新潟県立近代美術館

新潟県立近代美術館(にいがたけんりつ きんだいびじゅつかん、英称:The Niigata Prefectural Museum of Modern Art)は、新潟県長岡市の「千秋が原ふるさとの森」内にある、県立美術館である。現在館長は、遠藤聡。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新潟県立近代美術館
The Niigata Prefectural Museum of Modern Art
新潟近代美術館.jpg
新潟県立近代美術館
施設情報
正式名称 新潟県立近代美術館
専門分野 美術館
館長 遠藤聡(2021年4月より)
事業主体 新潟県
開館 1993年7月
所在地 940-2083
新潟県長岡市千秋3丁目278-14
位置 北緯37度27分52.1秒 東経138度49分55.5秒 / 北緯37.464472度 東経138.832083度 / 37.464472; 138.832083座標: 北緯37度27分52.1秒 東経138度49分55.5秒 / 北緯37.464472度 東経138.832083度 / 37.464472; 138.832083
外部リンク 新潟県立近代美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1993年7月に開館し、「世界の美術」、「日本の美術」、「新潟の美術」をテーマにした作品が常設されている。企画展は1~2ヶ月ごとに代わり、美術館の中を探検したりできる催し物もある。 所蔵作品数は6000点を超える。かつて長岡現代美術館を運営していた現在の大光銀行(当時の大光相互銀行)の大光コレクションの約半分を収蔵していることでも知られる。そうした関係で県庁所在地の新潟市ではなく、中部の長岡市に開設された。

2018年から2019年にかけて大規模改修工事が行われた[1]

分館編集

コレクション編集

歴代館長編集

  • 1993年7月〜2000年3月 前川誠郎[2] 西洋美術史家
  • 2000年4月〜2008年3月 水野敬三郎[3] 仏像美術史家
  • 2008年4月〜2017年3月 徳永健一[4] 元新潟日報社
  • 2017年4月〜 2021年3月 木村哲郎[5] 元新潟日報社
  • 2021年4月〜 遠藤聡[6] 元三条地域振興局健康福祉環境部副部長(庶務課長) 

利用情報編集

新潟県立近代美術館 公式ウェブサイト:開館時間・休館時間・観覧料・団体利用」を参照。

交通アクセス編集

長岡市の信濃川左岸側に立地しており、周辺には長岡赤十字病院やショッピングモール「リバーサイド千秋」が所在する。

  • JR長岡駅大手口8番線から越後交通 中央循環線(くるりん)内回り利用、「県立近代美術館前」バス停下車すぐ。
  • 同駅大手口2番線から「日赤病院経由」の越後交通バス利用、「日赤病院前」バス停下車後徒歩5分。
  • 関越自動車道長岡ICから車で約5分

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集