彼女 (アルバム)

彼女』(かのじょ)は、aikoのメジャー通算7枚目のアルバム2006年8月23日ポニーキャニオンから発売された。

彼女
aikoスタジオ・アルバム
リリース
録音 2005年 - 2006年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース aiko
千葉篤史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年9月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度年間28位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • aiko 年表
    夢の中のまっすぐな道
    (2005年)
    彼女
    (2006年)
    秘密
    (2008年)
    『彼女』収録のシングル
    1. キラキラ
      リリース: 2005年8月3日
    2. スター
      リリース: 2005年11月30日
    3. 雲は白リンゴは赤
      リリース: 2006年7月12日
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    前作から約1年半ぶりのオリジナルアルバム。タイトルの「彼女」は「色々な女性や女の子がこのアルバムの中にいる」という意味でaiko自身がつけた。そのため、ガールフレンドという意味でなく第三人称としての「彼女」である。作成されたアルバムのPVはドラマ形式の内容となっており、aiko本人の他に、大杉漣須賀健太西内まりやらが出演している[1]オリコンの月間ランキングで1位を獲得した。2008年3月12日「aiko 10th Anniversary ちょっと嬉しいHappy Surprise vol.1」として初回限定仕様盤に本人デザインのオリジナルステッカーを封入して復刻リリース。文字色は赤に変更されている。

    収録曲編集

    • 全曲、作詞・作曲:AIKO
    1. シャッター [4:10]
      編曲:島田昌典
    2. 気付かれないように
      編曲:吉俣良
    3. キラキラ
      編曲:島田昌典
      18thシングル
    4. キスする前に
      編曲:根岸孝旨
      • NTT DoCoMo「aiko-だから私はドコモです」篇CMソング
    5. 深海冷蔵庫
      編曲:島田昌典
    6. 17の月
      編曲:島田昌典
    7. その目に映して
      編曲:島田昌典
    8. ひとりよがり
      編曲:根岸孝旨
    9. あられ
      編曲:島田昌典
    10. スター
      編曲:島田昌典
      19thシングル
    11. 恋ひ明かす
      編曲:根岸孝旨
    12. 雲は白リンゴは赤
      編曲:島田昌典
      20thシングル。
    13. ある日のひまわり
      編曲:島田昌典
      18thシングル『キラキラ』のc/w
    14. 編曲:島田昌典
      • 2005年の「Love Like Pop vol.9何度やってもうれしい追加公演。トロ~ン」コンサート終了後、初めて流され、その後花王ハミングCMソングとしてアルバムの発売1年以上前からOAされていた楽曲。
      • 元々この曲はaikoの友人が臨月を迎え、出産の前に「破水した」という友人からのメールをaikoが受けた際に作った曲であり、1番だけしかなかった。その後、タイアップが決まった際に2番を制作し、現在の形になる。
      • このような経緯からシングル未発売ながら、第57回NHK紅白歌合戦で歌唱された。

    収録ベストアルバム編集

    脚注編集

    1. ^ 大泉共弘. “大泉共弘 過去演出作品”. 2015年4月10日閲覧。

    外部リンク編集