メインメニューを開く

平勢 隆郎(平㔟 隆郎、ひらせ たかお、1954年 - )は、中国史家東京大学東洋文化研究所教授。本来は勢の字の左上部分が生(㔟)で、隆の字の夂と生の間に一が入る。茨城県出身。

主として古代史の分野について研究を進め、独自の説を提出している。『史記』に於ける同一人物の複数化・年代的な誤りなどを指摘し、独自に再建した編年を提出している。また『春秋』『春秋左氏伝』などの経書や『史記』『漢書』『日本書紀』などの史書暗号が隠されていると主張している。

その学説の特徴編集

平勢の学説には、大きく分けて2つの特徴がある。

先秦編年の補正編集

  • 『史記』は、立年称元(前君主が死去した年を新君主の元年とする制度)を踰年称元(前君主死去の翌年を新君主の元年とする制度)と誤解して編年し、そこから生じる「矛盾」を処理するため、元資料に恣意的な改竄を施している。
  • 『史記』に含まれる年代矛盾は、記事全体の三分の一にも及んでおり、そのままで先秦史の研究をおこなうことはできない。
  • 平勢独自の解釈によって、これらの矛盾はすべて解決し、本来の編年を復元できたとする。

経伝の再解釈編集

  • 上記の編年復元作業によって、踰年称元の制度は戦国中期のにはじまることが判明したとする。
  • 踰年称元を採用する経典『春秋』は、したがって戦国中期の田斉国によって作成された。これは田斉の正統性を孔子が暗示した予言書だとして田斉自身によって偽作されたものであるとする。
  • 田斉による『春秋』偽作に対抗して、韓国が『春秋左氏伝』を、中山国が『春秋穀梁伝』を偽作し、自国の正統性を主張したとする。
  • 現在のところ、平勢が考える経伝の諸国への配当(その経伝が正統を暗示している戦国国家)は、以下の通り。

