メインメニューを開く

山本 芳彦(やまもと よしひこ、1983年11月6日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手内野手)。現在は広島東洋カープの二軍マネージャー補佐兼打撃投手を務める。

山本 芳彦
HC-Yoshihiko-Yamamoto-2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1983-11-06) 1983年11月6日(36歳)
身長
体重
186 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2001年 ドラフト7巡目
初出場 2006年7月17日
最終出場 2011年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

和歌山工高では投手として活躍し、高校3年時の夏には和歌山予選1回戦で前年度夏の甲子園優勝校の智辯和歌山高校と対戦。投打に活躍を見せ武内晋一が主将を務めていた同校を1回戦敗退に追い込む。2回戦の県立和歌山商高戦では2本塁打を放ち勝利するが、3回戦の日高高戦で0-5で敗退する。

通算21本塁打[1]。またエースで4番でありながら高校通算60盗塁以上を走る俊足と走塁センスをもっていた。

2001年プロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープに打力を見込まれて野手として7巡目指名を受け入団した。

プロ入り後編集

二軍では毎年60試合以上に出場して主力選手として活躍。足と肩があり内野・外野経験もあるため、プロ入り後は守備位置が固定される事はなく、捕手以外のすべてのポジションを経験している。

2004年、二軍でチームの投手が足りなくなったためマウンドに上がったこともあり、1イニング3打数0安打1四球と無難にこなした。

2005年は二軍で74試合に出場、打率.256 5本塁打 15盗塁(盗塁死3)と俊足を活かし盗塁で貢献した。[一塁手]13試合、二塁手1試合、三塁手15試合、遊撃手17試合、外野手39試合を守った。

2006年は二軍で64試合に出場し、ウェスタン・リーグ3位の打率.292、 6HR 5盗塁 16二塁打の好成績を残した。このことが認められ、7月17日にプロ5年目にして初の一軍出場を果たした。パンチ力があるため二軍では3番・5番など中軸を任せられる事が多くなってきた。一軍では少ない出場試合数ながら一塁・二塁・三塁の3ポジションを守った。

2007年は二軍で76試合に出場し打率.256、3本塁打と打撃面では前年より下降したが、赤松真人阪神タイガース)の26盗塁に次ぐ15盗塁(盗塁死2)はウェスタン・リーグ2位と自慢の機動力の成長を見せた。また、守備でもさまざまな守備位置で起用されてユーティリティーぶりを発揮し、合計で5失策と各ポジションでそれなりに安定した守備を見せた。一軍出場は前年を下回る4試合に留まった。

2007年秋季キャンプにて、若手野手の中で最も力強く鋭い打球を放っており、その元気の良さを買われマーティ・レオ・ブラウン監督からFA移籍した新井貴浩の後任として名前を挙げられた。

2008年は二軍で70試合に出場し、自己最多タイの6本塁打を記録するが、打率は.257と前年と余り変わらず、新加入の野手の台頭もあって一軍出場はなかった。

2009年は春季キャンプから一軍のメンバーに入り、ブラウン監督の目を引いた。オープン戦も好調を維持し、自身初の開幕一軍の切符を獲得するも、2試合出場した後二軍落ちし、その後は一軍への昇格は無かった。

2010年は前半戦は1軍の機会がなかったものの、オールスター戦前に栗原健太の故障を機に一軍に昇格し、8月5日の対横浜戦ではプロ入り初の適時打を放った。自己最多の39試合に出場。代打、代走だけでなく一塁、二塁、三塁、外野と多くの守備位置を守り、一軍での経験を積んだ。

2012年は一軍の出場機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。

引退後編集

プロ3年目の2004年にはウエスタンリーグで投手として1試合のみ登板しており、内野手登録ながら、球団から打撃投手としての契約を打診された[2]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2006 広島 17 31 31 1 7 2 0 0 9 0 0 0 0 0 0 0 0 10 2 .226 .226 .290 .516
2007 4 5 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .200 .000 .200
2009 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2010 39 46 43 4 11 1 0 0 12 2 0 0 1 1 1 0 0 15 0 .256 .267 .279 .546
2011 17 27 27 0 9 1 0 0 10 2 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .333 .333 .370 .704
通算:5年 79 111 107 6 27 4 0 0 31 4 0 0 1 1 2 0 0 30 3 .252 .264 .290 .556

記録編集

背番号編集

  • 59 (2002年 - 2012年)
  • 113(2019年)
  • 2013年から打撃投手を務めるが、マネージャー補佐兼任のため、他の打撃投手と異なり2018年まで背番号がなかった。

脚注編集

  1. ^ 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、23頁。ISBN 4-408-61577-3
  2. ^ “【広島】末永、小松、永川弟らを戦力外”. 日刊スポーツ. (2012年10月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121003-1027104.html 2012年10月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集