aiko

日本の女性シンガーソングライター

aiko(アイコ、1975年11月22日 - )は、日本シンガーソングライター[2]である。大阪府吹田市出身[3]。所属芸能事務所はbuddy go。所属レコード会社およびレーベルポニーキャニオン身長は152cm。ABO式血液型はAB型。公式ファンクラブは「Baby Peenats」。

aiko
別名
  • AIKO
  • 踝蛍子
生誕 (1975-11-22) 1975年11月22日(46歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府吹田市
学歴 大阪音楽大学短期大学部卒業
ジャンル J-POP[1]
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 1998年 -
レーベル ポニーキャニオン
事務所
共同作業者
公式サイト aiko official website

概要

ラジオ番組のDJ等の活動を経て、1998年7月に『あした』でメジャーデビュー。「カブトムシ」「花火」「桜の時」「ボーイフレンド」「キラキラ」など多数のヒット曲を発表している[3]。日本国内全てのサブスクリプションサービスにおいて楽曲を配信していないアーティストの一人であったが、2020年2月26日午前0時より、主要サービスにおいて配信を開始した。

2021年12月14日のライブツアー「Love Like Pop Vol.22」最終日に(2020年中に)結婚していたことをファンに報告した[4]

作詞・作曲における表記

歌手としての表記は「aiko」だが、作詞・作曲の欄は「AIKO」となっている。その理由については、メジャーデビュー前に表記をローマ字にすることは決めていたが大文字か小文字かについては特に決めてはおらず、JASRACに申請する際に大文字で「AIKO」と申請したためである(ラジオにおける本人談)。なお、オムニバス・アルバム『ドーテイオムニバスCD Vol.1』では歌手名および作詞・作曲ともに「AIKO」だが、『astral box』以降は現在と同様に歌手名が「aiko」で作詞・作曲を「AIKO」としている。

公式ファンクラブ

公式ファンクラブ名は「BABY PEENATS」。名称はaikoが命名。由来は自身が好きであるスヌーピーから来ている。

来歴

メジャーデビュー前

1975年11月22日大阪府吹田市で誕生。小学校高学年の頃からの一時期を家庭の事情で親戚の家で暮らす[5]。この時から歌手を目指すようになる。中学生の頃、父の友人である円広志は、歌手になりたいというaikoに「苦労するから辞めておけ」と反対していた。高校生の頃からピアノを使って作曲を始める。また、大阪府立東淀川高等学校在学中は生徒会で副会長を務める一方、高校卒業までは友人と共にバンド活動を行っていた。

1995年5月、大阪音楽大学短期大学部在学中に出場したコンテスト「第9回TEENS' MUSIC FESTIVAL[注 1]にて、自身で作詞・作曲した曲「アイツをふりむかせる方法」[注 2]を披露し、グランプリを獲得した[6]

1996年、短大卒業後の4月からfm osakaCOUNTDOWN KANSAI TOP40』のパーソナリティとなり、以降、3つ番組のパーソナリティを務める[注 3]。8月頃に、短大の卒業制作として友人と共に共同自主制作した『ドーテイオムニバスCD Vol.1』を発売。10月に出場したコンテスト「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」では、椎名林檎らと共に優秀賞を受賞した[7][注 4]

1997年、コンテストに出場していたaikoに目を付けたポニーキャニオンの音楽プロデューサーから連絡が入り、12月20日インディーズ1stアルバム『astral box』発売。1998年にはインディーズ1stシングル「ハチミツ」、インディーズ2ndアルバム『GIRLIE』を発売。4月、aikoのもとに映画主題歌の話が入り、メジャーデビューの話が進む。

メジャーデビュー後

1998年7月に1stシングル「あした」でデビュー。映画新生 トイレの花子さん』の主題歌に使用されるなど、関西のFMラジオを中心に話題を集める。初となるワンマンライブ『LOVE LIKE POP!』を江坂ブーミンホールにて開催。

1999年、3rdシングル「花火」がヒットし、長期に渡りオリコンチャートにランクイン。ミュージックステーションに初出演も果たし、全国区の注目の存在となる。

2000年、2ndアルバム『桜の木の下』が週間オリコンチャートで1位を獲得。累計売上も140万枚を売り上げる大ヒットとなり、日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞[8]。同年リリースの「ボーイフレンド」も約50万枚以上を売り上げ、『第51回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。

2001年、『夏服』が2作連続となるミリオンヒットを記録するなどし、前作に続き日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞[9]。7月からはコンサートツアー『LOVE LIKE POP Vol.6』がスタート。しかし、福岡公演の際に喉を痛め、後に声帯結節急性咽頭気管炎と診断され公演の一部は延期したが、完治後追加公演を行い無事ツアーを終了させる。

2003年、aiko本人初出演のCM、グリコ『カフェオーレ』が全国でオンエアされる。九州限定版(宮崎・鹿児島県)と全国版が制作され、CMソングは「蝶々結び」「アンドロメダ」が起用される。8月30日に片瀬海 岸西浜海水浴場にて初の野外ゲリラフリー(入場無料)ライブ「Love Like Aloha」を開催。携帯サイトと公式サイトのみで開催直前の告知にも関わらず2万5千人を動員。10月には青山学院大学にて約4年ぶりとなる学園祭ライブを行った。

2005年、「キラキラ」がテレビドラマ『がんばっていきまっしょい』の主題歌となる。アーティストブック『aiko bon』がソニー・マガジンズより発売。今まで語られることの少なかった、生い立ちやデビューまでの経緯が綴られている。また、1年に1度行われるオリコンの「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」では1位を獲得(翌年2006年も1位)。

