メインメニューを開く

愛を止めないで

愛を止めないで」(あいをとめないで)は、1979年1月20日に発売されたオフコース通算15枚目のシングル。オフコースのシングルの中で最も再発盤のリリースが多く、1992年1995年2016年の3度にわたり再発売された。

愛を止めないで
オフコースシングル
初出アルバム『Three and Two
B面 美しい思い出に
Yes-No(1992年再発)
眠れぬ夜(1995年再発)
リリース
規格 EP
8cmCDシングル(1992年,1995年再発)
CD MAXI(2016年再発)
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-10524
SCD:TODT-2966(1992年再発)
SCD:TODT-3626(1995年再発)
EXPRESS ⁄ ユニバーサルミュージック
CD MAXI:UPCY-9476(再発)
作詞・作曲 小田和正(愛を止めないで)
鈴木康博(美しい思い出に)
プロデュース 小田和正
鈴木康博
武藤敏史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間31位(オリコン
  • 1979年度年間120位(オリコン)
  • 登場回数18回(オリコン)
  • 週間61位(オリコン、2016年再発)
  • オフコース シングル 年表
    あなたのすべて
    1978年
    愛を止めないで
    1979年
    風に吹かれて
    (1979年)
    Three and Two 収録曲
    1. 思いのままに
    2. 恋を抱きしめよう
    3. その時はじめて
    4. 歴史は夜つくられる
    5. 愛を止めないで
    6. SAVE THE LOVE
    7. 汐風のなかで
    8. 愛あるところへ
    9. 生まれ来る子供たちのために〜「いつもいつも」
    FAIRWAY 収録曲
    1. あなたのすべて
    2. 美しい思い出に
    3. いつもふたり
    4. この空にはばたく前に
    5. 夏の終り
    6. 季節は流れて
    7. 失恋のすすめ
    8. 去っていった友へ —T氏に捧げる—
    9. 心さみしい人よ
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    「愛を止めないで」は後にアルバム『Three and Two[注 1]に収録されたほか、ベスト・アルバム『SELECTION 1978-81[注 2]に、ビル・シュネーによるリミックス・ヴァージョンで再度収録された。この曲は後に小田がアルバム『LOOKING BACK[注 3]でセルフ・カヴァーしている。2006年7月16日に出演した『ap bank fes ’06[注 4]では、「ラブ・ストーリーは突然に[注 5]などのソロ以降の曲と共に、この曲を演奏した。それまでアルバム制作とコンサート活動を主体に活動してきたオフコースにとって、初のヒット・シングルとなったこの曲について後に小田は「“いきなり君を抱きしめよう”って歌ったのさ。そしたら『“抱きしめる”だなんて、なんてお下劣な!!』っていう、そんなファンの拒絶反応があった。別に“ホテルに行って、ベッドの君に襲いかかろう”って歌ったわけじゃないよ。それにさ、“抱きしめよう”にしても、結構抽象的に扱われている。それでも当時のファンは抵抗があったんだろう」「自分が作った曲が評判になるって、不思議な感覚なんだよ。例えば<愛を止めないで>なら、作っていく過程で、こんな事があった。曲を作る前から、“抱きしめよう”とかって歌詞を、もし誰かが歌ったら、“そりゃカッコいいだろう”って、そうは思ったんだ。でも、自分ではやらないだろうな、とも思った。でも、それを無理やり自分に引き寄せて演じてみせる。何もしないで、聴き手に勝手なイメージを作られるのも迷惑だから、こっちから“エイッ”って、そうして詞に書いたところがあったんだ。でも、そうやって作った歌は、のちのち代表作になってる。そこが不思議なのさ。<眠れぬ夜>もそうだった」[2]とインタビューで答えている。

    「美しい思い出に」はアルバム『FAIRWAY[注 6]からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。この曲は後に鈴木がアルバム『BeSide[注 7]にてアカペラによるリアレンジでセルフ・カヴァーした。解説で鈴木は「トム・スコットのサウンドをねらって、AOR路線を意識したアレンジだったが、当時の音を聞くと、なにか背伸びして精いっぱいやっているように聞こえる」[3]と書いている。

    シングル発売前に小田と鈴木、大空を飛ぶ鳥が登場するテレビ・スポットが打たれ、累計で10万枚を売り上げた[4]

