メインメニューを開く

1963年の映画

ウィキメディアの一覧記事

出来事編集

日本編集

周年編集

日本の映画興行編集

  • 入場料金(大人)
    • 320円 - 350円(東京の邦画封切館)[10][注 2][注 3]
    • 199円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[12] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[13]
  • 入場者数 5億1112万人[14]
  • 興行収入 777億3400万円[14]

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1963年邦画配給収入トップ10
(対象期間:1963年4月 - 1964年3月)
順位 題名 配給 配給収入
1 にっぽん昆虫記 日活 3億3000万円
2 光る海[15] 日活 3億0000万円
3 赤いハンカチ 日活 2億8000万円
4 武士道残酷物語 東映 2億7500万円
5 大盗賊 東宝 2億3000万円
6 宮本武蔵 一乗寺の決斗 東映 2億2500万円
6 五十万人の遺産 東宝 2億2500万円
8 五番町夕霧楼 東映 2億1800万円
9 喜劇 駅前茶釜 東宝 2億1000万円
10 新吾二十番勝負 完結篇 東映 2億0700万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、200頁。ISBN 978-4873767550
1963年洋画配給収入トップ10
(対象期間:1963年1月 - 1964年6月)
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 史上最大の作戦   20世紀フォックス 8億9586万円
2 アラビアのロレンス   コロンビア映画 5億9527万円
3 大脱走   ユナイテッド・アーティスツ 5億2722万円
4 クレオパトラ   20世紀フォックス 4億2678万円
5 北京の55日   アライド・アーチスツ 3億3933万円
6 地下室のメロディー   東和松竹映配日本ヘラルド 2億4681万円
7 シャレード   ユニバーサル・ピクチャーズ 2億2650万円
8 隊長ブーリバ   ユナイテッド・アーティスツ 2億2478万円
9   ユニバーサル・ピクチャーズ 2億0501万円
10 チコと鮫[16]    日本ヘラルド 2億0187万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、201頁。ISBN 978-4873767550

北米興行収入ランキング編集

1963年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入 出典
1. クレオパトラ 20世紀フォックス $57,777,778 [17]
2. 西部開拓史 MGM / シネラマ $46,500,000 [18]
3. おかしなおかしなおかしな世界 ユナイテッド・アーティスツ $46,332,858 [19]
4. トム・ジョーンズの華麗な冒険 ユナイテッド・アーティスツ $37,600,000 [20]
5. あなただけ今晩は ユナイテッド・アーティスツ
/ The Mirisch Corp.
$25,246,588 [21]
6. 王さまの剣 ウォルト・ディズニー $22,182,353 [22]
7. フラバァ・デラックス英語版 ウォルト・ディズニー $22,129,412 [23]
8. ユニバーサル映画 $18,500,900
9. 007 ドクター・ノオ ユナイテッド・アーティスツ $16,067,035 [24]
10. 予期せぬ出来事 MGM $15,000,000 [25]

日本公開映画編集

受賞編集

誕生編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 2日 ディック・パウエル   58 俳優・歌手
27日 ジョン・ファロー   58 映画監督・脚本家
3月 20日 柳さく子   60 女優
7月 28日 三好栄子   69 女優
8月 17日 リチャード・バーセルメス   68 俳優
9月 15日 オリバー・ウォレス   76 音楽家
10月 11日 ジャン・コクトー   74 作家・映画監督
29日 アドルフ・マンジュー   73 俳優
12月 12日 小津安二郎   60 映画監督

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 〔引用者註〕年表種別が「東宝の動き」であり、かつ、「日本初」の文言が該当文中にないので、東宝関連の中で初めて「映画入場券の自動販売機」を設置したと判断した。
  2. ^ 〔引用者註〕320円から350円の範囲でばらつき。
  3. ^ 『戦後値段史年表』によれば、350円となっている[11]

出典編集

  1. ^ a b c d e 東宝 1982b, p. 95.
  2. ^ a b 増當竜也 (2016年10月2日). “山本富士子、日本映画界の愚行に見切りをつけて去っていった”. シネマズ. 松竹. 2019--07-15閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 谷川 1993, p. 142.
  4. ^ a b c d e f g h i 松竹 1985, p. 688.
  5. ^ a b c d 東宝 1982b, p. 96.
  6. ^ a b c d e f g 東宝 1982b, p. 97.
  7. ^ これがシネラマだ(1952)”. allcinema. スティングレイ. 2019年9月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 東宝 1982b, p. 98.
  9. ^ 山川 1987, p. 301.
  10. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠『ザ・ブーム』角川書店、1982年1月25日、218頁。
  11. ^ 『戦後値段史年表』週刊朝日朝日新聞出版〈朝日文庫〉、1995年、23頁。ISBN 4-02-261108-1
  12. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  13. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  14. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  15. ^ 光る海 - KINENOTE
  16. ^ チコと鮫 - allcinema
  17. ^ Box Office Information for Cleopatra. Box Office Mojo. Retrieved September 2, 2013.
  18. ^ Box Office Information for How the West Was Won. The Numbers. Retrieved September 2, 2013.
  19. ^ Box Office Information for It's a Mad, Mad, Mad, Mad World. Box Office Mojo. Retrieved September 2, 2013.
  20. ^ Box Office Information for Tom Jones. The Numbers. Retrieved September 2, 2013.
  21. ^ Box Office Information for Irma la Douce. The Numbers. Retrieved September 2, 2013.
  22. ^ Box Office Information for The Sword in the Stone. The Numbers. Retrieved September 2, 2013.
  23. ^ Box Office Information for Son of Flubber. The Numbers. Retrieved September 2, 2013.
  24. ^ Box Office Information for Dr. No. Box Office Mojo. Retrieved September 2, 2013.
  25. ^ Box Office Information for The V.I.P.s The Numbers. Retrieved September 2, 2013.

参考文献編集