メインメニューを開く

地理編集

大阪市中央区の南部に位置する。西は上汐1丁目から2丁目、南は千日前通を挟んで天王寺区上汐3丁目から6丁目、北から東は上本町西とそれぞれ接する。

西の谷町筋と東の上町筋の中間地で、マンションなど宅地化が進む。最寄り駅は南端の千日前通沿いにあるOsaka Metro谷町九丁目駅近畿日本鉄道大阪上本町駅である。

歴史編集

東平は旧町名の東平野町の略称で、旧町名は当初現在の中央区上汐1 -2丁目・天王寺区上汐3 -6丁目・同区上本町6 - 9丁目の西側も含んでいた。

もとは東成郡北平野町村の一部で、上汐町筋と野堂町筋の2本の道路が縦断していた。現在も中央区側では上汐町筋沿いが上汐1 - 2丁目、野堂町筋沿いが東平1 - 2丁目となっているが、天王寺区側は野堂町筋が上汐3 - 6丁目と上本町6 - 9丁目の境界線となっている。

沿革編集

  • 1889年4月1日 町村制の施行により、東成郡東高津村・北平野町村・南平野町村が合併して東平野町が発足。
  • 1897年4月1日 東平野町が大阪市へ編入され、東区に所属。
  • 1900年 東平野大字北平野・南平野に東平野町1 - 10丁目の町名が成立。
  • 1926年 東平野町1 - 10丁目の西側(上汐町筋沿い)を上汐町1 - 6丁目に改称。同時に東平野町の残余(東側)も1 -6丁目に再編。
  • 1943年4月1日 東平野町・上汐町の各3丁目の千日前通以北が南区へ、同以南が天王寺区へ転属。
  • 1981年 天王寺区側が上汐3 - 6丁目の現行町名に改称。
  • 1982年 南区側が東平1 -2丁目・上汐1 - 2丁目の現行町名に改称。
  • 1989年 東区と南区の合区により、東平1 -2丁目・上汐1 - 2丁目が中央区へ転属。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
東平一丁目 690世帯 1,391人
東平二丁目 425世帯 638人
1,115世帯 2,029人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 964人 [5]
2000年(平成12年) 1,064人 [6]
2005年(平成17年) 1,204人 [7]
2010年(平成22年) 1,746人 [8]
2015年(平成27年) 1,943人 [9]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 425世帯 [5]
2000年(平成12年) 538世帯 [6]
2005年(平成17年) 634世帯 [7]
2010年(平成22年) 920世帯 [8]
2015年(平成27年) 1,055世帯 [9]

施設編集

交通編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

  1. ^ 大阪府大阪市中央区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 東平の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集