年5月現在)

ベルト編成枠編集

  • おはようサスペンス劇場 毎週月曜 - 金曜 8:30 - 10:30。サスペンスドラマ枠。
  • 午後のワイドサスペンス 毎週月曜 - 金曜 12:00 - 18:00。サスペンスドラマ枠。
  • ファミ劇9時 黄金タイム 毎週月曜 - 日曜 21:00 - 23:00
  • ファミ劇11 毎週月曜 - 木曜 23:00 - 24:00

週1回編成枠編集

  • サタデーナイトMAX - 土曜 21:00 - 23:00。特集枠(金曜日夜の「ウィークエンドMAX」より改題)
  • サンデープレミアム - 日曜 12:00 - 18:00。大型特集枠。
  • 日曜テレビ秘宝館 - 日曜 24:00 - 26:00

オリジナル番組編集

(2015年6月現在)

放送中の番組編集

出演:山田五郎松嶋初音。制作自体は2014年で終了したが、現在は過去の作品を再放送中。

放送終了した番組編集

オープニング映像、ロゴマーク表示編集

番組開始前に、オープニング映像を流す(ミニ番組以外)。

制作局が製作したオープニング映像ではなくファミリー劇場オリジナルのもので、番組が始まる1・2分前に流す。その後制作局が作ったオープニング映像を流し、番組が始まる。

以下は歴代のオープニング映像の変遷。

  • 初代(1996年1月1日 - 2001年4月頃) - 白バックに壮大なテーマ曲と共にファミリー劇場のロゴマークが完成するCGを流していた(番組によっては、オリジナル作品本編の前に独自で番組タイトルを表示することもあった)。
  • 2代目(2001年5月中旬 - 2005年4月30日) - 2代目マスコットキャラクターの「ギュギュ」ファミリーが登場。ギュギュファミリーの歌(♪ファミリー、ファミリー、ファミリー劇場)の後に続き、ギュギュの手引きによる右スクロールでファミリー劇場のロゴが登場する。
  • 3代目(2005年5月1日 - 2007年6月17日) - “ファミリー”を表す、「止まれ」の看板にあるような、あの棒人形を使用し、その棒人形が遊園地で遊ぶという映像が流れ、その後、番組のショート映像が流れる。その遊園地では、「ドラマ」「バラエティ」「アニメ」「時代劇」「特撮」の5種類で遊ぶ、棒人形が登場する。
    • 3.5代目(10周年記念バージョン 2006年1月1日 - 12月31日) - 3代目のオープニングのラスト10秒で画面が黒くなり虹色の帯がダッシュして10th Anniversary ファミリーゲキジョー ファミリー劇場10周年!の文字が登場する。
  • 4代目(2007年6月18日 - 2009年10月31日) - ファミリー劇場のロゴマークの中で、丸いボールがピンボールの感覚で動き、最後は鼻の頭にくっつく。4代目では、ロゴにやや立体感がある。
    • 4.5代目(2009年7月1日 - 7月31日) - 『AKB48ネ申テレビ シーズン2』放送開始に合わせ、AKB48のメンバーが登場。
  • 5代目(2009年11月1日 - 使用中) - 3代目マスコットキャラクターの「フィリックス」がロゴマークの外枠部分を筆で書く。16:9で制作。

番組オリジナルの本編中、オープニング映像(サブタイトル)終了後とエンディング前(「つづく」などの表示の前)に、画面右下に白文字で「ファミリー劇場」のロゴが表示される。2001年6月までは、強い黒縁取りに白でロゴマークが表示されていた。

2008年11月より、本編放送中に画面左上に「ファミリー劇場」のウォーターマークが常時表示されるようになっている。ただし同年10月以前に放送された一部の作品(『金田一少年の事件簿』、『創聖のアクエリオン』、『Gメン'75』など)では前述の右下表示のロゴマークと重複して表示されることがある。2010年6月には「ファミリー劇場」の文字が大きくなり、くっきりとしたウォーターマークとなっている。

また、オープニングの番組タイトルとオリジナル作品本編の間にCMが入ることが多い。番組によっては、提供スポンサーがつくこともある。

アニメ番組冒頭の「部屋を明るくして見るように」という注意のテロップも、オープニング映像に準じたものとなっている。

NHK制作の作品を放送する際、冒頭に「この番組はNHKで○○年○月から○月まで放送されたものです」とテロップが出る場合がある。

マスコットキャラクター編集

1999年から2000年までは「お茶の間博士」(声:鈴木清信)、2001年から2005年春までは「ギュギュ」とその仲間たち(キュキュ、モガモガなど)を使用。2006年からは、かつてテレビアニメとして登場した「たまげ太くん」や、「忍者玉丸」などのオリジナルキャラクターを使用している。また、ファミリー劇場ホームページでもキャラクター紹介がある。

現在のマスコットキャラクター
  • フィリックス - オープニング映像のほか、CMスポットにも登場。
  • くらおとくらら - ファミリー劇場オリジナルによる癒し系クラゲのキャラクター。
  • 忍者玉丸 - ファミリー劇場オリジナルによる忍者キャラクター。なお、同名のアニメ作品が本チャンネルでも放送されている。
  • P☆Star(ピスター)
過去のマスコットキャラクター
  • お茶の間博士は1999年登場時は宮地雅子がナビゲーターをしていた『おしえて! お茶の間博士』に主に人形で登場したが、2000年には「ファミリー探検隊」や番宣にもたびたび登場、ファミリー劇場公式ホームページ「ファミゲキ・ドットコム」のカーソルポインターにも使用された。
  • ギュギュとその仲間たちは、2001年から2005年までの4年間、番組オープニングやステーションID(オリジナルCM)に多数登場、ファミリー劇場ホームページに「ギュギュ」のコーナーも設けられた。放送ではその他にも加藤夏希のファミナビに登場した。朝日放送のマスコット「キュキュ」とは全くの無関係。
  • ザツ学課長 - ファミリー劇場オリジナルキャラクター。正式には「清水課長」。訳知りで教えたがりなことから社内で「ザツ学課長」と呼ばれている。
  • たまげ太くん - となりのたまげ太くんを参照。

他チャンネルとの連携編集

  • 2004年から毎年夏休み期間中は、ファミリー劇場と東映チャンネルテレ朝チャンネルとの3チャンネル合同企画『スーパーヒーローMAX』を展開している。期間中、仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズよりTV作品や劇場版の他、戦隊出身女優が司会をする情報番組『スーパーヒーローMAXナビ』などを放送している。この他にも、以前は特撮情報マガジン『東映ヒーローMAX』(辰巳出版刊)誌面にチャンネル情報ページ「ファミリー劇場 Information」を掲載していた。
  • 2012年秋には、東映チャンネルと共同で「ドラマクロスプロジェクト」として『特捜最前線』・『プレイガール』の2作品をリメイク版として制作し、両チャンネルでそれぞれ異なる作品を放送。ファミリー劇場では同年10月に『プレイガール2012〜連鎖誘拐殺人を暴け!熱くてエロくてヤバい女豹たち〜』を放送した[5]

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定
  2. ^ 日テレプラスでも放送。
  3. ^ 2014年には第12回、2015年には第13回第11回、2016年には第7回を再放送した。第7回の再放送では、放送の翌週に前週の回を追っかけ再放送する「キャッチアップ放送」も実施。
  4. ^ テレ朝チャンネルでも放送。
  5. ^ 特捜最前線×プレイガール2012 Official Site

関連項目編集

外部リンク編集