著作編集

  • 『史記の「正統」 』(講談社学術文庫,2007年) ISBN 9784061598539
  • 『都市国家から中華へ 中国の歴史02』(講談社,2005年) ISBN 4062740524
  • 『亀の碑と正統』(白帝社アジア史選書,2004年)ISBN 4891746750
  • 『『春秋』と『左伝』』(中央公論新社,2003年)ISBN 4120033627
  • 『よみがえる文字と呪術の帝国』(中公新書,2001年)ISBN 4121015932
  • 『中国古代の予言書』(講談社現代新書,2000年)ISBN 4061495089
  • 『中華文明の誕生』(中央公論社,1998年)ISBN 4124034024
  • 『中国古代紀年の研究 東京大学東洋文化研究所研究報告』(汲古書院,1998年)ISBN 476292492X
  • 『左傳の史料批判的研究 東京大学東洋文化研究所報告』(1996年,汲古書院)ISBN 4762926299
  • 『新編史記東周年表』(東京大学出版会,1995年)ISBN 4130210572
  • 『『史記』二二〇〇年の虚実:年代矛盾の謎と隠された正統観』(講談社,1995年)ISBN 4062087669
  • 『春秋晋国『侯馬盟書』字体通覧』(東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センター刊行委員会,1988年)
  • 『謎の石造建築岡益石堂』(たたら書房,1987年)
  • 『「濃山古墳群」とその環境』(鳥取大学教育学部,1986年)
  • 平勢隆郎 「今本《竹書紀年》之特點」 『竹書紀年研究(1980-2000)』 廣西師範大學出版社、2015.6、152-191. (中国語)
  • 平勢隆郎 「清華簡『繋年』に關する若干の話題」 『出土文獻と秦楚文化』 (2015.3 )、25-44.
  • 平勢隆郎 「里耶秦簡中の暦日について」 『中國出土資料研究』 第19号 (2015.3 ).
  • 平勢隆郎 「論《漢書》的形式與編纂者班固」 『紀念方詩銘先生學術論文集・史林揮麈』 上海古籍出版社、2015.1、168-175. (中国語)
  • 平勢隆郎 「関野貞の亀趺研究に関する補遺」 『川勝守・賢亮博士古稀記念東方学論集』 汲古書院、2013.10、3-31.
  • 平勢隆郎 「戰國楚王之自稱」 『羅運環主編、楚簡楚文化與先秦歴史文化國際學術研討會論文集』 湖北教育出版社、2013.8、529-541. (中国語)
  • 平勢隆郎 「既老且新的四神問題」 『第四回世界儒學大會論文集』 文化藝術出版社、2012.8、435-439. (中国語)
  • 平勢隆郎 「周初年代諸説」 『李紀祥主編、史記學與世界漢學論集』 唐山出版社、2011.5、235-265. (中国語)
  • 平勢隆郎 「骨が語る「中国史」」 『Olive――骨退社と生活習慣病の連関3 (コラム)』 (2010.8 )、50-51.
  • 平勢隆郎 「上博楚簡『天子建州』と封建論」 『出土文獻と秦楚文化5』 (2010.3 )、109-128.
  • 平勢隆郎 「『論語』の天下觀、『孟子』の天下觀、『禮記』の天下觀――「天下の正統」とその暦を理解するために」 『相馬充・谷川清隆編、第二回「歴史的記録と現代科学」研究会収録』 国立天文台、2009.3、1-16.
  • 平勢隆郎 「何謂游俠的”儒化”――豪族石碑出現的背景」 『趙力光主編、紀念西安碑林九百二十周年華誕國際學術研討會論文集』 文物出版社、2008.10、92-126. (中国語)
  • 平勢隆郎 「游俠の「儒化」とは何か」 『史料批判研究8』 (2007.12 ).
  • 平勢隆郎 「戰國時代的天下與其下的中國、夏等特別領域」 『甘懐眞主編、東亞歴史上的天下與中國概念』 臺灣大學出版中心、2007.11、53-91. (中国語)
  • 平勢隆郎 「中國戰國時代の國家領域と山林藪澤論」 『松井健責任編集、自然の資源化』 弘文堂、2007.3、27-82.
  • 平勢隆郎 「東亞册封體制與龜趺碑」 『東亞文化圏的形成與發展──政治法制篇──』 国立台湾大學歴史系、2003. (中国語)
  • 松丸道雄 平勢隆郎 他 「春秋・戦国」 松丸道雄 編 世界歴史大系 『中国史1 先史〜後漢』 山川出版社、2003.
  • 平勢隆郎 「中国古代正統的系譜」 『第一回中国史学国際会議研究報告集・中国の歴史世界:統合のシステムと多元的発展』 東京都立大学出版会、2002. (中国語)
  • 平勢隆郎 「占い、予言、そして「歴史」・読書案内」 歴史を問う 第2巻 『歴史と時間』 岩波書店、2002.
  • 平勢隆郎 「文字の發生と展開」 高濱秀 岡村秀典 編 世界美術大全集東洋編 第1巻 『先史殷周』 小学館、2000.
  • 平勢隆郎 「殷周王朝の時代」 『世界四大文明中国文明展』 NHK・NHKプロモーション、2000.
  • 平勢隆郎 「鄂君啓節」 『中国国宝展』 朝日新聞社、2000.
  • 平勢隆郎 「竹簡釈文, 解説」 東京国立博物館 編 『漆で描かれた神秘の世界』 トヨタ財団、1998.
  • 平勢隆郎 「中華の形成と東方世界」 鶴間和幸他 編 岩波講座 世界歴史 第3巻 岩波書店、1998.
  • 平勢隆郎 「試論西周紀年」 『武王克殷之年研究』 北京師範大学出版社 (1997.). (中国語)
  • 平勢隆郎 「中国古代の暦における水と火」 古代オリエント博物館 編 『江上波夫先生米寿記念論集文明学原論』 山川出版社、1995.
  • 平勢隆郎 「春秋戦国時代楚国領域の拡大について」 『日中文化研究』 第7巻 勉誠出版 (1995.).
  • 平勢隆郎 「度量衡の統一とは何か一暦法・称元法との関わりを手がかりに」 世田谷美術館 日本放送協会 NHKプロモーション 編 『秦の始皇帝とその時代展図録』、1994.
  • 平勢隆郎 「古銭(中国)」 青柳正規 西野嘉章 編 『東アジアの形態世界』 東京大学総合研究資料館,東京大学出版会、1994.
  • 平勢隆郎 「西周紀年に関する試論」 『中国史学』 第4巻 中国史学会 (1994.).
  • 平勢隆郎 「戦国時代徐州の争奪--滅宋・滅越問題を中心として--」 川勝守 編 『東アジアにおける生産と流通の歴史社会学的研究』 中国書店、1993.
  • 平勢隆郎 「曽侯乙編鐘の歴史的意義」 『曽侯乙墓』 日本経済新聞社、1992.
  • 平勢隆郎 「編鐘的設計與尺寸以及三分損益法」 『曾侯乙墓編鐘研究』 湖北省博物館・アメリカカリフォルニア大學サンディエゴ校・湖北省對外文化交流協會、1992. (中国語)
  • 平勢隆郎 「因幡古代の石造技術」 昭和61年度特定研究費教育学部研究報告書 『山陰地方の地域産業振興に関する基礎的研究』 鳥取大学、1987.
  • 平勢隆郎 「楚王と県君」 『史学雑誌』 第90巻 第2号 史学会 (1981.).

