メインメニューを開く

リンカーン (テレビ番組)

リンカーン』(英称LINCOLN)は、TBS系列にて2005年10月18日から2013年9月10日まで毎週火曜日22:00 - 22:54(JST)に放送されていたお笑いバラエティ番組2014年から毎年1回、『リンカーン芸人大運動会』として特別番組で放送されている。ステレオ放送文字多重放送を実施していた。

リンカーン
LINCOLN
ジャンル バラエティ番組 / お笑い番組
放送時間 火曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2005年10月18日 - 2013年9月10日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 荒井昌也
製作総指揮 安田淳(EP) / 内藤宏之(MP)
演出 椎葉宏治
プロデューサー 坂本義幸
出演者 ダウンタウン
浜田雅功松本人志
さまぁ〜ず
三村マサカズ大竹一樹
雨上がり決死隊
宮迫博之蛍原徹
キャイ〜ン
天野ひろゆきウド鈴木
ほか
ナレーター 阪井あかね
落合隼亮
奥田民義
坂口哲夫
田子千尋
ほか
音声 ステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送[2]
オープニング BT『The Revolution』
エンディング Sam & Dave『Soul Man』
外部リンク 番組公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

芸人の芸人による芸人のための番組」がコンセプト。 放送開始から2009年3月まで使用された番組ロゴの下部に、「THE PROGRAM OF THE GEININ, BY THE GEININ, FOR THE GEININ.」と表記されていた。

第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンゲティスバーグ演説の中で発した有名な一節である「人民の人民による人民のための政治」をもじったもので、番組タイトル名「リンカーン」もこれに由来する。

2005年新春特別番組として放送された同局の新春バラエティ番組『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ'05』を受け、「この出演者でレギュラー番組を作りたい」というスタッフの意向から本番組の立ち上げとなった。

レギュラー出演者は、『ダウンタウン汁』以来およそ13年ぶりのTBSでのレギュラー番組となるダウンタウンをメインキャストとしてさまぁ〜ず雨上がり決死隊キャイ〜ンの4組のお笑いコンビが出演している。過去のレギュラー出演者は、山口智充2009年3月まで)。それぞれが多くのレギュラー番組を抱える中堅芸人が共演しているのが番組の特徴である。

当初は、レギュラー陣以外にもおぎやはぎ次長課長品川庄司スピードワゴンバナナマンフットボールアワーなどの当時の若手芸人も準レギュラーとして毎週のように多数出演し、雛壇セットによるスタジオ企画とロケ企画をほぼ半々で放送していたが、2007年頃から徐々に雛壇での企画は少なくなり若手芸人の出演も限られていった。

番組後期は、レギュラー陣8名のみで進行する企画が多いが、ときどき中堅-若手芸人が呼ばれる企画もある。近年は他局番組のパロディ企画・番組が増えている(「朝までそれ正解!」「持病でガッテン」「週刊リンカーン批評」など)。

毎年、の番組改編期には「2時間スペシャル」が放送される(詳細はリンカーンの企画・コーナーを参照)。秋は「リンカーン芸人大運動会」が恒例企画である。

正式なタイトルロゴは現在は隅に小さく表示されるのみ。WEBサイトや、系列各局の番組表では掲載されている(一部局はタイトルのみの局もある)。

TBSのみ2009年4月28日より事前番組予告(21:54 - 22:00)を放送していた(2010年1月26日放送終了)が新聞ラテ欄では別扱いになっていた。なお、初期は番組終了時に次回予告があったが2008年頃から無くなった。

地上デジタル放送が全国に広がって以降も4:3のSD制作が続いたが、2009年10月13日放送分(3時間SP)の「芸人大運動会」からハイビジョン制作に切り替わった。

2013年9月10日の2時間SPを以って、約8年間の歴史に幕を下ろした。視聴率の低迷化が原因ではなく、レギュラー陣が中堅芸人でありコンビ以外だけでなく個人でも数多くレギュラーを持つため、全員が集まる事が困難な事が最大の原因であった。事実、集合出来るレギュラー陣だけの企画や、別撮りの企画が数多く存在していた。加えて、ひな壇として出演していた当時はほぼ無名であったり、一発屋だった芸人らもリンカーンをきっかけに数多く番組を持つようになった事も原因である。火曜22時台のTBS制作の番組では「そこが知りたい」の5年4カ月(但し番組は時間帯を移動して継続)を超え最長記録を更新した(TBS制作でなければ最長は毎日放送制作の『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』で8年半である)。

番組終了後は、レギュラー時代に毎年秋に行っていた企画「芸人大運動会」を継続して放送され、2014年以降に特別番組として年1回復活している。

出演者編集

毎週、様々な企画に対し、レギュラー陣数名-全員が出演する。欠席者がいる場合でもコンビの片方は出演している場合が多く、特にダウンタウンが2人とも欠席しているパターンは非常に少ない。番組後期は欠席者がいる場合でも、下記の準レギュラー陣から人数合わせをする場合が多い。

