峠の国盗り綱引き合戦

峠の国盗り綱引き合戦(とうげのくにとりつなひきがっせん)は、1987年(昭和62年)より毎年10月の第4日曜日静岡県浜松市天竜区長野県飯田市の境である兵越峠で行われる、国境の領土を賭けた綱引きイベントである[1]

兵越峠(手前が長野県で、奥が静岡県。写真右側に「国境」の札が設置されている)

目次

概要編集

遠州軍」(浜松市天竜区(旧磐田郡水窪町))と「信州軍」(飯田市(旧下伊那郡南信濃村))の代表同士がチームを組んで綱引きを行い、勝ったチームが「国境」を1メートル相手側の領土に動かすことができる[2]。会場の峠にはこの時に決められた「国境」と標示された札が常時設置されている。

綱引きの結果で行政上の県境が変わるわけではない。「告!! この標識は国盗り綱引き合戦に於いて定めた国境である 行政の境に非ず」との立て札が立てられている。

イベント当日は開会式、アトラクションに続いて、一般の観客や来賓による綱引きが行われる。その後、両県知事のメッセージの代読や、浜松・飯田双方の市長による「口上合戦」が行われた後、メインの「国盗り綱引き」が行われる。試合終了後、県境に立てられている「国境」の札の前へ移動し、代表メンバーや関係者、観戦者らが見守る中、勝利を収めた側の来賓自らがを使って立てなおして、大会で決した「国境」が画定する。

規定編集

ルールは商工会の話し合いで決められている。

2013年からルールが一部変更となった[2]

  • 試合は10人対10人で3本勝負を行い2本先取で勝利となる[2]
  • 1回目と2回目を制限時間2分間でそれぞれ行うが、必ず10人のうち1人以上を女性選手で構成しなければならない[2]
  • 3回目は制限時間なしで女性選手を出場させなくてもよい[2]

第1回から第3回大会までは互いのふもとから峠を目指し、山道を歩いて登った後に綱引きを行うきまりであった。ただ、道なき道を進むため途中で迷い、集合時刻に間に合わないことが続いたため、現在このルールは廃止となった。

戦績編集

2011年(平成23年)10月23日に開催された第25回大会では、信州軍が3本勝負を2本先取し勝ちを収めた[3]。これにより、信州軍は2009年(平成21年)の第23回大会以来となる2年ぶりの勝利となり、それまで行政上の県境と同じ位置にあった国境を1メートル遠州側に伸ばした。2016年(平成28年)第30回大会現在の戦績は信州軍17勝、遠州軍13勝で信州軍が4つ勝ち越している。過去に、遠州軍が戦績で勝ち越して信州側に「国境」が立てられたことはない。

大会 開催年 信州軍 遠州軍 国境の位置
第1回 1987年 勝利 1メートル遠州側
第2回 1988年 勝利 2メートル遠州側
第3回 1989年 勝利 3メートル遠州側
第4回 1990年 勝利 2メートル遠州側
第5回 1991年 勝利 3メートル遠州側
第6回 1992年 勝利 2メートル遠州側
第7回 1993年 勝利 3メートル遠州側
第8回 1994年 勝利 4メートル遠州側
第9回 1995年 勝利 3メートル遠州側
第10回 1996年 勝利 2メートル遠州側
第11回 1997年 勝利 3メートル遠州側
第12回 1998年 勝利 2メートル遠州側
第13回 1999年 勝利 3メートル遠州側
第14回 2000年 勝利 2メートル遠州側
第15回 2001年 勝利 1メートル遠州側
第16回 2002年 勝利 2メートル遠州側
第17回 2003年 勝利 3メートル遠州側
第18回 2004年 勝利 2メートル遠州側
第19回 2005年 勝利 3メートル遠州側
第20回 2006年 勝利 2メートル遠州側
第21回 2007年 勝利 1メートル遠州側
第22回 2008年 勝利 実際の県境と同じ
第23回 2009年 勝利 1メートル遠州側
第24回 2010年 勝利 実際の県境と同じ
第25回 2011年 勝利 1メートル遠州側
第26回 2012年 勝利 2メートル遠州側
第27回 2013年 勝利 3メートル遠州側
第28回 2014年 勝利 2メートル遠州側
第29回 2015年 勝利 3メートル遠州側
第30回 2016年 勝利 4メートル遠州側

交通編集

自動車
  • イベント会場である国盗り公園には駐車場が設置されているものの、イベント当日は大会関係者のみの利用に限られ、また県境の前後区間内の林道は駐車禁止となっているため、双方からそれぞれ運行しているシャトルバスに乗り換えて向かう(シャトルバス発着場周辺の駐車場の駐車料金やバス運賃は無料)。なお、イベント開催時間中の双方の県への一般車両の通り抜けは可能である。

その他編集

  • このイベントは両県の親睦を深める意味で重要な役割を持っている。観客だけでなく来賓の国会議員(双方の県の代表として陣羽織を羽織っている)や市長(または市関係者)、警備にあたる警察官、報道陣も双方の県から訪れている。来賓も綱引きに参加するなど、県境を隔てた両県が一つになる光景は大変珍しく興味深い。
  • 更に双方が三遠南信地方を成すことから、三河側からも東三河地区の自治体関係者が訪れ、行司役にも扮している。
  • イベント当日双方からシャトルバスが運行され、地元住民や観光客などが大勢詰め掛け、その数は年を追うごとに増えている。周辺の山々の紅葉シーズンとちょうど重なるため、普段は静かな兵越峠もこの時ばかりは大歓声に包まれる。
  • イベントは兵越峠の隣にある「国盗り公園」とよばれる公園内で行われる。この公園は長野県飯田市に属している。
  • 海のない信州軍は「信州に海を!」を目標に掲げている。しかし会場から太平洋までの距離は約67キロあるため、「国境」を海まで移動させるには、計算上信州軍は約6万7000連勝しなければならない。また、信州軍が仮に9万連敗した際には諏訪湖を遠州軍に盗られてしまう[1]
  • 遠州軍の水窪には、年間を通じて活動している「みさくぼ綱引き倶楽部」があり、一般や小学生なども参加した綱引きのイベントも行われている。一方の信州軍はダンプカー相手に綱引きの練習をするなど[4]、近年はテクニック、パワー双方のレベルアップが著しく、その成果が国盗り綱引き合戦にも現れている。

類似イベント編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集