メインメニューを開く

中等教育

学校教育の区分のひとつ。発達段階(年齢)により3段階に分ける考え方での第2段階
後期中等教育から転送)

中等教育(ちゅうとうきょういく、Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである[1]。初等教育と高等教育をつなぐ年代を指す。

国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) が策定する国際標準教育分類 (ISCED) は、前期中等教育(ぜんきちゅうとうきょういく、Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(こうきちゅうとうきょういくUpper secondary education)をレベル3として分類している[1]

目次

概要編集

日本は、中学校で「義務教育として行われる普通教育」(このうち基礎的なものを除く)[2]、高等学校で「高度な普通教育」と「専門教育[3]、中等教育学校で「義務教育として行われる普通教育」(このうち基礎的なものを除く)並びに「高度な普通教育」及び「専門教育」[4]がそれぞれ提供される。

学制改革後の日本は、ほぼ全ての成人は中等教育を修了している[5]

前期中等教育を行う学校編集

初等教育修了者を対象とする。

後期中等教育を行う学校・教育施設編集

上記の前期中等教育修了者を対象とする。

前期中等教育修了者を対象とする学校として、5年制[6]高等専門学校(「高専」)もあり、教育課程は後期中等教育で行う内容も包含するが、高等教育機関であり、後期中等教育機関である高等学校とは別個の教育編成が組まれている。

歴史編集

日本では、自由民権運動が盛んな時代に、各地の民権結社が中等教育機関を設立した。土佐立志学舎福島石陽館京都天橋義塾などが有名で、それらで高水準の政治学経済学歴史学などが教授された。有為の青年の多くは中学校や民権派の中等学校で学び、活動家や、各地方の先導者などで活動した[7]

当時の中学校は地方で文化的施設として機能し、民権活動家であった地場の名望層がそのほとんどを掌握していた。民権派の動向に対抗するために政府は中等教育の方針で、統制の強化、伝統的道徳による国民意識の統一、実業教育の充実、を図った[7]

初代文部大臣に就任した森有礼は中等教育の改革に着手した。それまで、中等教育は中等程度の教育、高等教育は高等程度の教育という漠然とした規定に留まっていたものを、中等教育は国民の中堅をつくることであり、かつ、社会上流の人士をつくる高等教育への中間教育の役割と位置付け、学校体系を階層秩序と対応させて画期的な意味を持たせた[7]

1886年(明治19年)の学校令で、学校は国家の人材配分機関として位置付けられ、勤労および、中堅・上流という階層的秩序に対応して初、中、高等の教育機関が配置された[7]

1899年(明治32年)2月に中学校令が改正され、進学準備教育と職業教育と二本立てであった中学校の体制は普通教育に一本化された。各府県で中学校を1校以上設立することが義務付けられ、私立、町立、組合立中学校の設立が認められ、併せて実業学校令も公布された[7]日清戦争後の日本社会の近代化によって中産層の活動範囲が広がり、中等教育の需要は高まった。

1910年代(明治43年 - 大正8年)に、農村部でも中・高等教育機関進学が価値ある進路で「村の誇り」として評価された。役場文書の「村政一班」などに、村の小学校から中等教育機関、高等教育機関へ進学した数が記されている[7]

第二次世界大戦勃発後、1943年(昭和18年)1月に、中等学校令で中学校・高等女学校・実業学校は全て4年制「中等学校」に統一された。戦時体制下ながら中・高等教育の需要が増加したが、戦時下ゆえに効率的で合理的な対応を要して、4年に統一した[7]

各国の事情編集

アメリカ合衆国編集

イギリス編集

英国イングランドは、前期中等教育(キーステージ4,、16歳修了)までが義務教育で、卒業時の試験に「GCSE」が課される。

後期中等教育は、シックスフォーム・カレッジ継続教育カレッジがあり、前者は大学進学資格であるAレベルを、後者は全国職業資格 (NVQ) の取得などを目指す。

パブリックスクールは、前期・後期を一貫して教育する中等教育学校である。

イタリア編集

イタリアの中等教育は以下の2段階に分かれ、どちらも義務教育である。

  • 前期中等教育 - Scuola secondaria di primio grado。11 - 13歳の3年過程
  • 後期中等教育 - Scuola secondaria di secondo grado。14 - 19歳の5年過程

オランダ編集

 
オランダの教育制度。研究系と職業系でキャリアが分かれる

オランダの中等教育は12歳から開始され、以下3つの進路に分かれる。18歳に達するかディプロマを取得した時点で義務教育は終了となる。

スペイン編集

スペインの中等教育は前期中等教育までが義務教育である[8]

  • 前期義務中等教育 - 2年間
  • 一般後期中等教育 - General upper secondary education、2年間

フランス編集

フランスの中等教育は以下の2段階に分かれる。前期中等教育までは義務教育

香港編集

香港の中等教育は前期と後期に分かれ、前期までは義務教育である。

ポーランド編集

ポーランドは前期中等教育機関としてギムナジウム (Gimnazja) が存在し、13 - 16歳を対象とする3年過程であり、義務教育である。

その後の進路は、一般中等教育を施すリツェウム英語版と、職業教育を施すテフニクム英語版に分かれる。

台湾編集

台湾の中等教育は前期と後期に分かれ、前期までは義務教育である。

デンマーク編集

デンマークの中等教育は前期K7 - 10までが義務教育である[9]

  • 前期中等教育 - Grundskole (K7 - 10)
  • 後期中等教育 - 高等教育準備過程と職業教育に分かれる。

ドイツ編集

ドイツの中等教育は初等教育終了後の10歳から開始され、以下から進路を選択する。

義務教育は15 - 16歳で終了するが、就職を選択した者は、18歳に至るまで就業と職業学校へパートタイムの通学を両立する義務を負う、デュアルシステムがある。

ノルウェー編集

ノルウェーの中等教育は前期と後期に区分され、前者は義務教育である[10]

  • 前期中等教育 - 13 - 16歳を対象とする3年間で、私立校も存在する。
  • 後期中等教育 - 3年間で、一般教育と職業教育に分かれる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b OECD 2014, pp. 22-23.
  2. ^ 2007年改正前の学校教育法第35条は「中学校は、小学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、中等普通教育を施すことを目的とする。」となっていた。この「中等普通教育」とは、中学校段階における普通教育を意味する。
  3. ^ 2007年改正前の学校教育法第41条は「高等学校は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、高等普通教育及び専門教育を施すことを目的とする。」となっていた。この「高等普通教育」とは高等学校段階における普通教育を意味し、大学等でいう「高等教育」を意味するものではない。
  4. ^ 2007年改正前の学校教育法第51条の2は「中等教育学校は、小学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、中等普通教育並びに高等普通教育及び専門教育を一貫して施すことを目的とする。」となっていた。
  5. ^ OECD 2014, p. 42.
  6. ^ 商船系の高等専門学校の修業年数は、ほかの高等専門学校とは異なり、5年6か月である。
  7. ^ a b c d e f g 尾崎ムゲン 『日本の教育改革--産業化社会を育てた130年』 中央公論新社中公新書〉、1999年、pp. 27-28、43、45、72-73、105-107、150-151。ISBN 97841210148872008年12月7日閲覧。
  8. ^ ISCED 2011 Mappings - Spain”. UNESCO. 2016年3月5日閲覧。
  9. ^ ISCED mapping - Denmark”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。
  10. ^ ISCED mapping - Norway”. UNESCO. 2015年11月13日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集