日比野駅 (名古屋市)

日本の愛知県名古屋市熱田区にある名古屋市交通局の駅

日比野駅(ひびのえき)は、愛知県名古屋市熱田区大宝1丁目にある、名古屋市営地下鉄名港線である。駅番号はE02。アクセントカラーは、赤色

日比野駅
Nagoya Subway Hibino Station.jpg
1番出入口
ひびの
Hibino
(中央卸売市場)
金山 E01 (1.5 km)
(1.1 km) E03 六番町
所在地 名古屋市熱田区大宝一丁目3-18
北緯35度7分58秒 東経136度53分35.3秒 / 北緯35.13278度 東経136.893139度 / 35.13278; 136.893139座標: 北緯35度7分58秒 東経136度53分35.3秒 / 北緯35.13278度 東経136.893139度 / 35.13278; 136.893139
駅番号 E02
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 名港線
キロ程 1.5 km(金山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
9,345人/日(降車客含まず)
-2019年-
乗降人員
-統計年度-
18,522[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1971年昭和46年)3月29日
テンプレートを表示
ホーム

近隣の地名表記は比々野比々野町)だが、駅名にある日比野の表記も交差点名や学校名・店名などに広く用いられている。

manacaの利用履歴では、当駅は市地日比と表示され、愛西市にある名鉄尾西線日比野駅と区別している。

歴史編集

駅構造編集

島式1面2線のホームをもつ地下駅で可動式ホーム柵が設置されている。当駅は金山から方面別に掘られた単線のトンネルが合流する地点に位置し、駅構内でもなお両者の線路が接近しつつあるため、写真のように金山方に向かってホームの幅が広くなる格好になっている。ホームのベンチは写真にあるように、金属製パイプを柱の周りに巻く形の珍しいものである。

2011年3月27日より、駅業務は日本通運に委託されている[2]

当駅は、名城線南部駅務区金山管区駅が管轄している。

構内の駅名標には、近隣施設である中央卸売市場が併記されている。

のりば編集

ホーム 路線 行先
1   名港線 東海通名古屋港方面
2   名港線・  名城線 金山大曽根方面

駅周辺の施設編集

路線バス編集

いずれの事業者も、バス停の名称は日比野である。

名古屋市営バス
  • 栄22:栄 - 日比野 - 港区役所
  • 熱田巡回:神宮東門 - 日比野 - 神宮東門
三重交通
  • 50:名鉄バスセンター - 日比野 - かの里車庫・桑名駅前
  • 60:名鉄バスセンター - 日比野 - 長島温泉 ※ 2008年10月15日をもって廃止。
  • 61:名鉄バスセンター - 日比野 - 南桑名
  • 64:名鉄バスセンター - 日比野 - サンビーチ日光川

利用状況編集

名港線の駅では金山駅に次いで利用客が多い。白鳥公園を越えた先にある西高蔵駅より大きく上回っている。

名古屋市統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

  • 2004年度:6,771人
  • 2005年度:6,860人
  • 2006年度:7,030人
  • 2007年度:8,143人
  • 2008年度:8,268人
  • 2009年度:8,027人
  • 2010年度:8,321人
  • 2011年度:8,063人
  • 2012年度:8,199人
  • 2013年度:8,223人
  • 2014年度:8,331人
  • 2015年度:8,560人
  • 2016年度:8,693人
  • 2017年度:9,133人
  • 2018年度:9,230人
  • 2019年度:9,345人

隣の駅編集

  名古屋市営地下鉄
  名港線
金山駅 (E01) - 日比野駅 (E02) - 六番町駅 (E03)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 交通広告メディアガイド2021年版 (PDF)”. 名古屋市交通局. 2021年4月5日閲覧。
  2. ^ 交通局事業概要(令和元年度) 名古屋市交通局の組織 (PDF)”. 名古屋市交通局. p. 54 (2019年7月). 2020年6月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集