2006年、8月23日に7thアルバム『彼女』をリリース。オリコンチャートにて初登場1位を獲得。8月30日には2度目となる野外ゲリラフリーライブ「Love Like Aloha Vol.2」をサザンビーチちがさきにて開催。開演直前に豪雨に見舞われるも無事に完遂し2万5千人を動員。

2007年、初となる両A面、22ndシングル「星のない世界/横顔」をリリース。「横顔」がテレビドラマ『ホタルノヒカリ』の主題歌になる。

2008年、4月2日に8thアルバム『秘密』をリリース。またメジャーデビュー10周年を迎え「aiko 10th Anniversary ちょっと嬉しいHappy Surprise」というキャンペーンを実施。第一弾として過去に発表された全てのアルバムの初回盤(復刻版)が発売される。その一環としてアルバム『秘密』を購入し専用サイトにて応募し当選した者だけが参加できるライブハウスツアー『裏Love Like Rock〜60分1本勝負』を開催。また通常のライブツアー『Love Like Pop Vol.11』が全国20箇所で行われる。さらには左記のキャンペーンの第4弾として2年ぶり3度目となる野外フリーゲリラライブ『Love Like Aloha Vol.3』をサザンビーチちがさきにて開催。前夜から大雨と強風に見舞われるも無事に完遂。2万8千人を動員。

2009年、25thシングル「milk/嘆きのキス」が、オリコン週間シングルチャートで自身初となる1位を獲得。デビュー10年以上のアーティストによる同チャート1位初獲得は大貫妙子高橋幸宏オルガニザツィオーンなどの「ZERO LANDMINE」以来7年8ヶ月ぶりの記録となった。同年、NHK朝の連続テレビ小説ウェルかめ』の主題歌として「あの子の夢」を提供。第60回NHK紅白歌合戦ではシングル・アルバム未収録の同曲を披露した(2010年3月31日発売アルバム『BABY』収録)。7月から9月までライブハウスツアー「Love Like Rock Vol.4」を開催。また10月からはホールツアー「Love Like Pop Vol.12」を2010年2月まで開催。

2010年、2月3日に1年ぶりに26thシングル「戻れない明日」を発売、3月31日に2年ぶりとなる9thアルバム『BABY』を発売。約1ヵ月後の4月21日には27thシングル「向かいあわせ」を発売。4月24日の横浜アリーナを皮切りに自身初となる全国アリーナツアー「Love Like Pop Vol.13」を開催(全国7か所10公演)。6月には自身初の国立代々木競技場第一体育館公演を含む追加公演「LOVE LIKE POP vol.13 とっても嬉しい追加公演。月夜の晩に彼女は現る」を開催。

2011年2月23日、デビュー13年目にして初のベスト・アルバムまとめI』・『まとめII』を同時発売。4月より同アルバムを引っ提げて全国ホールツアー「Love Like Pop Vol.14」を開催。仙台公演は東日本大震災の影響で延期になったが、8月に開催された。5月11日に両A面シングル「恋のスーパーボール/ホーム」を発売。8月には完全応募招待制のスペシャルライブ「『カルピスウォーター』presents aiko Special Live」を渋谷クラブクアトロと心斎橋クラブクアトロにて開催。10月22日よりライブハウスツアー「Love Like Rock Vol.5」を開催。11月23日に29thシングル「ずっと」を発売。

2012年3月21日、およそ5年半ぶりにミュージック・ビデオ集「ウタウイヌ4」をリリース。5月5日に出演した「ミュージックステーション」で新曲「くちびる」を披露し、同日の夜に放送されたラジオにてオンエアが解禁となった。また5月9日より同曲を使用した「伊藤園 2つの働き カテキンジャスミン茶」の放映が開始。6月20日、既発シングル「向かいあわせ」「恋のスーパーボール/ホーム」「ずっと」の4曲と前述の新曲「くちびる」など収録した、2年3カ月ぶりとなる10thアルバム『時のシルエット』を発売。また7月からは全国ホールツアー「aiko Live Tour LOVE LIKE POP Vol.15」(全国21か所・31公演)を開催。8月30日に4年ぶりとなる野外ゲリラフリーライブ「Love Like Aloha Vol.4」をサザンビーチちがさきにて開催し、オフィシャルサイトと携帯サイトのみでの告知にも関わらず、3万1000人を動員。

2013年、前年に行われていたライブツアー「LOVE LIKE POP Vol.15」の追加公演として1月19・20日横浜アリーナを皮切りに、自身初となるさいたまスーパーアリーナ公演を含む全国4都市7公演のアリーナツアー「LOVE LIKE POP Vol.15 add」を開催。更に7月13日以降、メジャーデビュー15周年記念として、ファンクラブ限定ツアーを含む4つのツアー(「LOVE LIKE ROCK Vol.0/FC会員限定ライブ」「LOVE LIKE ROCK Vol.6/ライブハウスツアー」「LOVE LIKE POP Vol.16/ホールツアー」「LOVE LIKE POP Vol.16.5/アリーナツアー」)を同時開催。ツアー開幕直後の7月17日には30枚目となるシングル「Loveletter/4月の雨」を発売。9月3日よりロッテガーナミルクチョコレート」のCMソングとして当時未発表だった新曲「君の隣」が使用される。10月4日に行われる予定だったNHKホールでの公演を体調不良の為に延期、また出演予定だった生放送の音楽番組への出演を辞退するも、12月4日に行われた振替公演をもってツアーを全て完走。