芸歴はダウンタウン→さまぁ〜ず→雨上がり決死隊→キャイ〜ン(→山口智充)の順番になる。

レギュラー編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
  • ダウンタウン浜田雅功松本人志) 浜田の発言テロップは、松本のテロップは[4] ダウンタウンがTBSに出演するのはおよそ13年振りで、さまぁ~ずとは初仕事である。(ロケでの発言テロップは、浜田は、松本は) 呼び名は「浜田さん」「浜ちゃん」「松本さん」「松ちゃん」- メインキャスト
  • さまぁ〜ず三村マサカズ大竹一樹)三村のテロップは、大竹のテロップはオレンジ(ロケでのテロップは三村が緑、大竹も緑)。呼び名は「三村」「三村さん」「ミマタ」「三村くん」、「大竹」「大竹さん」
  • 雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹)宮迫のテロップは、蛍原のテロップは青緑(ロケでのテロップの色は宮迫が紫、蛍原も紫)。呼び名は「宮迫」「宮迫さん」「宮迫くん」[5]、「蛍原」「蛍原さん」「ホトちゃん」もしくは「蛍ちゃん」
  • キャイ〜ン天野ひろゆきウド鈴木)天野のテロップは茶色、ウドのテロップはピンク(ロケでのテロップの色は、天野がオレンジ、ウドもオレンジ) 呼び名は「天野」「天野くん」、「ウド」「ウドちゃん」

2011年3月8日に大竹が結婚したため、天野が番組レギュラー陣の中では最終回まで唯一の独身であったが、(番組終了後の2014年2月22日に結婚している)復活特番では全員既婚者。ちなみに2015年現在、離婚したメンバーはいない。また、バツイチで再婚のメンバーもいない。

準レギュラー編集

主なメンバーとしては、以下のお笑いコンビがあげられる。中でも、おぎやはぎとバナナマンが比較的頻繁に出演する傾向にある。

コーナーレギュラー編集

本番組の収録と生放送情報番組にじいろジーン関西テレビ制作・フジテレビ系列)』が重なるという理由でレギュラーを降板し[6]、4月以降は「リンカーンRADIO」シリーズのコーナーレギュラーとして出演していた。最終回では過去出演していたVTRこそ流れたものの、8人のレギュラーは山口の存在に特に触れることなく、VTRでの出演も無かった。[7]
レギュラー時代は一番後輩だったが、ウドを除くレギュラーメンバー7人からは「ぐっさん」と呼ばれていた。[8]

ナレーター編集

企画・コーナー編集

オープニング編集

1代目(2005年10月から2009年3月)編集

番組開始当初から2009年3月はフルアニメーションのオープニングで、一見するとバラエティ番組とわからないほど高いクオリティである。メンバーをデフォルメした有名キャラクターをモチーフにしていた[9]。監督・キャラクターデザインは中山大輔、制作はSTUDIO 4℃[10]。9人が夜の街で何かと戦闘している設定であり、ビルから飛んだり、銃を放ったり、叫んだり、女性を助けたりしている。最後には全員のシルエットが映り、タイトルロゴとタイトルコールが入る。30秒間にかなりの内容を詰め込んでいるため、どれがどのメンバーか認識出来ないシーンもある。

2代目~7代目(2009年4月から9月)編集

前述した通り、山口のレギュラー降板に伴い「監督矢作兼」、「助監督小木博明」による、TBSやフジテレビの過去の名作ドラマやアニメをパロディとしたオープニングを月変わりで放送。出演は持ち回り。 ちなみに2009年6月9日-30日、10月-12月の間はオープニングが流れなかった。

8代目(2010年1月から最終回)編集

レギュラーメンバー8名を漫画の様なタッチでキャラクター化。今回はイギリスのロンドンの夜の街が舞台になっており、浜田扮する大ボスHAMAが率いる悪の秘密結社「ビーチ」、松本扮するMATSUが率いるスパイチームイギリス情報保安局MI5 対世界征服課とのカーチェイスバトルといった内容のアニメーションになっている。これに伴い、番組ロゴも変更されるが、企画を放送中の左上テロップには以前のロゴが使用されている。スタッフとして映画『ファイナルファンタジー』のアートディレクターを務めた瀬下寛之が監督、アニメーション監督に『猫の恩返し』監督の森田宏幸、画コンテに樋口真嗣、キャラクターデザインにSHIKACHAN、音楽は高橋哲也 (作曲家)が制作にあたっている。2010年4月以降は、数秒がカットされたバージョンになっている。