平勢説に賛成する研究者編集

  • 尾形勇
    • 平勢と共著した概説書『中華文明の誕生』にて平勢の提示した年代を使用している。
  • 原宗子
    • 『新編 史記東周年表』『中国古代紀年の研究』の書評の中で両書を『「瑚璉[1]」にも譬えられるべき至宝ではないか、と思われるのである。」と賞賛している。
  • 小寺敦

平勢説に反対する研究者編集

  • 吉本道雅
    • 平勢が復元したと称する編年それ自体に矛盾が含まれていると指摘。
    • 原資料の恣意的な改竄を想定する平勢の方法を、研究上の禁忌に属すものと批判。
  • 水野卓
    • 平勢の指摘する「微言構造」の中に、原資料中に存在しないものがあると指摘。
  • 浅野裕一
    • 平勢説が、郭店楚簡などの新出土資料に合わないと指摘。
    • 誰にも理解できない「微言」は、王権正当化抗争の手段たり得ないと批判。
  • 相原健右
    • 平勢の用いる資料のうちに、近世の偽書が含まれていると指摘。
  • 井上了
    • 平勢の指摘する「微言構造」の多くが、互いに矛盾していると指摘。
  • 小沢賢二
    • 平勢が復元した暦には計算ミスがあり、中国暦の法則にも合わないと指摘。
    • 『竹書紀年』に対する平勢説を、自説を盗用したものだと批判。
  • 落合淳思
    • 過去2300年間に『春秋』や三伝を平勢のように解釈したりする人間はおらず、誰一人そのように解釈しなかったとする浅野裕一の批判を支持
  • 張培瑜
    • 平勢は張に倣って前三六六年一月立春の甲寅日が暦元となる暦法の存在を主張しているが、すでに張はこれを誤りと認めて撤回したと指摘。
    • 春秋』が田斉によって作成されたことなど、天文暦法からみてまったく根拠がないものだと批判。
  • 渡邊英幸
    • 岡村秀典(京都大学・考古学)の編年では、春秋時代後期と比定された秦墓から越王者於賜戈の銘文がある銅戈が出土したことになっているが、平勢の編年ではこの銅戈の繁年が前三七六年となっていると指摘。
    • 平勢が『穀梁伝』は鮮虞を中心とする領域のみを中国とし、その外側を夷狄と見なしていることに無理な解釈であるとして批判。
  • 野間文史
    • 平勢が唱える微言構造を批判した水野卓と井上了の批判を支持。
    • 戦国時代の王権は相互に称王を承認しあう性格を持っていたとする浅野裕一の批判を支持。

脚注編集

  1. ^ 祭祀の際に使われる重要な器のこと。孔子子貢をこれに譬えた。

参考文献編集

賛成編集

批判編集

外部リンク編集