2014年、1月29日に前年よりテレビCMやライブの一部公演でも披露されていた新曲「君の隣」をリリース。5月28日には約2年ぶりとなる11thアルバム『泡のような愛だった』をリリース。6月24日、よこすか芸術劇場より同アルバムを引っ提げての全国ホールツアー「LOVE LIKE POP Vol.17」を開催(全国19か所、30公演)。10月31日からは同ツアーの追加公演となるアリーナツアー「LOVE LIKE POP Vol.17.5」を開催(全国3か所、6公演)。ツアー中の11月12日に32ndシングル「あたしの向こう」をリリース。同曲はテレビドラマ「素敵な選TAXI」主題歌として使用され、第9話には「歌手のaikoによく間違えられる洋服屋店員」の「沼越宏美」役としてドラマ初出演。

2015年4月29日に33rdシングル「夢見る隙間」をリリース。4月18日ZEPP TOKYOを皮切りにライブハウスをまわるツアー『Love Like Rock』としては自身最長、最大規模となる『Love Rike Rock Vol.7』を全国7都市のライブハウスにて25公演を開催。開催中の7月27日、ZEPP TOKYO公演の本編終了直後に3年ぶり5度目となる野外ゲリラフリーライブ『Love Like Aloha Vol.5』を開催する事をサプライズ発表。8月30日にサザンビーチちがさきにて開催。10月17日公開の映画『先輩と彼女』の主題歌に新曲「合図」が起用される[10]。12月26日・27日に横浜アリーナ、12月31日には大阪城ホールで『Love Like Pop Vol.18』を開催。12月31日は自身初となるカウントダウンライブとなった。

2016年、5月18日に2年ぶりとなる12thアルバム『May Dream』をリリース。5月21日の市川市文化会館を皮切りに『Love Like Pop Vol.19』を開催。全34公演。

2017年、4月27日のZepp Tokyoを皮切りに『Love Like Rock Vol.8』を開催。全国9箇所31公演。

2018年、6月6日に2年ぶりとなる13thアルバム『湿った夏の始まり』をリリース。6月8日の川崎市スポーツ・文化総合センター(カルッツ川崎)を皮切りに、2日前にリリースされた「湿った夏の始まり」をひっさげて『Love Like Pop Vol.20』を開催。27会場45公演は過去最大規模。8月9日、3年ぶり6度目となる野外フリーライブ『Love Like Aloha Vol.6』の開催を公式サイトにて発表。8月30日にサザンビーチちがさきにて開催。37,000人が集まったと言われている。

2019年FM802ACCESSキャンペーンテーマソングとして「メロンソーダ」を楽曲提供。同曲は、TSUTAYAにて期間限定でレンタルされた。[11]6月5日、8年ぶりのベスト・アルバム『aikoの詩。』をリリース。本作発売当時までのシングル表題曲42曲(両A面含む)と厳選したC/W曲14曲の合計56曲をCD4枚組に纏めている。8月29日・30日の2日間にわたり『立川談春 35周年記念公演 玉響~tamayura~』出演。10月5日、Zepp Tokyoを皮切りに『Love Like Rock Vol.9』を開催。また同時期にデビュー以来のプロデューサーが諸事情にて離れたため、以降の活動は実質セルフプロデュースとなる。

2020年、2月26日アレンジャーとしてトオミヨウを迎えた表題曲を含む39thシングル「青空」リリース。同時に主要定額制音楽配信サービス(サブスクリプションサービス)にて全楽曲の配信を解禁。3月18日リリースの東京スカパラダイスオーケストラのベスト・アルバム『TOKYO SKA TREASURES 〜ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ〜』に収録の新曲「Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko」にゲストボーカルとして参加。本人以外による作詞・作曲楽曲をリリースするのはデビュー曲以来となる。また前述の新曲「青空」と併せてスカパラとも音楽番組で共演を果たす。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月7日・8日のZepp Tokyo公演を延期。振替日程は2021年12月。代替措置として延期となった公演当日に自身初となる無観客の生配信ライブ『Love Like Rock vol.9〜別枠ちゃん〜』をaiko Official YouTube Channel「aiko Official」にて無料配信。リアルタイム視聴で13万人が視聴する。8月30日にはオンラインイベント『Love Like Aloha Memories 砂浜に持って行かれた足』をaiko official YouTube Channel「aiko Official」にてプレミア公開。内容は過去の『Love Like Aloha』からの抜粋映像(一部未発表映像を含む)で再構成したライブ映像で、エンディングには本人がサプライズ出演し、後述のオンラインライブ開催を発表。本来であれば2020年後半より全国ツアーを予定していたが、新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、未発表のまま延期という措置を取り、有料開催では初となる無観客のオンラインライブ(事前収録)「Love Like Rock 〜別枠ちゃんvol.2〜」を10月17日に開催する。通常のライブツアーと同様にグッズの販売や、配信チケット購入者には、紙のチケットやアンケート用紙に加え、特効で使用する銀テープなどが特典で送付された。オンラインライブ4日後、10月21日に40thシングル「ハニーメモリー」をリリース。

