メインメニューを開く

島津 雅彦(しまづ まさひこ、1952年10月1日 - )は、日本の元俳優、元子役俳優である[1][2][3][4][5][6]。本名原田 龍三郎(はらだ りゅうざぶろう)[1][2]

しまづ まさひこ
島津 雅彦
本名 原田 龍三郎 (はらだ りゅうざぶろう)
生年月日 (1952-10-01) 1952年10月1日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島郡谷山町大字上福元
(現在の同県鹿児島市谷山中央
職業 俳優
ジャンル 劇場用映画テレビ映画
活動期間 1958年 - 1970年
配偶者 有 (1974年 - )
著名な家族 原田 敬二郎 (父)
原田 幸子 (母)
事務所 日本アーチストクラブ
劇団若草
主な作品
お早よう
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1952年(昭和27年)10月1日鹿児島県鹿児島郡谷山町大字上福元(現在の同県鹿児島市谷山中央)に、父・原田敬二郎、母・原田幸子、3男1女の兄弟の三男として生まれる[1][2]。父は同地に「谷山映画劇場」(のちの谷山東映、現存せず、現在跡地は鹿児島情報高等学校)を経営していた[1]

1958年(昭和33年)の初頭に、日活の撮影隊が鹿児島でのロケーション撮影を行った際に、地元の興行組合がそれを歓迎する宴席を行ない、その場で、女優の月丘夢路に花束を渡す役を当時5歳の島津が務め、同社にスカウトされたのが、映画界入りのきっかけであった[1]。その後、東京に移って日本アーチストクラブに所属し、同年4月22日に公開された吉村廉監督の『少女と風船』に出演して子役としてデビューした[1][2]。同年、日活での出演をつづけるかたわら劇団若草で3年ほど演技・発声、藤間勘紫乃に師事して日本舞踊を学ぶ[1]松竹大船撮影所が製作した映画『お早よう』(1959年)、『夕陽に赤い俺の顔』(1961年)には「島津雅彦(若草)」とクレジットされている[7][8]

1959年(昭和34年)4月、東京都新宿区新宿区立富久小学校に入学する[1]。多くの映画出演、テレビ出演、雑誌モデル等の活動を行っていたが、学業専念のため、1964年(昭和39年)、小学校6年次に鹿児島に戻り、鹿児島市立山下小学校に転校した[1]。その後、鹿児島市立甲東中学校の在学中にテレビ映画戸田家の兄妹[6]鹿児島県立鹿児島中央高等学校の在学中に瀬川昌治監督の『喜劇 満願旅行』にそれぞれ出演している[1][6]。同校卒業後の1973年(昭和48年)4月、慶応義塾大学法学部政治学科に進学する[1]。1974年(昭和49年)3月、学生結婚を経て、1977年(昭和52年)3月に同学を卒業した[1]。映画界からは引退している[1][3][4][5][6]


フィルモグラフィ編集

すべてクレジットは「出演」である[3][4][5][6]。公開日の右側には役名、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p キネマ旬報社[1979], p.272.
  2. ^ a b c d e 島津雅彦jlogos.com, エア、2012年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c 島津雅彦日本映画データベース、2012年12月2日閲覧。
  4. ^ a b c 島津雅彦日活データベース、2012年12月2日閲覧。
  5. ^ a b c 島津雅彦、映画データベース、東宝、2012年12月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e 島津雅彦テレビドラマデータベース、2012年12月2日閲覧。
  7. ^ お早よう東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月2日閲覧。
  8. ^ 夕陽に赤い俺の顔、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l 島津雅彦、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月2日閲覧。
  10. ^ 満願旅行、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月2日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集