メインメニューを開く

木村 幸俊(きむら ゆきとし、1949年(昭和24年)6月20日 - )は、日本官僚。元国税庁長官。商工組合中央金庫副社長。神奈川県出身。

来歴編集

東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。大臣官房審議官、東京国税局長を経て、2003年(平成15年)財務省関税局長、2005年(平成17年)国税庁長官を歴任し、2006年(平成18年)退官。

退官後は、損害保険料率算出機構副理事長を経て、2008年(平成20年)7月商工組合中央金庫副理事長、同年10月に株式会社化後、同副社長に就任。

略歴編集

先代:
大武健一郎
国税庁長官
2005年 - 2006年
次代:
福田進