楽曲編集

オープニングテーマ編集

  • BT『The Revolution』

エンディングテーマ編集

DVD編集


  • リンカーン芸人大運動会2011・2012(よしもとアール・アンド・シー、2015年10月14日)
DISC1
  • 第5回リンカーン芸人大運動会
DISC2
  • 第6回リンカーン芸人大運動会2012
  • リンカーン芸人大運動会2014・2015(よしもとアール・アンド・シー、2016年10月5日)
DISC1
  • 第7回リンカーン芸人大運動会
DISC2
  • 第8回リンカーン芸人大運動会

スタッフ編集

2013年7月- 最終回まで・復活特番編集

  • 構成:高須光聖中野俊成長谷川朝二堀江利幸松本真一、興津豪乃、大井洋一、相澤昇、寺田智和、さだ
  • ナレーター:阪井あかね落合隼亮坂口哲夫奥田民義田子千尋 ほか
  • TM(テクニカルマネージャー):荒木健一
  • カメラ:石毛雄己
  • 照明:渋谷康治
  • 電飾:小林賢次
  • 美術プロデューサー・デザイン:山口智広
  • 美術デザイナー:石井健将、宇野宏美
  • 美術制作:羽田一成
  • 操作:えべすさん(胡子忠志)
  • 装飾:田村健治
  • 持道具:寺澤麻由美
  • 装置:尻無浜宏人
  • 衣装:高堂のりこ(松本担当)、北田あつ子(浜田担当)、岩崎孝典
  • 車両:COM Location SERVICE
  • メイク:Office MAKISE、高村明日見
  • TK(タイムキーパー):伊藤佳加
  • 編集所:アンサーズ、Junesep[11]
  • 編集:寺岡慎也、梶村昌彦 / 高橋雄人 / 橋本逸人(隔週交代)
  • MA(マルチオーディオ):岩下順
  • 照明技術:ティエルシー
  • 音効:石川良則、沢井隆志
  • CG:カシオエンターテイメント
  • ロケ技術:スウィッシュ・ジャパン
  • オープニングアニメ制作[11]:カシオエンターテイメント
  • エンディングテーマ[11]Sam & Dave『Soul Man』
  • MP(マネジメントプロデューサー):内藤宏之
  • 編成:福田健太郎
  • 宣伝:眞鍋武
  • デスク:松﨑由美
  • AP(アシスタントプロデューサー):鈴木愛子、宮本稔久(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、織田直也(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、新貝元章
  • 制作:中塚大悟
  • ディレクター:斉藤崇、本間和美、塩谷泰孝、横井雄一郎、佐々木卓也、上田淳也、久野公嗣、三枝浩史
  • AD:浜田諒介、境太資、永井雄一、高井翔太朗、永瀬直哉、中村裕紀、柴田大輔、狩野宣明、佐久本貴史、関直輝、吉川司
  • 協力プロデューサー:江間浩司(NET WEB
  • 演出:椎葉宏治
  • プロデューサー:坂本義幸[12]
  • EP(エグゼクティブプロデューサー):安田淳[13]
  • 収録スタジオ[11]TBS砧スタジオ(TMC)、K1スタジオ
  • スタッフ協力[11]:NET WEB、ラッキーぱんだ、極東電視台シオプロメディア・バスターズ
  • 制作協力:吉本興業、ホリプロ、浅井企画
  • 製作著作:TBS

ネット局と放送時間編集

放送事故編集

  • 2012年5月15日放送分にて、その1時間前に放送された『火曜曲!』の1シーンが放送されてしまった。数秒後に元の放送に戻ったが、翌日(5月16日)番組公式サイトで発表されたお知らせによると、放送機器のトラブルで発生したという見解を示している。また放送日は未定だが、後日再放送を行う旨も記載されている[14]
  • 2012年10月23日放送分では、逆に前番組『火曜曲!』内で起きた放送事故の謝罪テロップが下部に強制的に表示されたため本来のテロップが見にくくなっていた。
  • 2016年10月5日放送分の芸人大運動会スペシャルでは、チーム対抗リレー対決でよゐこ有野晋哉が鎖骨を骨折する事故が起こった。これにより有野は全身麻酔をした上で、鎖骨にプレートを入れる手術を行うことになった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ レギュラー放送時はモノラル放送かつモノステレオ放送を実施
  2. ^ 実施しない回もあり。
  3. ^ RCCは、クライマックスシリーズ・ファイナル 第1戦 広島巨人を中継するため10月21日 (日曜) 14:54 - 17:00に振替放送予定。

外部リンク編集

TBS 火曜21:54 - 22:00枠
前番組 番組名 次番組
もうすぐリンカーン
TBS系列 火曜22時台
世界バリバリ★バリュー
※水曜22時台に移動して継続
【ここまでMBS制作枠】
リンカーン
【ここからTBS制作枠】