メインメニューを開く

深川市

日本の北海道の市

地理編集

石狩平野の最北部に位置する都市。南部を除く三方を山に囲まれた地形。市中心部を東西に石狩川が流れ、その周辺に水田が広がる。また北部の山間部を雨竜川が南流してくるが、市域の平野部には殆ど入らないまま西へ抜ける。

空知総合振興局北部(北空知)における交通の要衝で、多くの鉄道・道路が集積する。

気候編集

気候は、やや内陸的な気候で寒暖の差が大きい。特別豪雪地帯

  • 最寒月平均気温(1月) -7.6℃、最暖月平均気温(8月) 20.7℃、年平均気温 6.5℃[1]
  • 極値(1977年 - ) 最高気温 33.9℃(1989年〔平成元年〕8月6日)、最低気温 -29.7℃(1998年〔平成10年〕2月7日)[2]
  • 最深積雪(1981年 - ):158センチ(1987年〔昭和62年〕3月7日)[2]

隣接している自治体編集

市名の由来編集

市名の由来・成立の経緯は忘れられている[3]。市街地付近は「メム」と呼ばれたが、1890年(明治23年)ごろから「深川」の名が出現している[3]

一説には、市街の北を流れる大鳳川のアイヌ語名「オオホナイ(ooho-nay)」(深い・川)の意訳とされている[3]

沿革編集

 
市中心部

行政編集

経済編集

産業編集

農協編集

金融機関編集

 
北空知信用金庫本店

主な立地企業編集

郵便編集

  • 深川郵便局(集配局)
  • 納内郵便局
  • 更進郵便局
  • 音江郵便局
  • 多度志郵便局

宅配便編集

公共機関編集

姉妹都市・提携都市編集

人口編集

 
深川市と全国の年齢別人口分布(2005年) 深川市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 深川市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
 

深川市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育編集

医療編集

主な医療機関

  • 東ヶ丘病院
  • 深川市立病院 - 第二次救急医療機関指定
  • 深川第一病院
  • 北海道中央病院
  • 吉本病院

住宅団地編集

  • 道営住宅緑町中央団地
  • 道営住宅であえーる北光

交通編集

観光編集

文化財編集

史跡編集

市指定史跡編集

  • 監的壕
  • 先住民族の竪穴住居跡
  • 音江法華駅逓所跡
  • 屯田歩兵第1大隊本部跡 - 教円寺境内
  • 深川市水稲発祥の地

その他編集

  • メム神社本殿 - 市指定有形文化財、「芽生神社」
  • 屯田兵屋 - 市指定有形文化財
  • 旧鷲田農場事務所 - 市指定有形文化財
  • 多度志獅子舞 - 深川市指定無形文化財、多度志獅子舞保存会、多度志神社
  • 納内町猩々獅子舞 - 深川市指定無形文化財、納内町猩々獅子舞保存会、納内神社
  • 猩々獅子五段くずし舞 - 深川市指定無形文化財、猩々獅子五段くずし舞保存会、大国神社

観光編集

出身人物編集

マスコミ編集

参考文献編集

  • 都築甚之助、大町文興著『我邦ニ於ケル麻刺里亜蚊伝搬ノ証明』英蘭堂書店1901年(明治34年)10月29日発行(2008年(平成20年)1月21日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 過去の気象データ検索>平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2016年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 過去の気象データ検索>観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2016年8月14日閲覧。
  3. ^ a b c アイヌ語地名リスト ヒラタ~ホロナ P111-120”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年1月3日閲覧。
  4. ^ 深川市議会議員選挙”. 立憲民主党. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 深川市発着路線バス情報”. 深川市. 2019年6月19日閲覧。
  6. ^ 高速納内 のりば地図”. 北海道中央バス. 2019年6月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光