メインメニューを開く

木下 強三(きのした きょうぞう、1936年12月1日 - 2008年6月9日[1])は、広島県広島市出身の元プロ野球選手外野手)・監督コーチ

木下 強三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 1936年12月1日
没年月日 (2008-06-09) 2008年6月9日(71歳没)
身長
体重
167 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年4月3日
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (1975 - 1986)

来歴・人物編集

広陵高校では「広島県内屈指の好打者」として活躍し、南海からも誘われた。卒業後の1955年広島カープへ入団[2]。1年目は4月3日に行われた開幕3戦目の大洋戦(呉二河)に代打で初出場し[2]、初打席で初安打・初打点を記録[2]。2年目の1956年にはレギュラー左翼手となり[2]、主に2番打者として111試合に出場して打率.243を記録。同年は7月15日中日戦(広島総合)で杉下茂からプロ初本塁打となる2ラン本塁打を放ち、8月8日大阪戦(広島総合)では小山正明から本塁打を打って勝負強さを印象付けた。1958年からは新人の森永勝治西鉄から移籍してきた大和田明の加入でポジションを失う[2]1959年からは宮川孝雄横溝桂と共に左の代打として試合に出場し[2]1965年に現役を引退。

引退後は広島でスカウト(1966年 - 1974年)、二軍監督(1975年 - 1976年)、二軍コーチ(1977年)、二軍コーチ補佐兼寮長(1978年 - 1981年, 1983年)、二軍打撃コーチ(1982年, 1986年)、二軍コーチ補佐(1984年 - 1985年)を歴任。退団後は大洋・横浜で中国地方担当スカウトを務め[2]野村弘樹谷繁元信を発掘。

2008年6月9日肺癌のため死去。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 広島 18 31 22 2 4 0 0 0 4 2 1 1 5 1 2 0 1 2 0 .182 .280 .182 .462
1956 111 363 325 29 79 10 4 2 103 16 9 6 7 0 28 0 3 35 1 .243 .309 .317 .626
1957 89 173 157 11 32 4 0 0 36 8 2 4 1 0 12 2 3 19 1 .204 .273 .229 .503
1958 52 96 84 4 14 3 0 0 17 7 0 2 2 0 9 1 1 14 0 .167 .255 .202 .458
1959 24 27 23 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 4 0 0 5 0 .000 .148 .000 .148
1960 56 94 85 6 22 2 2 2 34 7 3 3 3 0 6 1 0 12 2 .259 .308 .400 .708
1961 64 72 61 4 17 4 0 0 21 13 0 2 2 0 8 2 1 9 0 .279 .371 .344 .716
1962 58 65 57 4 11 1 1 0 14 9 2 1 0 1 7 3 0 13 5 .193 .281 .246 .527
1963 78 99 80 10 18 2 0 0 20 8 2 1 2 1 13 0 3 15 2 .225 .354 .250 .604
1964 31 29 24 1 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 4 0 1 6 0 .167 .310 .208 .519
1965 56 59 49 2 7 0 0 0 7 1 0 1 1 1 6 0 2 11 3 .143 .263 .143 .406
通算:11年 637 1108 967 73 208 27 7 4 261 72 20 21 23 4 99 9 15 141 14 .215 .298 .270 .568

背番号編集

  • 49 (1955年)
  • 26 (1955年 - 1965年)
  • 73 (1975年)
  • 80 (1976年 - 1977年)
  • 81 (1978年 - 1986年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ OB NEWS Vol.38 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2008年6月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P58

関連項目編集