メインメニューを開く

曽呂村(そろむら)は、かつて千葉県長狭郡(のちに安房郡)に存在した村。現在の鴨川市の南部に位置している。1889年(明治22年)に町村制施行により編成され、昭和の大合併により廃止された。

曽呂村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
江見町太海村曽呂村江見町
現在の自治体 鴨川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
隣接自治体 江見町、鴨川町丸山町
太海村、北三原村主基村
吉尾村大山村
曽呂村役場
所在地 千葉県安房郡曽呂村
曽呂村の位置(千葉県内)
曽呂村
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の鴨川市南部の内陸部に位置する。嶺岡山地の南麓に位置し、曽呂川に沿って東西に通じる街道に沿った村である[1]

現在の鴨川市域を、鴨川市成立時およびその後の合併時の町村によって4地区に区分する場合、旧曽呂村の地域は「江見地区」の一部に位置付けられている。鴨川市域を町村制施行当時の町村(旧町村)によって12地区に区分する場合は「曽呂地区」とされ[2]、現在の大字では畑(はた)・西(にし)・東(ひがし)・上(かみ)・仲町(なかちょう)・代(だい)・二子(ふたご)・宮(みや)が含まれる[2][注釈 1]

1926年(大正15年)時点の曽呂村は、北に嶺岡山地を隔てて田原村主基村吉尾村と、西は大山村丸村北三原村と、南は小規模な山脈を隔てて太海村和田村江見村と接していた[4]:1084。当時は全村を宮・二・代・仲・上・畑・東・西の8区に分けていた[4]:1084

歴史編集

前近代編集

和名類聚抄』(和名抄)に記載のある長狭郡日置郷について、二子に「比岐」という字名があることから、当地に比定する説がある[5]

戦国時代、当地の戦国大名である里見氏によって、嶺岡山地周辺に嶺岡牧と呼ばれる牧場が開かれた。江戸時代初期に里見氏(館山藩)が改易されると、江戸幕府の管轄下に置かれた。広大な峯岡牧を管轄する八丁陣屋(八丁会所、西平陣屋とも)は牧士の会所で、その中央に位置する当地(現在の鴨川市西)に置かれた。のちの曽呂村の村域北部は嶺岡東上牧・嶺岡東下牧とされていた[6]

近代編集

町村制以前編集

1874年(明治7年)、芝尾村が代野村に編入された[4]:1084

1878年(明治11年)、千葉県に郡区町村編制法が施行されると、西野尻村・東野尻村[注釈 2]の連合(連合戸長役場)、上野村・星ヶ畑村の連合、仲居村・代野村・二子村・宮野下村の連合が成立[7][4]:1084。1884年(明治17年)に戸長役場の管轄変更が行われた際、宮野下村以外の7か村が一つの連合にまとまり[7]、上野村外6か村戸長役場を上野村に置いた[4]:1084[注釈 3]。宮野下村は天面村外3村[注釈 4]と連合した[注釈 5]

町村制以後編集

 
安房郡域の町村制施行時の町村
(※1897年に平郡・朝夷郡・長狭郡を安房郡に編入)
1.北条町 2.館山町 3.豊津村 4.西岬村 5.富崎村 6.長尾村 7.豊房村 8.神戸村 9.館野村 10.九重村 11.稲都村
平郡】21.凪原村〔のち那古町〕 22.船形村 23.八束村 24.富浦村 25.岩井村 26.勝山村 27.保田村 28.佐久間村 29.平群村 30.滝田村 31.国府村
朝夷郡】41.白浜村 42.七浦村 43.曦村〔のち千倉町〕 44.健田村 45.千歳村 46.豊田村 47.丸村 48.北三原村 49.南三原村 50.和田村 51.江見村
長狭郡】61.太海村 62.大山村 63.吉尾村 64.由基村〔のち主基村〕 65.田原村 66.鴨川町 67.曽呂村 68.西条村 69.東条村 70.天津村 71.湊村〔のち小湊町〕
現在の行政区画
赤:館山市 桃:鴨川市 紫:南房総市 橙:鋸南町

1889年明治22年)、町村制が施行されると、星ヶ畑村・東野尻村・西野尻村・上野村・仲居村・代野村・二子村・宮野下村および嶺岡東牧[注釈 6]が合併して曽呂村が成立[7]。曽呂村という名称は、この地域が古くは曽呂郷と呼ばれたところから来ている[7]

当地の旧家のひとつとして水田家があり[1]、江戸時代後期に建てられた旧水田家住宅(大字西 字西平良、登録有形文化財)が現存する[1]。明治時代中期の当主であった水田竹蔵は曽呂村長も務めた[注釈 7]が、英国から輸入したホルスタイン種牡牛をいち早く飼育したともされる[1][注釈 8]。竹蔵の子の信太郎もまた村長を務め[注釈 9]、村内の小学校統合などを行っている[1]。信太郎の子の一人が、第二次世界大戦後の高度経済成長期に経済閣僚として活躍した水田三喜男である[1]

