メインメニューを開く
徒打ち/岸辺から投網を打つ。ブラジル南部のフロリアノーポリス近郊にて。
舟打ち/船上から投網を打つ。北イタリアマグラ川にて。
葛飾北斎『富嶽三十六景 甲州石班澤』/名所浮世絵揃物富嶽三十六景』の第45景。漁師は投網を打っている。

投網(とあみ)とは、漁網の一種である掩網/被網(かぶせあみ)の一種[1]。岸辺や船上からがいると思われる水域に人の手で投げ入れて面で魚を獲る漁具である。

日本語では、投げ網/投網(なげあみ)[2]打ち網/打網(うちあみ)[3]唐網(とうあみ)ともいう[4][5]中国語では「投網簡体字:投网)」という。英語(事実上の国際共通語)では "cast net日本語音写例:キャスト ネット)" といい、時に "throw net日本語音写例:スロー ネット)" ともいう。

投網を投げることは「投網を打つ」と表現する。一方、網打/網打ち(あみうち)という場合は、投網で魚を獲ること、および、その人を意味する[6][7](※『転用』も参照のこと)。投網による投網漁(とあみりょう)という。また、投網を思うように投げるべく構えるその動作を指して、手取り(てどり)、または、拵え(こしらえ)という。

目次

構造編集

漁撈において、漁具に沈降力を与える目的で用いるおもり)のことは、沈子(いわ、ちんし)といい[8][9][10]英語では "sinker日本語音写例:シンカー)" というが[11]、漁網を沈下させる沈子のことは特に網石(あみいし)といい[10]、古くは網石(あみのいわ)と呼んだ[12]漁網の下端部の、つまり網口(あみぐち)の、ちょうどスカートなどのすそ)のようになっている部分は、網裾(あみすそ)といい、略して(すそ)ともいう[13]。投網でもそれらは同じ。投網には、等量の網石が網裾に均等な幅で数多く取り付けられている。上端部には手綱(たづな)が付いていて、これを握って投網を打ち、手繰り寄せる。

 
丸められた投網

しかるべき技術を身に着けた者が投網を打つというのは、現象面から言えば、網裾が大きな面を捉える形で水平に広がって水面に落下するよう正しい動作で投擲することであり、そうやって打たれた投網は、円錐状あるいは釣鐘状に広がって水面に落下し、網石の重さで沈下するように作られている。 漁獲対象を点ではなく面で捉えたまま、広がった網裾は自然に沈下して水底にまで達するため、囲われた面の内側にいた魚群は、水中であれ水底であれ、この囲いに一旦は閉じ込められる。網の周辺部は袋状になるよう作られているため、網の囲みから逃れようとする多くの魚はその袋に入り込んでしまう。しかし、袋に入ることなく網石の下をくぐり抜けて逃げる魚も少なくない。投網で漁獲できる魚は、袋に入ってしまうか、網目に頭を突っ込んで逃げられなくなった いわゆる“首括り(くびくくり)”の魚である。 アユ(鮎)などは袋に入ることは稀で、川底の石と網石との隙間を見つけてそこから逃げたり、川底の石の隙間でしばらくじっとしていて網を引き上げた瞬間に網石の下から逃げたりと、くぐり抜けの上手い魚として知られている。そのため、首括りでの漁獲を重視して獲れる魚のサイズにあった目合いの網を選ぶことが重要となる。網目の大きさを目合いといい、縦に伸ばした網 5(約152センチメートル[* 1])の間にいくつ結び目があるかを節(せつ)という単位で表す。また、網目の1辺もしくは1目(1辺×2)の長さを「分」「厘」で表す地方もある。網の大きさは、円周(裾回り)の長さを(約1.8メートル[* 2])で表したり、すぼめた状態での網の長さを尋で表す。

一枚の帯状に作られている投網もあり、これは投刺網/投げ刺網(なげさしあみ)という。この場合、網を打ったらすぐに魚を網のあるほうに追い込まなければならない。和歌山県の茜屋流(あかねやりゅう)で有名なのは、刺し網を投網のように投げる漁法の「小鷹網(※読みは未確認)」である。