2021年、3月3日に2年9ヶ月ぶりとなるアルバム14thアルバム『どうしたって伝えられないから』をリリース。5月14日より同アルバムを提げての全国ツアー「Love Like Pop Vol.22」を開催予定だったが、緊急事態宣言の延長に従うイベント開催ガイドラインの遵守および新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、ツアー初日を含め5公演を延期し6月8日の東京ガーデンシアター公演よりツアー開始。なお、新型コロナウイルスの感染状況および自治体のガイドラインに従い、、8月19日・31日・9月1日・7日に予定されていた関東での4公演(うち9月7日の八王子公演は本来5月14日の初日公演であったが再延期となる)[12]を延期しながらも、12月14日に完遂。また2020年より延期となっていた「Love Like Rock Vol.9」の最終日2日間の振替公演を12月1日・2日・6日・7日・22日と5日間に渡りZepp Tokyoにて開催。イベント開催制限のためスタンディングではなく全席指定にて行われたがこちらも無事に開催された。2022年1月1日をもってZepp Tokyoが閉館するため自身にとって最後の同館での公演となり、また同館での公演は61公演を数え歴代2位の公演数となった(1位はHyde)。

人物

影響

音楽性

ジャズから摂取したコード進行を多用する傾向があり、菊地成孔によれば作曲においてブルー・ノート・スケールが基本となっており、曰く「ある意味ブルース・シンガーとも呼べる」[19][20]

メディアでは恋愛論やファッションについて取り上げられることが多く、たまに音楽的に取り上げられても歌詞の内容ばかりになりがちだが、メロディコードにおいても非凡な面が見受けられる[21]

ライブツアー「Love Like Pop」シリーズでは、毎回「客席からいくつかのキーワードを集めてそれを全部使用する」というルールで即興ソングを歌い、メロディメイカーとしての多彩さを披露している[15]

洋楽邦楽の様々なジャンルの曲を吸収しており、プロデューサー曰く「作る時期によって曲のジャンルが違う」[15][22]

音楽理論を熟知している人間からすると、aikoの楽曲はアレンジコーラスといった肉付け作業の前の作曲段階でコード進行などが異質に感じられる。「わざと変なコード進行やメロディにしている」と言われることが多く、スタッフにも試聴段階で必ずと言っていいほど「コードにメロディがぶつかっているから違和感があって気持ち悪い」と言われるが、自身では全く変だとは思っていない。そうなったきっかけは音大時代に音楽にたくさんの決まりごとがあることに驚いたこと。子供の頃から歌っている曲はもっと自由に聴こえていたのだから自分は好きなものを好きなように作ろうと心に決め、プロデューサーからも下手に専門用語を覚えずに頭の中で鳴っている音をそのまま伝えるように言われているので、コード論などの論理思考から解放された作曲法を貫いている。またどんなに原型がいびつだとしても、最後は必ずポップソングに仕上げる。[15][22]

楽曲制作

詞先”の作家であり、曲作りは作詞から始める。伝えたい言葉を書いた後にメロディを作って歌詞をはめていくが、言葉がメロディラインに収まりきらずにはみ出すことも多々ある。歌詞を書いている段階で頭の中でなんとなく譜割りやリズムのようなものができるので、それを頭の中に思い浮かべながら書いていると、自然とAメロ、Bメロ、サビという感じで歌詞ができ上がって行く。もっとも大事なのは節回しで、歌詞の抑揚がそのまま感情表現となってメロディに昇華されていく。[15][22][23][24][25][26]

作曲は作詞後に電子ピアノ[注 5]で行う。ピアノの前に座り、目を閉じたまま適当に押した音から曲作りを始める。作曲数が増えてくると曲も似たものになりがちだが、そうすることで癖が出るのを防いでいる。曲の原型が出来上がると長年の付き合いのプロデューサーに聴いてもらい、言葉のニュアンスでサウンドやアレンジの方向性を伝える。それを聞いたプロデューサーが具体的なディテールをアレンジャーに伝え、その後で3者でのやりとりを何度も重ねて曲を仕上げる。その際、自身がピアノで作っているため、鍵盤についてだけは必ず具体的なオーダーを出す。[15][22][23][24][25]

ボーカル・テイクは、レコーディングで本人が自由に歌った中からプロデューサーが選ぶという形である。同じ曲でも歌うたびにメロディが少しずつ変わったりするので、自身でセレクトするとキチンと歌い過ぎているテイクを使ってしまったり、せっかく感情によって抑揚が付いているものをピッチが狂っているとらえて没にしてしまったりするので、プロデューサーに任せている。[23]

ファン層

2005年オリコンが行った「好きなアーティストランキング」では総合1位を獲得。世代別では10代女性が2位・10代男性が4位、20代女性が1位・20代男性が3位、30代総合は3位、40代総合では14位など全世代を通して認知はあり、特に10代、20代女性からの人気が高い。翌2006年も総合1位を獲得、2007年は4位、2008年は3位、2009年は7位、2010年は5位となっている。[27]

趣味・嗜好

好きなスポーツは水泳バレーボールで、水泳は幼少期からピアノとともに習っていた。一方、バレーボールは一時期ではあったが、部活動に所属していたという。絵を描くことも得意であり、ライブツアーのグッズや「桜の時」や「DECADE」などのジャケット等も自身の絵を使用している。漫画が好きで、雑誌やライブツアーのパンフレットにおいて自身の愛著を紹介しているほか、パンフレットでは漫画家による描き下ろし作品を掲載している。