    再発盤編集

    最初に再発盤がリリースされたのは1992年11月25日で、三菱自動車'93モデル ミラージュCFソングに起用されたと同時に、8cmCDシングルで再発売された。カップリングは19枚目のシングル「Yes-No[注 8]

    2度目の再発盤のリリースは1995年11月8日で、アサヒ江戸前 冬生のCMソングに起用されたと同時に、1992年の再発盤と同様に8cmCDシングルで再発売された。カップリングは7枚目のシングル「眠れぬ夜[注 9]

    3度目の再発盤のリリースは2016年5月11日で、同年4月17日から放送のフジテレビ系ドラマ『OUR HOUSE』の主題歌に採用となり、それにあわせて1979年当時と同様、表題曲と「美しい思い出に」の2曲を収録したシングルCDとして、紙ジャケット仕様にて限定リリースされる[5][6]

    収録曲編集

    オリジナル盤

    SIDE A編集

    1. 愛を止めないで AI O TOMENAIDE (3'51")
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース

    SIDE B編集

    1. 美しい思い出に UTSUKUSHII OMOIDE NI (4'51")
      • 作詞・作曲・ホーンセクション編曲:鈴木康博、編曲:オフコース

    スタッフ編集

    • プロデュース:小田和正、鈴木康博、武藤敏史
    1992年盤
    1. 愛を止めないで
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース
    2. Yes-No
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース
    1995年盤
    1. 愛を止めないで
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース
    2. 眠れぬ夜
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース
    3. 愛を止めないで (カラオケ)
      • 作曲:小田和正、編曲:丸山恵市
    2016年盤
    1. 愛を止めないで
      • 作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース
    2. 美しい思い出に
      • 作詞・作曲・ホーンセクション編曲:鈴木康博、編曲:オフコース

    カヴァー編集

    愛を止めないで編集

    アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 生産番号 備考
    西城秀樹 HIDEKI SONG BOOK 1981年3月5日 LP:RHL-8015
    EVE I Love You. 1991年8月23日 CD:SRCL-2128 英語詞(英語作詞:姫野真也
    岡本真夜 21世紀への贈りもの 1999年11月10日 CD:WPCV-10044
    aki 愛を止めないで 2004年11月3日 CD:SRCL-6214 CBCテレビドラマ30ことぶきウォーズ』主題歌
    mur mur 音と色の記憶 2006年9月6日 CD:TKCA-73103
    pino schizzo pino schizzo's Vintage Style 2008年1月23日 CD:FRD-1
    辛島美登里 Love Letter 2012年9月19日 CD:TECG-30066
    槇原敬之 Listen To The Music 3 2014年1月22日 CD:BUP―00010

    タイアップ編集

    脚注編集

    注釈編集

    1. ^ Three and Two1979年10月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-80107
    2. ^ SELECTION 1978-811981年9月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90106
    3. ^ LOOKING BACK1996年2月1日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE CD:FHCL-2003
    4. ^ ap bank fes ’062006年7月15-17日 ヤマハリゾートつま恋
    5. ^ ラブ・ストーリーは突然に1991年2月6日発売 Little Tokyo ⁄ FUNHOUSE SCD:FHDL-1004
    6. ^ FAIRWAY1978年10月5日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-80040
    7. ^ BeSide1996年10月23日発売 ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR CD:BVCR-772
    8. ^ Yes-No1980年6月21日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI EP:ETP-17003
    9. ^ 眠れぬ夜1975年12月20日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI EP:ETP-20214

    出典編集

    1. ^ RIAJ 2016年8月度
    2. ^ 小貫信昭 『YES-NO 小田和正ヒストリー』 株式会社角川書店1998年、125-131頁。ISBN 4-04-883529-7
    3. ^ (1996年) 鈴木康博BeSide』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ZIG ZAG ⁄ BMG VICTOR (BVCR-772).
    4. ^ 富澤一誠 『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』 株式会社ヤマハミュージックメディア2007年、502-503頁。ISBN 978-4-636-82548-0
    5. ^ オフコース「愛を止めないで」で39年ぶり連続ドラマ主題歌、CD化も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年3月30日). 2016年3月30日閲覧。
    6. ^ “オフコース名曲「愛を止めないで」が37年ぶり主題歌で甦る!”. 産経ニュース (株式会社 産経デジタル). (2016年3月30日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160330/ent1603300001-n1.html 2016年3月30日閲覧。 

    外部リンク編集

    Discography