1955年昭和30年)、昭和の大合併にともない、江見町太海村と合併し、新設された江見町の一部となる。

行政区画・自治体沿革編集

経済編集

1888年(明治21年)に記された分合取調文書によれば、住民はおおむね農業で生計を立てていたとある[7]。1926年(大正15年)の『安房郡誌』によれば、村の主たる生業は農業で、副業として畜産および薪炭・莚縄製造が挙げられている[4]:1085

峯岡牧周辺は日本の酪農史で大きな役割を果たした地域であり、曽呂村でも酪農は盛んであった[注釈 10]

教育編集

  • 曽呂小学校
    • 1909年(明治42年)、曽呂村内にあった4つの尋常小学校が統合され、曽呂尋常小学校となる[10][4]:628。ただし、本校に通うのが難しい遠隔地の低学年児童のために分教場が残された[10][4]:628。明治43年、高等科を設置し、曽呂尋常高等小学校[4]:628。鴨川市の一部となってからは鴨川市立曽呂小学校という名称になっていたが、2015年3月に閉校した[11]
    • 曽呂尋常小学校に統合された学校の内のひとつ、西尋常小学校は1874年(明治7年)に校舎が建設された[10]。校舎は、曽呂尋常小学校発足後に「曽呂尋常小学校分教場」として使用された[10]。1967年(昭和42年)に廃校されて以後は、長らく使用されずに荒廃が進んだが、木造平屋建ての校舎が現存している[10]。2009年に、地元住民や関係者・地元団体や学校法人城西大学関係者[注釈 11]らにより、保存を求める「曽呂尋常小学校分教場再生保存を願う会」が発足した[10]

名所・旧跡・祭事編集

  • 峯岡東牧旧址[4]:1085

人物編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 大字の読みは日本郵便の郵便番号検索[3]による。
  2. ^ 西野尻村・東野尻村は、古くは一つの村であったという[7]
  3. ^ 『千葉県安房郡誌』によれば、上野村外6か村戸長役場が上野村に置かれたのは1885年(明治18年)[4]:1084
  4. ^ 天面村・西山村・岡波太村・浜波太村は、町村制施行時に太海村となった。
  5. ^ 『千葉県安房郡誌』によれば、宮野下村が天面村などと連合したのは1881年(明治14年)とあり、「天面村外6か村」の連合に加わったとある[4]:1084
  6. ^ 嶺岡東牧は嶺岡牧の一部で、いずれの村にも属さない地域であった[7]
  7. ^ 初代村長。在任:明治22年 - 明治25年[4]:1084
  8. ^ 城西国際大学のサイトでは、水田竹蔵は「英国から初めて輸入されたホルスタイン種牡牛を飼育した」とあるが時期は不明[1]。JA安房のウェブサイト(原典は『安房畜協40年の歩み』(昭和63年9月発行))によれば、1889(明治22年)に嶺岡畜産株式会社が米国からホルスタインを導入したのが「安房におけるホルスタイン種輸入の端緒」とされ、明治30年代に安房地域の乳用牛の牛種はホルスタインに統一されていったとする[8]
  9. ^ 在任:明治41年 - 明治43年、大正7年再任後大正15年現在現職[4]:1085
  10. ^ 2016年に行われた調査では曽呂地区に30か所余りの集乳所(過去に存在したものから現在も稼働中のものまで)が確認されている[9]
  11. ^ 設立者の水田三喜男がこの分教場に通った。太海に城西国際大学観光学部のキャンパスがある。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 旧水田家住宅”. 城西国際大学. 2018年3月29日閲覧。
  2. ^ a b 大字別世帯数および人口 (pdf)”. 鴨川市統計書 平成28年版. 鴨川市役所. pp. 18-19. 2018年3月28日閲覧。
  3. ^ 郵便番号検索
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 千葉県安房郡教育会 編『千葉県安房郡誌』千葉県安房郡教育会、1926年。
  5. ^ 長狭郡日置郷(千葉県)”. 先年村プロジェクト. 2018年5月8日閲覧。
  6. ^ 日本近代酪農・乳食文化の源流 嶺岡牧』(pdf)千葉県酪農のさと/嶺岡牧研究所。2018年3月28日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 「曽呂村」『明治22年千葉県町村分合資料 十八 長狭町村分合取調』、11-16頁。2018年3月28日閲覧。
  8. ^ 安房酪農の歴史”. JA安房. 2018年3月29日閲覧。
  9. ^ 滝口巌「鴨川市域の集乳所を訪ねて」『シンポジウム 嶺岡牧の姿に迫る』(pdf)、2017年3月4日、17-28頁。2018年3月28日閲覧。
  10. ^ a b c d e f “明治7年建設の曽呂尋常小分教場跡 校舎復元し後世に残して 鴨川”. 房日新聞. (2009年9月17日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=3214 2018年3月28日閲覧。 
  11. ^ “思い出の校舎とお別れ 江見小、太海小で閉校式 鴨川”. 千葉日報. (2015年3月27日). https://www.chibanippo.co.jp/news/local/248054 2018年3月28日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集