食べ物

交友関係

  • 優香 - 元々aikoの大ファンで、aikoが笑っていいとも!のコーナー「テレフォンショッキング」に出演した際は優香を紹介した。
  • KAN - aikoが最も影響されたとされる人物。2004年に「Act Against AIDS Live in Osaka」で「カブトムシ」を共に熱唱。KANのラジオ番組、ライブへのゲスト出演もしている。
  • 椎名林檎 - 前述の通り、aikoとはメジャーデビュー前からの付き合いである。
  • ポルノグラフィティ - 彼らが地元を出て大阪で活動していた頃から知っており、ラジオ番組で共演したことをきっかけに仲が良くなる。後に「じゃけん4兄妹」を結成。以降のアルバムのスペシャルサンクス欄には必ずポルノ側には「aiko」、aiko側には「porno graffitti」と、記載されている。
  • 新星堂ルミネ町田店、新星堂町田東急ツインズ店
    • aikoファンの聖地の一つ。aiko専用コーナーである愛子堂(aiko本人による命名[28])が存在した。J-POP等の他ジャンルに混じって「aiko」ジャンルが常設されていた。
    • 町田の新星堂は、2013年7月31日までルミネ町田店にあったが閉店し[29]、2013年8月6日に町田東急ツインズに移転した[28]。その後、2014年7月30日に町田東急ツインズ店も閉店となった[29]
    • 新星堂の店員の中から愛子堂担当が代々選ばれていた。
    • メジャーデビュー後の全てのシングル、アルバム、DVDが入手できた[28]
    • aikoに直接届けられるメッセージボックスが置いてあり、店員がaikoに届けてくれた[28]。投稿されたメッセージをaikoが読んでいるところを、オフィシャルサイト内のaiko's diaryの写真で公表したことがある。
    • aikoのインディーズ時代の音源を視聴可能な、数少ない場所でもあった。
    • 東急ツインズ店への移転後は更にコーナーの規模が大きくなっていた[28]。また、移設オープンを祝うaiko本人直筆のサインが飾られていた。

ワンマンライブ

ライブイベントやコンサートツアーには大きく分けて3つのタイプがある。まずメジャーデビュー以降、主にアルバムを発表した後に行っている「Love Like Pop」と題したツアー。当初はライブハウスでの開催がメインだったもののブレイク以降、ホールクラスの会場でライブを開催することが多くなり、Vol.6以降のツアーでは日本武道館大阪城ホール横浜アリーナ等のアリーナクラスの大規模な会場で「追加公演」を行っている[注 6]。追加公演とはいえいわゆる会場を追加しただけのものではなく、セットリストや舞台演出は本公演から広い会場に合わせて大幅に変わることが多い。次に2002年より全国のライブハウス会場を回る「Love Like Rock」。選曲から構成、衣装まで、タイトル通りロックな雰囲気が特徴で、トップアーティストになっても攻めの姿勢を緩めず、ファンへのサービス精神と初心を忘れないためのもの。3つ目は不定期に開催される入場無料の野外ワンマンライブ「Love Like Aloha」。開催の1週間ほど前に突然オフィシャルサイトで告知されるサプライズ性の高いイベントにもかかわらず毎回約2〜3万人を動員し、ファンの間では数年に一度やって来る夏の終わりのお祭りとなっている。 2003年8月30日に神奈川県藤沢市の江ノ島・片瀬海岸西浜海水浴場で初めて開催され(Vol.1)、2006年、2008年、2012年、2015、2018年の同日に神奈川県茅ヶ崎市サザンビーチちがさきで実施された(Vol.2・Vol.3・Vol.4・Vol.5・Vol.6)。それら以外にも、ファンクラブ会員限定ライブ「BABY PEENATS Meeting」なども開催している。[30]

ライブパフォーマンスには定評があり、人気があるものの比較的限定された公演数のみしか行わないため、毎回プラチナチケットとなっている。ライブでの演奏曲数は20曲弱ながらもMCが長く、公演時間が3時間を超えることも珍しくない。公演会場がZEPPクラス、ホールクラスなどに短いながらも花道を設置したり、自身の意向が色こく反映されたアンケート用紙やチケット、趣向を凝らしたツアーグッズなど、トップアーティストらしからぬ手作り感に溢れたライブ製作も特徴の一つである。またMC中の観客との絶妙なやり取りや、歌番組でも稀に披露され他のアーティストにも模倣されるようになった「男子!女子!そうでない人!」などの独特なコールアンドレスポンスのほか、観客からお題を集めその場で即興の弾き語り曲を演奏するのも一種の名物になっていたが、「Love Like Pop Vol.20」の初日(2018年6月8日)を最後に、お題を集めての即興弾き語りは演奏しなくなった。他には活動期間や公演規模が同程度アーティストに比べてチケット料金が比較的低価格に抑えられているのも特徴である。

セットリストは自身がその時歌いたい曲で構成をされており、アルバムを引っ提げたツアーでもアルバム収録曲が全曲披露されないことも多く、Love Like Pop Vol.14の頃からは2日間開催の場合は両日がほぼ別内容であったり、ツアー期間が長い場合は前半と後半でまた内容が変わる、季節により演奏曲を入れ替えるなど、バラエティに富んだ構成になっている(1つのツアーでセットリストが大まかではあるが4種類になることもある)がオープニングムービーで始まり、エンディングムービーで終わる、演奏曲の緩急の配置などの基本的なフォーマットは長年変えていない。近年では通常予定されているアンコールで終わらず、ダブルアンコール、トリプルアンコールなどで急遽予定にない楽曲を披露することも増えている。Love Like Pop Vol.18の最終日となった12月31日の大阪城ホール公演ではカウントダウンをしたのちに、ダブルアンコールを行いエンドロールが流れた後に急遽8曲を追加で演奏し計33曲を披露、公演時間が4時間半を超えた。[31]

