メインメニューを開く

岸本 武流(きしもと たける、1997年7月16日 - )は、奈良県出身のプロサッカー選手Jリーグ徳島ヴォルティス所属。ポジションはフォワード

岸本 武流 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キシモト タケル
ラテン文字 Takeru Kishimoto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-07-16) 1997年7月16日(22歳)
出身地 奈良県
身長 174cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 徳島ヴォルティス
ポジション FW
背番号 15
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- セレッソ大阪 0 (0)
2016- セレッソ大阪U-23 18 (6)
2018 水戸ホーリーホック (loan) 38 (3)
2019- 徳島ヴォルティス (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

来歴編集

クラブ編集

2016年、下部組織を得てセレッソ大阪のトップチームに昇格[1]。5月1日、J3リーグ第7節のY.S.C.C.横浜丸岡満に変わってJリーグ初出場を果たす。5月15日、J3第9節の鹿児島ユナイテッドFC戦でJリーグ初得点。2017年3月12日、グルージャ盛岡とのJ3開幕戦では2得点をあげる活躍を見せた[2]

2018年水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍で加入[3]。2月25日、開幕戦のモンテディオ山形戦で先発すると、全得点に絡む活躍を見せた[4]。4月15日、第9節のツエーゲン金沢戦で移籍後初得点を決めた[5]。10月28日、第39節のモンテディオ山形戦では決勝点を決めて勝利に貢献した[6]

2019年、育成型期限付き移籍徳島ヴォルティスに加入[7]。第5節の東京ヴェルディ戦で得点を決めて、DAZNによる第5節のベストゴールに選出された。[8]

代表編集

2016年10月、AFC U-19選手権のメンバーに選出。準決勝のベトナム戦ではFWで先発し、先制点をあげて3-0の勝利に貢献した[9]。翌年5月に行われたFIFA U-20ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。

経歴編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 C大阪 40 J2 0 0 - 0 0 0 0
2017 J1 0 0 3 0 0 0 3 0
2018 水戸 J2 38 3 - 1 0 39 3
2019 徳島 15 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 38 3 - 1 0 39 3
総通算 38 0 3 0 1 0 42 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 C大23 40 J3 18 6 18 6
2017 26 9 26 9
通算 日本 J3 44 15 44 15
総通算 44 15 44 15

タイトル編集

代表歴編集

  • U-17日本代表
    • 第18回国際ユースサッカー in 新潟(2014年)
    • サニックス杯国際ユースサッカー大会(2014年)
    • 第21回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント(2014年)
  • U-18日本代表
    • 第27回国際ユースフットボールトーナメント(2015年)
    • SBSカップ国際ユースサッカー(2015年)
    • Panda Cup(2015年)
  • U-19日本代表

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集