メインメニューを開く
本来の表記は「德川家英」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

德川 家英(とくがわ いえひで、1912年明治45年)1月11日 - 1936年昭和11年)9月28日)は、第17代徳川家当主であり外交官であった徳川家正と、島津忠義の十女であった徳川正子(なおこ)の長男。

東北帝国大学法文学部在学中の1936年(昭和11年)9月28日午前4時半、敗血症のため東京府東京市渋谷区(現在の東京都渋谷区)の日本赤十字社病院で死去[1]。24歳没。未婚のまま死去したため、戦後に父である家正は、徳川家の断絶を恐れ、外孫の徳川恒孝を養子として迎えている。

出典編集

  1. ^ 『読売新聞』1936年9月29日付夕刊。