手取りの種類編集

日本では、以下の2つに大別される。

  • 三つ手取り - 右手、左手,肘の三点に網を分けて手取る。
  • 掬い取り(二つ手取り) - 右手で網を掬う様に左手に近づけた点と肘の二点で網を分けて手取る(手に持つ網は、右手指で五等分される)。

投網の打ち方編集

日本語の概念では、投網の打ち方は、まず、打つ場所によって2種類に大別される。1つ目は「徒歩(かち)で打つ」を意味する「徒打ち(かちうち)」で、岸から打つ、または、水の中を歩いて移動しながら打つことを指す。2つ目は「舟打ち(ふなうち)」で、船で移動しながら船上から打つことを指す。英語にはこういった区別は無く、どこから打とうが "casting net日本語音写例:キャスティング ネット)" である。一方、投網を打つ技術を表すのには "net casting" もしくは "net throwing" という語を用いる。

「本振り」「肥後打ち」「掬い取り」「二つ手取り」などともいう。船で広い範囲を移動しながら打つのに適し、体力のない人でも練習次第で、大きく網を打てるようになる打ち方。
  • 土佐打ち(三つ手取り)
投網を打つ一連の動作


問題点編集

魚体に傷が付きやすく、魚によっては捕獲後に放流しても生存率が下がるため、捕獲するだけで生態系に悪い影響を与える可能性を否定できない。先進国の多くは、ほとんどの河川で投網の使用を規制しており、無許可で投網を打つことは禁止されている。

季語編集

季語・季題としての投網(とあみ)は[* 3]の季語(三夏の季語)である[17]。分類は行事/人事/生活[* 4]川狩/川狩り(かわがり、歴史的仮名遣:かはがり。意:川で魚を獲ること)を親季語とする子季語の一つで[* 5]、他の子季語には、瀬干/瀬干し(せぼし。意:流れを堰き止めて行う川狩)[18]川干/川干し(かわぼし、かわほし、歴史的仮名遣:かはぼし、かはほし。意:瀬干)[19]掻え掘り(かえぼり、歴史的仮名遣かへぼり。意:池や堀の水を汲み出して干して行う川狩。掻い掘り)、毒流し(どくながし。意:毒物を使った川狩)[20]がある[17]

転用編集

網打/網打ち(あみうち)とは、第1義には、投網で魚を獲ること、および、その人をいうが[6][7]、第2義には、相撲決まり手の一つである[6][7]。これは、漁師が投網を打つように、相手力士の差し手を両手に持ちながら、土俵外へ放り投げる技であることに由来する[6][7]。第2義については別項「網打ち」に詳しい。

派生編集

 
追撃闘士(セクートル。左側。cf. en)と網闘士(レーティアーリウス。右側中央寄り)の闘い/古代ローマ遺跡から出土したレリーフの一片。ローマ国立博物館所蔵。

網闘士編集

レーティアーリウス長音省略音写例レティアリウスラテン語rētiāriuscf. en, wikt:en)は、古代ローマ剣闘士(グラディアートル)の一種で、投網を使って敵を絡め取るという独特な闘い方をする者をいう。retiarius の語構成[ la:rēti〈= en:of netjp:網の〉+ -ārius〈= en:男性用の-er、jp:…男〉]に基づき、日本語では意訳で「網闘士(あみとうし)」と呼ばれ、時に「投網闘士(とあみとうし)」「投網剣闘士(とあみけんとうし)」などとも呼ばれる。入りのレーテ(rēte、網)と、トリデーンス (tridēns) とも呼ばれるフッキナ(fuscina三叉槍)、もしくはもり)を主要武器とし、対戦相手にとどめを刺すためのプーギオーpūgiō、短剣)を携えた軽装の闘士である。他の剣闘士と違っては被らず、また、の代わりに「肩ガード」を意味する「ガレールス (galērus, cf. en)」と呼ばれる青銅製防具を利き手でないほうの肩に装着して闘った。三叉槍を主要武器とするのは、海神ネプトゥーヌス(※古代ギリシアポセイドーンと同一視された海神)の得物であることに由来するという。