日程 種別 タイトル 会場・備考
1998年9月15日 単発公演 Love Like Pop! 会場 - 09/15 江坂Boomin Hall (大阪府)

初のワンマンライブ。

1999年5月28日 - 6月6日 単発公演 Love Like Pop Vol.2

アルバム『小さな丸い好日』を引っ提げて開催された、初の東京公演を含むワンマンライブ。

1999年12月13日 - 12月20日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.3

初の東名阪ライブハウスツアー。

2000年4月14日 - 5月15日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.4

アルバム『桜の木の下』を引っ提げて敢行されたライブハウスツアー。初めて追加公演も開催された。

2000年12月2日 - 12月23日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.5

初のホールツアー。

2001年3月26日 - 4月6日 ファンクラブ会員限定ツアー BABY PEENATS Meething Vol.1

初のファンクラブ会員限定ツアー。

2001年7月16日 - 11月5日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.6

アルバム『夏服』を引っ提げて敢行されたホールツアー。2日目の大阪公演の翌日に声帯結節急性咽喉気管炎を発症し延期となったため、月日に差が開いている。

2002年5月9日 - 5月21日 コンサートツアー Love Like Rock

東名阪ライブハウスツアー。

2002年9月21日 - 12月26日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.7

アルバム『秋 そばにいるよ』を引っ提げて敢行されたホールツアー。追加公演では自身初のアリーナクラスの会場で開催された。

2003年5月28日 - 7月9日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.2

ライブハウスツアー。

2003年8月30日 単発公演 Love Like Aloha 会場 - 08/30 片瀬西浜・鵠沼海水浴場 (神奈川県)

初の野外ゲリラライブ。

2004年1月9日 - 4月28日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.8

アルバム『暁のラブレター』を引っ提げて敢行されたホールツアー。

2004年6月7日 - 7月11日 ファンクラブ会員限定ツアー BABY PEENATS Meething Vol.2

ファンクラブ会員限定ツアー。

2005年4月11日 - 8月24日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.9

アルバム『夢の中のまっすぐな道』を引っ提げて敢行されたホールツアー。

2006年1月11日 - 2月24日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.3

全国のZeppを廻ったライブハウスツアー。

2006年8月30日 単発公演 Love Like Aloha Vol.2 会場 - 08/30 サザンビーチちがさき (神奈川県)

野外ゲリラライブ。

2006年10月2日 - 2007年1月31日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.10

アルバム『彼女』を引っ提げて敢行されたホールツアー。初めて年を跨いで開催された。

2007年10月15日 - 12月17日 ファンクラブ会員限定ツアー Love Like Rock Limited For Baby Peenats Members

全国のZeppを廻ったファンクラブ会員限定ライブハウスツアー。

2008年5月1日 - 9月23日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.11

アルバム『秘密』を引っ提げて敢行されたホールツアー。今回より追加公演名が変更された。

2008年6月6日 - 8月3日 限定無料ツアー 裏Love Like Rock
〜60分1本勝負〜

アルバム『秘密』の購入者特典で応募した者から抽選で選ばれた者だけが参加できた無料限定ライブハウスツアー。

2008年8月31日 単発公演 Love Like Aloha Vol.3 会場 - 08/31 サザンビーチちがさき (神奈川県)

野外ゲリラライブ。

2009年7月23日 - 9月12日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.4

全国のZeppを廻ったライブハウスツアー。

2009年10月12日 - 2010年2月5日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.12

初めてアルバムを引っ提げずに敢行されたホールツアー。また『Love Like Pop Vol.3』以来、約10年ぶりに追加公演が行われなかった。

2010年4月24日 - 7月8日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.13

アルバム『BABY』を引っ提げて敢行された初のアリーナツアー。

2011年4月29日 - 8月29日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.14

ベストアルバム『まとめ』を引っ提げて敢行されたホールツアー。また『Love Like Pop Vol.12』以来、約2年ぶりに追加公演が行われなかった。宮城公演は当初6月14日に開催予定だったが、東日本大震災の影響により延期となり、8月29日に振替公演として開催された。

2011年10月22日 - 12月18日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.5

ライブハウスツアー。

2012年7月13日 - 2013年2月24日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.15

アルバム『時のシルエット』を引っ提げて敢行されたホールツアー。

2012年8月30日 単発公演 Love Like Aloha Vol.4 会場 - 08/30 サザンビーチちがさき (神奈川県)

野外ゲリラライブ。

2013年7月13日 - 9月22日 ファンクラブ会員限定ツアー Love Like Rock Vol.0
〜パンツの替えは持って来いよ〜

4種類(ライブハウス、ZEPP、ホール、アリーナ)のツアーの同時進行にて開催されたaiko 15th Anniversary Tourの一環として敢行された、ファンクラブ会員限定によるライブハウスツアー。宮城公演のみホールクラスで開催された。

2013年7月16日 - 12月4日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.16

同時進行によるaiko 15th Anniversary Tourの一環として敢行されたホールツアー。これまでと異なり従来の追加公演に値するタイトルを冠したアリーナ公演が本編のスケジュール内に挟まれて開催された。また10月の東京公演は自身の体調不良により12月に延期された。

2013年7月24日 - 10月31日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.6
〜15周年だなんて…やだ、涙が出る〜

