メインメニューを開く

上汐(うえしお)は、大阪府大阪市中央区及び天王寺区町名。現行行政地名は上汐一丁目から上汐六丁目。上汐一丁目及び上汐二丁目が中央区、上汐三丁目から上汐六丁目が天王寺区に属する。

上汐
天王寺郵便局
上汐の位置(大阪市内)
上汐
上汐
上汐の位置
上汐の位置(大阪府内)
上汐
上汐
上汐の位置
北緯34度40分9.32秒 東経135度31分4.01秒 / 北緯34.6692556度 東経135.5177806度 / 34.6692556; 135.5177806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
中央区
天王寺区
面積
 • 合計 0.192002269km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[3]
 • 合計 5,501人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
542-0064(中央区)[4]
543-0002(天王寺区)[5]
市外局番 06(大阪MA[6]
ナンバープレート なにわ

地理編集

大阪市中央区の南部、天王寺区の北西部に位置する。

東西を横切る千日前通を境に、北側の上汐一丁目から二丁目が中央区、南側の三丁目から六丁目が天王寺区に属する。北は中央区上本町西、東は中央区東平・天王寺区上本町、東は中央区谷町八丁目及び九丁目・天王寺区生玉前町、南は天王寺区四天王寺にそれぞれ接する。

歴史編集

菅原道真大宰府左遷の際に当地で「汐待」をした故事にかけて「汐町」と称し、船場の塩町(現在の中央区南船場)との混同を避けるため上町の「上」を冠している。

もとは東成郡北平野町村・南平野町村の各一部で、両村を上汐町筋と野堂町筋の2本の道路が縦断していた。現在も中央区側では上汐町筋沿いが上汐1 - 2丁目、野堂町筋沿いが東平1 - 2丁目となっているが、天王寺区側は野堂町筋が上汐3 - 6丁目と上本町6 - 9丁目の境界線となっている。

沿革編集

  • 1889年4月1日 町村制の施行により、東成郡東高津村・北平野町村・南平野町村が合併して東平野町が発足。
  • 1897年4月1日 東平野町が大阪市へ編入され、東区に所属。
  • 1900年 東平野大字北平野・南平野に東平野町1 - 10丁目の町名が成立。
  • 1926年 東平野町1 - 10丁目の西側(上汐町筋沿い)を上汐町1 - 6丁目に改称。同時に東平野町の残余(東側)も1 -6丁目に再編。
  • 1943年4月1日 上汐町・東平野町の各3丁目の千日前通以北が南区へ、同以南が天王寺区へ転属。
  • 1981年 天王寺区側が上汐3 - 6丁目の現行町名に改称。
  • 1982年 南区側が上汐1 - 2丁目・東平1 -2丁目の現行町名に改称。
  • 1989年 東区と南区の合区により、上汐1 - 2丁目・東平1 -2丁目が中央区へ転属。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

丁目 世帯数 人口
中央区 上汐一丁目 507世帯 891人
上汐二丁目 554世帯 838人
中央区 計 1,061世帯 1,729人
天王寺区 上汐三丁目 844世帯 1,425人
上汐四丁目 410世帯 772人
上汐五丁目 529世帯 1,084人
上汐六丁目 246世帯 491人
天王寺区 計 2,029世帯 3,772人
3,090世帯 5,501人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

中央区
1995年(平成7年) 928人 [7]
2000年(平成12年) 1,003人 [8]
2005年(平成17年) 1,069人 [9]
2010年(平成22年) 1,033人 [10]
2015年(平成27年) 1,362人 [11]
天王寺区
1995年(平成7年) 1,825人 [7]
2000年(平成12年) 1,792人 [8]
2005年(平成17年) 2,355人 [9]
2010年(平成22年) 3,229人 [10]
2015年(平成27年) 3,581人 [11]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

中央区
1995年(平成7年) 450世帯 [7]
2000年(平成12年) 540世帯 [8]
2005年(平成17年) 650世帯 [9]
2010年(平成22年) 618世帯 [10]
2015年(平成27年) 860世帯 [11]
天王寺区
1995年(平成7年) 836世帯 [7]
2000年(平成12年) 902世帯 [8]
2005年(平成17年) 1,265世帯 [9]
2010年(平成22年) 1,726世帯 [10]
2015年(平成27年) 1,877世帯 [11]

施設編集

交通編集

出身者編集

その他編集

日本郵便編集

  • 集配担当する郵便局と郵便番号は以下の通りである[12]
町丁 郵便番号 郵便局
中央区 上汐一丁目〜二丁目 542-0064[4] 大阪南郵便局
天王寺区 上汐三丁目〜六丁目 543-0002[5] 天王寺郵便局

脚注編集

  1. ^ 大阪府大阪市中央区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ 大阪府大阪市天王寺区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ a b 中央区上汐の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  5. ^ a b 天王寺区上汐の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  6. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  7. ^ a b c d 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b c d 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b c d 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b c d 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ a b c d 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク編集