スポーツ投網編集

投網を打つ蜘蛛編集

 
投網ならぬ蛛網を張って獲物を待つメダマグモ科のクモ

メダマグモ科クモは、自ら分泌する粘着性が高く丈夫な糸で蛛網(ちゅもう。蜘蛛の作る網)を作り、獲物に被せて絡め取るという極めて特殊な待ち伏せ型の狩りをする。8脚のうちの4脚の脚先に蛛網の端を引っ掛けておいて四方に引き伸ばすと正方形の伸縮自在な網の罠を仕掛けたことになる(■右列に画像あり)。この体勢で待ち伏せ、獲物が近くを通りかかると全身を伸長させて襲いかかり、4脚で張った蛛網を獲物に覆い被せて動きを封じる。その後は普通のクモと同じように新たに分泌する糸で完全に絡め取ってしまう。

日本語にはこのクモ類を投網と関連付ける名称が無いが、英語では "Net-casting spider日本語音写例:ネットキャスティング スパイダー)" といい、まさに「投網を打つ蜘蛛」という意味の名で呼ばれている。また、先述した「網闘士」になぞらえた "retiarius spider日本語音写例:ラティアリアス スパイダー)" という別名もある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1寸 = 約30.303mm。30.303×5 = 151.515。
  2. ^ 1尋 = 約1.818m。
  3. ^ 当節にて太字で示した季語は、記載するという形で歳時記が推奨している表現である。歳時記は俳句等においてそれ以外の日本語表現を否定するものではないが、傾向として文語体の趣を好む。つまり、「川狩り」より「川狩」が好まれ、「掻い掘り」が歳時記に記載されていないのに「かへぼり」「掻え掘り」が記載されているのは、そういった趣向による。
  4. ^ 個々の歳時記によって用語は異なるが、要するに、人の行い。
  5. ^ 親季語・子季語は、互いに深く関連した複数の季語の中で、最も重要と見なせる一つを「親」、それ以外を「子」に譬えた用語。属する季節は全て同じ。

出典編集

  1. ^ 掩網”. 小学館日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ 投げ網・投網”. 三省堂大辞林』第3版. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  3. ^ 打ち網・打網”. 三省堂『大辞林』第3版. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  4. ^ 投網”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  5. ^ 投網・唐網”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 網打”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 網打ち”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  8. ^ 沈子(ちんし)”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  9. ^ 沈子(いわ)”. 小学館『日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  10. ^ a b 網石”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  11. ^ 沈子(ちんし)sinker”. 小学館『日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  12. ^ 網石”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  13. ^ 網裾”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  14. ^ 細川流網打ちを継承するために - 保存会概要”. 江戸屋形船組合 公式ウェブサイト. 細川流江戸投網保存会. 2019年7月5日閲覧。
  15. ^ 江戸投網保存会 - 『ぶらり途中下車の旅』”. 公式ウェブサイト. 日本テレビ. 2019年7月5日閲覧。
  16. ^ 第15回お江戸投網まつり ─江戸情緒たっぷりの伝統文化「網打ち」にカンドー!”. 公式ウェブサイト. 江戸屋形船組合 (2016年). 2019年7月5日閲覧。
  17. ^ a b 川狩”. きごさい歳時記(公式ウェブサイト). NPO法人「きごさい」(季語と歳時記の会). 2019年6月28日閲覧。
  18. ^ 瀬干”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  19. ^ 川干”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。
  20. ^ 毒流し”. コトバンク. 2019年6月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 投網”. 公式ウェブサイト. 吉田魚網. 2019年7月5日閲覧。
  • 交流会”. 肥後流合わせ打保存会(公式ウェブサイト). 加勢川開発研究会 (2012年). 2019年7月5日閲覧。