木下博勝

木下 博勝(きのした ひろかつ、1968年1月20日 - )は、日本医師博士(医学)東京大学))、鎌倉女子大学教授杏林大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。芸能事務所パーフィットプロダクション」に所属しタレント活動も行っている。

木下 博勝
生誕 (1968-01-20) 1968年1月20日(50歳)
日本の旗 日本北海道深川市
職業 医師タレント大学教授
配偶者 ジャガー横田
補足

総合旅行業務取扱管理者。関西師友会会員。日本会議正会員。実践の家会員。血液型B型。

目次

経歴編集

医師編集

北海道深川市で生まれる。北海道深川西高等学校から杏林大学医学部に進み、医師国家免許を取得する。その後、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、財団法人癌研究会研究生やスマックガールリングドクター、東京大学医学部附属病院第一外科、埼玉県所沢市の所沢胃腸病院(現・佐々木記念病院)に副院長として勤務。自らも診察を担当していた。

専門は消化器外科。社団法人日本外科学会専門医、日本大腸肛門病学会会員、日本癌学会会員、日本消化管学会認定医。日本抗加齢医学会専門医。2007年9月に、東京大学より博士(医学)の学位を取得した。所属学会は、日本外科学会、日本癌学会、日本大腸肛門病学会、日本消化管学会、日本抗加齢医学会、日本禁煙学会。2011年(平成23年)より日本禁煙学会学術顧問。

電撃結婚編集

東京大学医学部附属病院第一外科に勤務していた2004年7月に、女子プロレスラージャガー横田と結婚した。女子総合格闘技、スマックガールのリングドクターを務めていた際に、ジャガーがトレーナーを務める“亜利弥’”が出場した大会で知り合った。つまり、ジャガーの後輩レスラーによる紹介が知り合ったきっかけであった。かつて他に例を見ない職業同士の組み合わせに、各種マスコミの間で大きな話題を呼んだ。結婚式は学士会館で行われ、元アメリカ国防省高官でバンダービルト大学教授のジェームス.E・アワーが娘とともに出席し、英語でスピーチを行った際、木下側の招待者は理解が容易であったのに対し、ジャガー側からは「通訳をつけてくれー」などの罵声が飛んでいた。

おしどり夫婦編集

ジャガー横田とのおしどり夫婦ぶりは有名となり、夫婦揃ってテレビや講演などで活躍している。押しが強く怖い妻と対照的に、「良い人だが気弱で、ちょっと頼りない恐妻家」というキャラで人気を博している。2007年4月14日には、ジャガー横田と共に講談社主催の「ナイス・カップル大賞」を受賞した。

一児の父編集

2006年11月29日(現地時間、日本では11月30日)にジャガーがアメリカハワイ州ホノルルの病院にて男児を出産、一児の父となる。教育に関してもシビアな持論を持ち、子供に徹底した英才教育を施す方針の木下と、のびのび自由に育てようとする妻との間で意見の対立が起きている。

現在編集

2009年4月に鎌倉女子大学家政学部家政保健学科教授に就任し、医師とあわせて大学人としての顔を持つほか、日本全国での各種講演活動やテレビ出演も積極的にこなしている。

情報番組などではコメンテーターを務めている。TBSの番組『リンカーン』の企画「持病でガッテン 急性すい炎」(2012年4月24日放送)では医師の立場で急性すい炎についてスタジオで解説を行った。2011年より東京東ロータリークラブに所属。

医学者編集

主な論文編集

  • Kinoshita H, Yanagisawa A, Watanabe T, Nagawa H, Oya M, Kato Y, Muto T.
    • Increase in the frequency of K-ras codon 12 point mutation in colorectal carcinoma in elderly males in Japan: the 1990s compared with the 1960s.Cancer Sci. 2005 Apr;96(4):218-20.
  • Kinoshita H, Watanabe T, Yanagisawa A, Nagawa H, Kato Y, Muto T.
    • Pathological changes of advanced lower-rectal cancer by preoperative radiotherapy. Hepatogastroenterology. 2004 Sep-Oct;51(59):1362-6.
  • Hayashi T, Arai M, Ueno M, Kinoshita H, Tada Y, Koizumi K, Miki Y, Yamaguchi T, Kato Y, Utsunomiya J, Muto T, Sugihara K.
    • Frequency of immunohistochemical loss of mismatch repair protein in double primary cancers of the colorectum and stomach in Japan.Dis Colon Rectum. 2006 Oct;49(10 Suppl):S23-9.
  • 新井正美 上野雅資 小泉浩一 小口正彦 二宮康郎 関誠 畦倉薫 太田博俊 板谷新 木下博勝 山下孝 石川雄一 柳澤昭夫 山口俊晴 三木義男 宇都宮譲二 加藤洋 武藤徹一郎
    • マイクロサテライト不安定性を示した放射線誘発大腸癌の1例 胃と腸 2002.07 37巻8号 1081-1087
  • 加藤洋 木下博勝
    • 大腸癌の疫学 病理 組織診断の問題点 内科 2003.05 91巻5号 809-812
  • 大矢雅敏 上野雅資 山口俊晴 武藤徹一郎 水沼信之 畠清彦 小口正彦 山下孝 木下博勝 加藤洋
    • 大腸癌と化学療法 消化器内視鏡 2004.12 16巻12号 1797-1803
  • 木下博勝 大矢雅敏 加藤洋 武藤徹一郎
    • 大腸癌のすべて 外科治療 附 直腸間膜検索法 消化器外科 2005.04 28巻5号 793-798
  • 加藤洋 木下博勝
    • 大腸sm癌のリンパ節転移を予測する組織学的因子 消化器内視鏡 2005.08 17巻8号 1189-1196
  • 森田博義 塩川大介 秋山欣丈 湖山信篤 木下博勝 柳澤昭夫 加賀美尚 加藤洋 田沼靖一
    • 表面型隆起性早期大腸癌の発生過程に関する研究 逓信医学 2000.01 52号1号 37-43
  • 木下博勝 濱辺祐一 澤野誠 園崎秀吉
    • 特異な内視鏡所見を示した水酸化ナトリウム服用の一例 日本救急医学会関東地方会雑誌 1998.12 19巻2号 608-609
  • 博士論文:「進行下部直腸癌に対する術前放射線照射療法の病理組織学的検討」(東京大学、2007年)

