新子安駅

日本の神奈川県横浜市神奈川区にある東日本旅客鉄道の駅

新子安駅(しんこやすえき)は、神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。駅番号JK 14

新子安駅
JR Shin Koyasu sta 001.jpg
駅舎(2014年7月)
しんこやす
Shin-Koyasu
JK 15 鶴見 (3.1 km)
(2.2 km) 東神奈川 JK 13
右は京急新子安駅
所在地 横浜市神奈川区子安通2丁目259
北緯35度29分13.5秒 東経139度39分17.2秒 / 北緯35.487083度 東経139.654778度 / 35.487083; 139.654778座標: 北緯35度29分13.5秒 東経139度39分17.2秒 / 北緯35.487083度 東経139.654778度 / 35.487083; 139.654778
駅番号 JK14
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 京浜東北線
(正式には東海道本線
キロ程 24.8km(東京起点)
大宮から55.1 km
電報略号 シヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
23,894人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1943年昭和18年)11月1日
備考 業務委託駅
浜 横浜市内
テンプレートを表示

乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線である(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。また、JRの特定都区市内制度における「横浜市内」に属する。

歴史編集

1943年鶴見駅東神奈川駅の間に新しく開業した(鉄道省を改組した運輸通信省発足と同日)。通勤客の輸送にあたって必要とされたために開設されたが、当時は折りしも太平洋戦争の末期であり、開業からしばらくは当駅の開業の前日に休止された中央本線万世橋駅の備品をそのまま当駅で使用していたという。また当駅の開業前には、既に現在の京急本線(当時は東京急行電鉄の運営)に新子安駅があったが、当駅の開設に伴い駅名を京浜新子安駅に改称している。

年表編集

駅構造編集

島式ホーム1面2線を持つ地上駅である。2008年9月に、駅ホームにベンチが増設され、冷暖房完備の待合室が設置された。

改札は地上に1つあり、ホームとは地下道で連絡している。構内の売店としては、改札口付近改札内に立ち食いそば[5]、改札外正面にNEWDAYS mini新子安1号店がある。京急新子安駅の入口が、改札口から50メートル程度前にある。

東神奈川駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[2]みどりの窓口は2006年2月をもって営業を終了し、指定席券売機と短距離自動券売機が設置されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   京浜東北線 南行 横浜桜木町洋光台方面
2 北行 東京上野大宮方面

(出典:JR東日本:駅構内図

2008年11月19日初電車より、南行(横浜方面)の停止位置目標が東京方に14m移設された。これにより全部の乗車口が屋根下となった。旧停止位置目標付近は、点字ブロック撤去および柵が新停止位置目標に合わせて新設され、立ち入り禁止となった。

発車メロディ編集

1   Verde Rayo(低音強調)
2   Water Crown(低い)
  • 両番線とも東洋メディアリンクス制作のメロディを使用している。
  • 京浜東北・根岸線の中ではATOS型放送の更新(常磐ATOS型放送化)が一番遅かった駅でもある。2番目に遅かった大井町駅とは約1ヶ月離れている。

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員23,894人である。京浜東北線の駅の中では上中里駅に次いで少ない。

近年の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1991年(平成03年) 18,449
1992年(平成04年) 18,167
1993年(平成05年) 17,473
1994年(平成06年) 17,104
1995年(平成07年) 17,497 [統計 2]
1996年(平成08年) 17,665
1997年(平成09年) 17,367
1998年(平成10年) 17,377 [* 1]
1999年(平成11年) 17,492 [* 2]
2000年(平成12年) [JR 1]17,812 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 2]20,072 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 3]20,145 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 4]20,674 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 5]20,361 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 6]20,185 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 7]20,299 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 8]20,622 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 9]20,488 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 10]20,711 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 11]21,087 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 12]20,536 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 13]21,083 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 14]21,926 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 15]21,589 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 16]22,551 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 17]22,934 [* 18]
2017年(平成29年) [JR 18]23,451 [* 19]
2018年(平成30年) [JR 19]23,842
2019年(令和元年) [JR 20]23,894

駅周辺編集

非常に複雑な立体地形になっている。駅の建物は、北側の京浜東北線を含むJR各線の線路、南側の京急の線路の間に囲まれており、改札付近上空に横浜市道子安守屋町線第7086号線(神奈川産業道路)と呼ばれる幹線道路が渡っている。

北側編集

JR各線の線路の先に「オルトヨコハマ」と呼ばれる駅前開発地域があり、路線バスの発着場などのロータリーがある。さらに北西側に行くと国道1号と交わり、さらに大口駅方面に続いている。

南側編集

京急本線が走っており、すぐ先には京急新子安駅がある。京急新子安駅へは、歩道橋からも地上からも行くことができ、歩道橋にはエレベーターとスロープがあるため、車椅子や自転車でも利用できる。ただし連絡運輸は行っておらず、双方とも乗り換え案内はなされない。

京急新子安駅の地上入口の前にある踏切を渡ると、駅前ロータリーと産業道路への連絡道(ループ橋)があり、さらに先には国道15号首都高速神奈川1号横羽線子安出入口がある。さらに南側には大規模な工業地帯があり、JVCケンウッド本社や日産自動車横浜工場ENEOS横浜製造所京浜急行バス新子安営業所などがある。

東側編集

歩道橋を下りて東の方へ進むと、県内有数の進学校である浅野中学校・高等学校に差し掛かる。登下校の時間帯や文化祭の日、受験日には、歩道橋が同校に向かう人で混雑する。

西側編集

西側は行き止まりになっているが階段があり、「神奈川産業道路」新子安橋の歩道部分とつながっている。

バス路線編集

駅前付近には3か所の停留所が存在する。いずれも横浜市営バスによって運行されている。

新子安駅西口編集

1番のりば
  • <19> 新子安駅前行
2番のりば
3番のりば
  • <38> 横浜駅西口行
  • <213> 新子安駅西口行【循環】

新子安駅前編集

1番のりば
  • <19> 新子安駅前行【循環】 ※平日夕・夜に運転
2番のりば
  • <19> 新子安駅前行【循環】、生麦行 ※新子安駅前行は朝のみ運転、生麦行は主に日中運転

新子安編集

1番のりば
  • <19> 新子安駅前行【循環】
  • <86> 横浜駅行
2番のりば
  • <86> 生麦行

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  京浜東北線
快速・各駅停車
鶴見駅 (JK 15) - 新子安駅 (JK 14) - 東神奈川駅 (JK 13)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

  1. ^ “みどりの窓口リストラ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 23 夕刊. (2006年7月11日) 
  2. ^ a b JR東日本ステーションサービス事業エリア Archived 2013年9月4日, at the Wayback Machine.
  3. ^ “2020年度ホームドア設置駅について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道横浜支社, (2020年9月18日), オリジナルの2020年9月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200918053052/https://www.jreast.co.jp/press/2020/yokohama/20200918_1_y.pdf 2020年9月18日閲覧。 
  4. ^ “より安全な駅ホーム・踏切の実現に向けた取組みについて” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年4月7日), オリジナルの2020年4月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200407061032/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200407_ho01.pdf 2020年4月7日閲覧。 
  5. ^ http://www.nre.co.jp/shop/tabid/223/stoid/190/brnid/4/ 濱そば 新子安店

利用状況編集

JR東日本の2000年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧

関連項目編集

外部リンク編集