同時進行によるaiko 15th Anniversary Tourの一環として敢行されたライブハウスツアー。

2014年6月24日 - 11月13日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.17

アルバム『泡のような愛だった』を引っ提げて敢行されたホールツアー。

2015年4月18日 - 8月11日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.7

ライブハウスツアー。7月27日東京公演において、野外ゲリラライブ「Love Like Aloha Vol.5」の開催が発表された。

2015年8月30日 単発公演 Love Like Aloha Vol.5 会場 - 08/30 サザンビーチちがさき (神奈川県)

野外ゲリラライブ。

2015年12月26日 - 12月31日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.18

自身初となる年越しカウントダウンライブを含むアリーナツアー。

2016年5月21日 - 9月17日 コンサートツアー(熊本公演のみファンクラブ会員限定) Love Like Pop Vol.19

アルバム『May Dream』を引っ提げて敢行されたホールツアー。4月に熊本地震が発生したことを受け、急遽別枠として入場無料の熊本公演が設定された。同公演はファンクラブ限定で、熊本県及び九州地方在住の会員を優先とする抽選が行われた。

2017年4月27日 - 9月7日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.8

ライブハウスツアー。最終日東京公演において、8月12日新潟公演の際に足の指を骨折する怪我をしていたことを告白した。

2018年6月8日 - 12月11日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.20

アルバム『湿った夏の始まり』を引っ提げ、メジャーデビュー20周年を記念し敢行されたホールツアー。
10月22日兵庫公演は当初問題なく開演したものの、公演中に体調不良となり継続が困難となったことから、本人の意向により改めて公演をやり直すことが決定した。延期公演は12月11日に無事実施された。
なお、11月18日東京公演において、「Love Like Pop Vol.21」の開催が発表された。

2018年8月30日 単発公演 Love Like Aloha Vol.6 会場 - 08/30 サザンビーチちがさき (神奈川県)

野外ゲリラライブ。

2019年1月26日 - 3月10日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.21

アリーナツアー。

2019年10月05日 - 2021年12月22日 コンサートツアー Love Like Rock Vol.9

2020年3月までの予定で始動したライブハウスツアーだったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、最終東京2公演が開催できなくなった。延期公演は2021年12月、感染症対策の観点から5回に分けて実施された。なおZepp Tokyoは2022年1月1日に閉館となり、これが自身にとって最後のZepp Tokyo公演となった。

2020年3月8日 単発公演
(オンライン配信)
Love Like Rock Vol.9
〜別枠ちゃん〜
会場 - Zepp Tokyo (東京都)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により延期となった「Love Like Rock Vol.9」東京公演の代替措置として収録された無観客ライブ。Youtubeにてプレミア公開された(無料)。

2020年10月17日 単発公演
(オンライン配信)
Love Like Rock
〜別枠ちゃん Vol.2〜
会場 - 不明

無観客ライブ(有料)。通常のライブツアーと同様、グッズも制作された。

2021年6月8日 - 12月14日 コンサートツアー Love Like Pop Vol.22

アルバム『どうしたって伝えられないから』を引っ提げ、2021年5月から10月までの予定で開催が決定したホールツアー。しかし新型コロナウイルス感染症拡大の影響により延期が相次ぎ、始動が6月・完走が12月となった。
なおツアー最終日となる12月14日東京公演のアンコールにおいて、自身が2020年に結婚していたことが明かされた。

2022年8月6日 - 10月12日(予定) ファンクラブ・モバイルサイト会員限定ツアー Love Like Rock Limited Vol.2

約9年ぶりとなる限定ツアー。今回はファンクラブ「BABY PEENATS」の会員に加え、モバイルサイト「Team aiko」の会員も対象となった。

サポートメンバー

ディスコグラフィ

出演

テレビ番組

年度/放送回 曲目
2000年(平成12年)/第51回 1 ボーイフレンド
2003年(平成15年)/第54回 2 えりあし
2004年(平成16年)/第55回 3 花風
2005年(平成17年)/第56回 4 スター
2006年(平成18年)/第57回 5
2007年(平成19年)/第58回 6 シアワセ
2008年(平成20年)/第59回 7 KissHug
2009年(平成21年)/第60回 8 あの子の夢
2010年(平成22年)/第61回 9 向かいあわせ
2011年(平成23年)/第62回 10 恋のスーパーボール
2012年(平成24年)/第63回 11 くちびる
2013年(平成25年)/第64回 12 Loveletter
2018年(平成30年)/第69回 13 カブトムシ
2019年(令和元年)/第70回 14 花火

テレビドラマ

ラジオ番組

CM

受賞歴

脚注

注釈

  1. ^ このコンテストには椎名林檎もバンドで出場していた。
  2. ^ なおこの曲は「アイツを振り向かせる方法」として2000年発売の5作目のシングル「桜の時」に収録されている。
  3. ^ 97年4月よりMBS『ぽっぷん王国』、97年10月より、MBS『MBSヤングタウン』。
  4. ^ その縁で椎名林檎とは現在も交友がある。
  5. ^ 楽器はこのデビューする頃に8万円を5万円に値引きしてもらって買ったピアノしか持っておらず、曲はそれで全部作っている。
  6. ^ 2009〜2010年に行われたVol.12、2011年に行われたVol.14、2015年に行われたVol.18、2016年に行われたVol.19では追加公演を行っていない。
  7. ^ レギュラー放送終了後、3度にわたり復活を遂げている。詳細はaikoの@llnightnippon.com#レギュラー放送終了後を参照。