学会発表編集

  • 「大網原発類上皮平滑筋肉腫の1例」 (1996 臨床外科学会)
  • 「開腹術後33年目で発症した大網膿瘍の1例」 (1996 臨床外科学会)
  • 「若年者 高齢者大腸癌は予後不良か?」 (1999 臨床外科学会)
  • 「肺間質性子宮内膜症の1例」 (2000 肺癌)
  • 「日本における過去と現在の進行大腸癌の組織発生に差はあるか?K-ras遺伝子分析から」 (2001 日本癌学会)
  • 「30年前と現在の高齢者進行大腸癌に違いはあるか?」 (2001 大腸肛門病学会)
  • 「HNPCC症例に随伴した腺腫におけるDNAミスマッチ修復蛋白(hMLH1,hMSH2)発現」 (2002 日本癌学会)
  • 「大腸癌(非有茎性)の浸潤亜分類とリンパ節転移“実測方式”と“癌研方式”の比較」 (2002 大腸肛門病学会)
  • 「下部進行直腸癌に対する放射線照射の病理組織学的検討」 (2002 消化器外科学会)
  • 「新しい分子生物学的手法を用いた大腸癌所属リンパ節微小転移の術中迅速診断に向けた基礎的検討」(第61回大腸癌研究会口演)
  • 「下部進行直腸に対する術前放射線化学療法のリンパ節微小転移」(2005 大腸癌研究会)
  • 「早期大腸癌の増殖形式に関するマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析」 (2004 大腸肛門病学会)
  • 「大腸カルチノイド腫瘍の治療方針とサーベイランスにおける臨床的検討」(第62回大腸癌研究会口演)
  • Pathological changes of advanced lower rectal cancer (2004.6.アメリカ癌学会)

主な役職編集

  • 鎌倉女子大学家政学部教授
  • 日本外科学会会員 専門医
  • 日本禁煙学会 Scientific Advisor
  • 日本抗加齢医学会会員 専門医
  • 日本大腸肛門病学会会員
  • 日本癌学会会員
  • 日本消化管学会会員 認定医
  • 青色申告会確定申告スタートキャンペーン一日広報部長

タレント活動編集

きのしたひろかつ
木下博勝
本名 木下博勝
ニックネーム ジャガー横田の旦那
生年月日 (1968-01-20) 1968年1月20日(50歳)
出身地 北海道深川市
血液型 B型
身長 170cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 東京大学大学院医学系研究科博士課程
活動時期 2004年 -
現在の代表番組 スーパーモーニングウィン♪ウィン♪

主な出演番組編集

CM出演編集

著書編集

  • 「ボクに宇宙一の幸せをくれたジャガー―ボクらの出産顛末記」日本テレビ放送網 ISBN 4820399799

プライベート編集

趣味など編集

2008年にはテレビ番組の企画で東京マラソンに出場し、初のフルマラソンながら見事完走を果たしたほか、2008年には息子の生まれ故郷で開催されるホノルルマラソンにも出場し完走した。妻であるジャガーとともにプロ野球読売ジャイアンツファンである。愛読書は、致知、四書五経全て。私淑する人物は、安岡正篤森信三。座右の銘は、一燈照隅 万燈照国。2013年5月より、安岡教学継承し日本の未来に寄与することを目的に、鎌倉師友塾をスタートした。松田聖子[1]の熱狂的なファンでもあり、ライブやディナーショーにも出かけるという。また自らも音楽に携わった時期があり、80年代後半には友人らとハードコアパンクバンド・“Tranquilizer”を結成(木下はボーカル担当)、札幌のライブハウスを中心に活動していた[2]

交友関係編集

2007年6月2日に行なわれた旭鷲山昇断髪式にも登場し大きな声援を受けた。大の巨人ファンで、東京ドームのライトスタンドで応援する姿が、たびたび目撃されている。元巨人の前田幸長とは友人関係で、同じプロダクションに所属していた。

また、ムッシュかまやつの長男であるTAROかまやつとは学生時代からの友人であり、木下と同じく巨人ファンとして知られるかまやつがジェネラルマネージャーを務め、元プロ野球選手や甲子園優勝、準優勝経験者などの経歴の選手が集まり、駐日キューバ大使館員などから構成される在日キューバ人チームに連勝するなどの実績を持つ草野球チーム「麻布おもいやり軍」の選手兼チームドクターを務める。他にも医学会や広告業界、金融業界など幅広い交友関係がある[3]。最近では安全保障問題に強い関心を持ち、小谷哲男とも友人関係にある。

出典編集

  1. ^ ジャガー横田と松田聖子は同学年。
  2. ^ TBS系列『水トク!』2007年6月13日「激闘ジャガー横田45歳 壮絶出産36時間から涙と笑いの子育て全記録スペシャル!!」内にて18歳当時のライブ映像を放送。
  3. ^ 木下博勝 公式ブログ”. 木下博勝 公式ブログ. 2012年4月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集