メインメニューを開く
広島拘置所

広島拘置所(ひろしまこうちしょ)は、法務省矯正局広島矯正管区に属する拘置所。全国に8箇所(東京立川名古屋京都大阪神戸・広島・福岡)ある拘置所のひとつである。通称「広拘(ひろこう)」。

目次

所在地編集

収容分類級編集

定員編集

  • 392名

交通手段編集

組織編集

所長の下に2部1課を置く2部制の施設である。

  • 総務部(庶務・会計・用度)
  • 処遇部(処遇・企画)
  • 医務課

外観・設備編集

  • 広島矯正管区のなかでも広島高等裁判所の所在地にあるため、死刑場があり、死刑判決が確定した者が収監されている。
  • 外塀には、1808年頃の広島の地図や当時の生活習慣を描いた『江山一覧図』を参考にした壁画が高さ2m・長さ190mにわたって描かれており、名所の一つになっている。広島城築城400年を記念して広島市が企画したものであり、1989年に画家の入野忠芳によって制作された。

確定死刑囚編集

一部例外もあるが基本的に中国地方で死刑が確定した者(死刑囚)が収容されている。 ※は第一審・裁判員裁判の死刑囚。

最高裁上告中及び広島高裁控訴中の死刑判決事件被告人編集

※は第一審・裁判員裁判の被告人

ギャラリー編集