出典

  1. ^ Eremenko, Alexey. Aiko | Biography & History - オールミュージック. 2021年7月10日閲覧。
  2. ^ aikoのプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ a b プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2017年10月4日閲覧。
  4. ^ aiko「結婚しました。しかも去年していました」、全国ツアー最終公演で電撃発表”. スポーツ報知 (2021年12月14日). 2021年12月17日閲覧。
  5. ^ 毎日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(2002年10月6日放送)にてaiko本人がコメント。
  6. ^ TEENS' MUSIC FESTIVAL '95 全国大会 財団法人ヤマハ音楽振興会
  7. ^ The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL ミュージック・クエスト イベントヒストリー 財団法人ヤマハ音楽振興会
  8. ^ 日本ゴールドディスク大賞. “第15回ゴールドディスク大賞受賞者一覧”. 2009年5月11日閲覧。
  9. ^ 日本ゴールドディスク大賞. “第16回ゴールドディスク大賞受賞者一覧”. 2009年5月11日閲覧。
  10. ^ 映画「先輩と彼女」主題歌はaikoの新曲、恋の切なさ溢れる予告編公開”. コミックナタリー (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  11. ^ aiko、FM802×TSUTAYAキャンペーンに新曲「メロンソーダ」提供”. 音楽ナタリー (2019年3月25日). 2020年1月8日閲覧。
  12. ^ “aiko、ツアー東京3公演の延期を発表「完全な形でお届けすることが難しい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2204908/full/ 2021年8月26日閲覧。 
  13. ^ プロフィール・バイオグラフィ・リンク”. BARKS. 2017年10月4日閲覧。
  14. ^ 『IDEAS ~very best of KAN~』で知る、KANが周りからリスペクトされる理由”. BARKS (2008年1月4日). 2017年10月4日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 【音楽】aikoがJ-POP最前線に立ち続ける幸福な違和感(ページ2)”. ウレぴあ総研. ぴあ (2011年11月22日). 2017年10月4日閲覧。
  16. ^ aiko、3日連続で見逃せないTV出演BARKS 2011年3月1日配信 2021年1月16日閲覧
  17. ^ aiko、28000人が酔いしれた茅ヶ崎の一夜 BARKS 2008年8月31日配信 2021年1月16日閲覧
  18. ^ 茅ヶ崎でのサザン“マンピー”歌唱に「幸せ」2012年8月31日配信 2021年1月16日閲覧 billboard japan
  19. ^ “aikoのメロディはなぜ心に残る? ミュージシャンが楽曲の“仕組み”をズバリ分析”. Real Sound. (2013年10月24日). http://realsound.jp/2013/10/aiko-1.html 2014年12月9日閲覧。 
  20. ^ 宇野維正 『1998年の宇多田ヒカル』新潮新書、2016年、181-182頁。ISBN 978-4-10-610650-7 
  21. ^ 【音楽】aikoがJ-POP最前線に立ち続ける幸福な違和感(ページ1)”. ウレぴあ総研. ぴあ (2011年11月22日). 2017年10月4日閲覧。
  22. ^ a b c d aiko (2014年5月28日). 「泡のような愛だった」インタビュー 歌い続ける覚悟、そのための進化(1ページ目). インタビュアー:富樫奈緒子. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/aiko06 2017年10月7日閲覧。 
  23. ^ a b c aiko (2012年6月22日). 「時のシルエット」特集 3つのインタビューで紐解く「時のシルエット」(6ページ目). インタビュアー:鳴田麻未. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/aiko02/page/6 2017年10月7日閲覧。 
  24. ^ a b aiko最新アルバム『泡のような愛だった』の魅力を全曲レビュー付きで徹底解剖!”. ランキングBOX (2014年6月5日). 2017年10月7日閲覧。
  25. ^ a b 2016年5月8日放送 関ジャム 完全燃SHOW”. TVでた蔵. 富士ソフト株式会社 (2016年5月8日). 2017年10月7日閲覧。
  26. ^ aiko 『aiko bon』エムオン・エンタテインメント、2005年。ISBN 4-7897-2496-4 
  27. ^ “音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティスト”. ORICON STYLE. (2014年10月24日). http://realsound.jp/2013/10/aiko-1.html 2014年12月9日閲覧。 
  28. ^ a b c d e aikoファンの聖地「愛子堂」が移転・拡大-常設ディスプレーなど”. 町田経済新聞. 2015年4月11日閲覧。
  29. ^ a b 変わりゆく町田の街並み. “CDショップ「新星堂 町田東急ツインズ店」移転から1年で、7/30(水)閉店”. 2015年2月6日閲覧。
  30. ^ aiko (2013年4月3日). 「15」特集 熱狂ライブの魅力を徹底解剖(1ページ目). インタビュアー:鳴田麻未. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/aiko03 2017年10月4日閲覧。 
  31. ^ 【詳細レポ】aiko、4時間半超えの年越しライブ「こうやってまた大阪で過ごせるのはすごい嬉しい」” (日本語). BARKS. 2021年9月15日閲覧。
  32. ^ aiko、ドラマ初出演「今日は眠れない!」『素敵な選TAXI』”. ORICON NEWS (2014年12月2日). 2014年12月4日閲覧。
  33. ^ aikoさんのそっくりさん?!が「choice」に来店!楽しく湧いた撮影現場をレポート”. 『素敵な選TAXI』公式サイト. 関西テレビ (2014年12月9日). 2014年12月17日閲覧。
  34. ^ aikoが愛する「ポテトチップス」CMソング提供、15年ぶりCM出演も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月31日). 2021年9月21日閲覧。

外部リンク